読書について

2011年03月11日

幸せの定義 と ビジネス

この3〜5日間くらい、
自分のビジネスの方向性について考えてきました。

自分は何の為にビジネスをするのか?

という事を考えていました。


精神的な幸せは、もう手に入れてますし、

何かネガティブなものと出会ったときの
対処法も心得ていますから、

精神的な幸せの追求と言う意味では、
一段落という感じです。


で、次は豊かさだなと思って、
みんなに豊かになって欲しいと思っていたのですが、

なぜ、みんなに豊かになって欲しいのか?

という所が自分の中で明確になっておらず、
腑に落ちてなかったので、

なんとなくモヤモヤしていたのだと思います。


幸せになる方法って二種類あるんです。


「足を知る」という、仏教的な思想。

もうひとつは、

「欲しいモノを手に入れる、やりたい事をやる」という、

西洋の成功哲学的思想。


それで、やりたい事をやってる人が本当に幸せなんですよ。


プロのスポーツ選手って苦しい練習してますけど、
苦しい練習もやりたいからやってるわけですよね。

その人にとっては、
苦しい練習をしないことの方が不幸な訳です。


ですから、苦しいから不幸じゃないんですよ。


自分が自分のやってる事に納得できてるか?

って事ですよね。


それで、私の今の幸せのウェイトって、
ほとんど前者の「足を知る」なんですね。

でも、よくよく考えて見ると

やりたい事を完全にやっているかというと、
そうでもないんです。


そこで、

私は、みんなにお金を稼がしたいわけじゃないんだ!

という事に気づきました。


お金って豊かさの本質的なものじゃないんですよね。


やっぱり、バシャールの言う通り、
豊かさとは「やりたい事ができる」って事なんですよ。



私が何の為にビジネスをするのかって、


みんなのやりたい事を応援する為なんだ。

やりたい事をやれる自分になってもらう事なんだ。


ってそういう結論に行き着いたわけです。


フォーカスするべきは、

お金じゃなくて、
「やりたい事ができる」って事だったんです。


お金を儲けようと思うと、
全然ビジネスに対するモチベーションが沸かないんですよね。


ただ、お金を儲ける為じゃなくて、
みんなのやりたい事を応援した対価がお金というだけです。



みんなのやりたい事を応援するから、
自分もやりたい事ができるわけですね。



みんなの豊かさに貢献するって、

お金じゃなくて、
「やりたい事ができる人になってもらう」

という事なんですね。


やりたい事にお金が不要なら、それでもいいんです。


ただ、やりたい事をやろうとすると、
考え方、知識、ノウハウ、知恵、情報、アイデア…、

いろんなモノが必要なのですが、


まず始めに、必ずメンタルブロックが邪魔をしてきます。

それを外すのが私の役割です。


メンタルブロックが外れている人に対しても、
コンサルティングというカタチで、

みんなのやりたい事を応援するアイデアを出したりしています。


もちろん、自分の専門分野以外の事は、
違う人に聞いてくれた方が良いのですが…。


私は、精神に関してのプロですからね。


でも、ほとんどのブロックは精神から起こっていますから、

大抵の問題解決のお手伝いはできると思います。



それが、自分の次の使命ですね。


何かをスタートさせるとき、
一番大切なのは、自分は何の為にやるのか?

それが自分の中で腑に落ちているかどうかが大切です。


それが定まって、自分のお客さんは誰なのか?

という事も明確になりました。



自分のお客さんは、

「やりたい事がやりたい人」


その為に、

「心理・経済・健康」のメカニズムや本質を掴みたい人


という事ですね。


自分のお客さんが明確にならないと、

その人に自分のメッセージが届かないですから。


もちろん、ストレスを下げるための心理学も
広めていきたいと思いますが、

それを卒業した人は、
「やりたい事」を追求して欲しいと思います。



人間の幸せの要素って、

「心、経済、健康」のベースに加え、


それを卒業した人は、

「やりたい事(生きがい)、人間関係」の2つを加えた、

合計5つなのかなって思います。


さて、いまからどういうアプローチで、

みんなの精神的な幸せと、
真の豊かさ「やりたい事ができる」

という事を応援していくのか考えます。


わくわくですね(笑)



mixiチェック

haxe501 at 13:57|Permalinkclip!

2009年10月08日

mixi ソーシャルライブラリー

mixiでソーシャルライブラリーという機能を発見しました。

本を登録して自分の本棚を作って公開するというものです。


今ざっと登録してみたら、約250冊になりました。

今はもう売ってしまった本と、マイナー本、ハズレ本、
健康に関する本は載せてないので、

今まで買って読んだ本の数は、
だいたい400〜500冊くらいになると思います。

別に読む量が多いから偉いとは思いませんけどね。


自己投資は何よりも質が大切です。


私の本の読み方は、

この人の考え方は自分の役に立つと思ったら、

徹底的にその人の本を買い集めて、
考え方をそっくり吸収する読み方です。

本を買う時の参考にしてみてください。


http://mixi.jp/run_appli.pl?id=4016&owner_id=990648


しかし、
本田健さんと、斎藤一人さん関連は本当に良い本が多いですね。



mixiチェック

haxe501 at 00:00|Permalinkclip!

2009年06月07日

喜多川 泰

最近、喜多川 泰さんの本にハマっています。

本当に素晴らしい本を書かれる方です。


物事の本質を上手く伝えるのに、
たとえ話が非常に独創的でありながら、
とてもわかりやすくて、

おそらく、喜多川さんにしか出来ない表現方法ですね。

久々に興奮する本に出会いました。

また新たな視点を手に入れることができて、
非常に嬉しいです。


やりたい事がみつからない。

と言う人は、ぜひ喜多川さんの本を読んでみてください。

ライフワーク発見のヒントが満載です。



mixiチェック

haxe501 at 23:21|Permalinkclip!

2009年06月03日

手紙屋

ある人に教えてもらった、
喜多川 泰 さんの「手紙屋」と言う本が
とても素晴らしかったです。

まず、惹き付けられたのが、
オリジナリティーあふれる、独創的な表現ですね。

単なる精神論や、考え方にとどまらず、
具体的な行動も示しているというところが良いし、

夢が大きいほど、壁も大きい。という、
当たり前と言えば当たり前ですが、

夢ばっかり見てる、妄想、現実逃避タイプの人に向けて、
現実は甘くないというアドバイスをされている点も良いし、
その表現方法も独特でありながらわかりやすいです。

この本で、ライフワークについて、
より深く知ることが出来たように思います。


そして、学習したことを自分で書いてまとめる
と言う作業が重要であると書いてありました。


私にとっては、このブログがそうですね。

やはり、インプットも大事ですが、
アウトプットも更に重要なのです。

その2つができて、初めて自分のチカラになります。

インプットばっかりしてると、
パンクして入り切らなくなるんですね。

そして、アウトプットすると言う作業は、
自分の意見を立てることです。

そこには、思考が必要になります。

そのアウトプットするときの思考こそ、
自分自身の成長させるのです。


脳で処理する情報は、アウトプットして初めて完結します。



mixiチェック

haxe501 at 00:25|Permalinkclip!

2009年01月26日

星の商人

最近、ハマっている犬飼ターボさんの著書、
「星の商人」と言う本があまりにも素晴らしかったので、
また紹介させて頂きます。

初版が2005年なので、「今更?」感は否めませんが(笑)


21世紀型の資本主義の在り方が書いてある本だと思います。

ある若い商人が、まず自分が商売で成功し、
才能をある人間を育て、投資し、
ビジネスオーナー、投資家へと自分も成長していく姿が
描かれています。


ロバート・キヨサキのキャッシュフローモデル
従業員 → 自営業 → ビジネスオーナー → 投資家

を小説を通してわかりやすく理解できる様になっています。
しかも短めの本なのですごく読みやすいです。

競争の経済から、共存の経済へシフトする今の時代に、
すごくマッチしている本だと思います。


犬飼ターボさんの
「人の成功を助けて自分が成功する」

という考え方がよく理解できる本です。

ぜひ読んでみて下さい。




mixiチェック

haxe501 at 16:11|Permalinkclip!

2009年01月13日

CHANCE & DREAM

また、とても素晴らしい本に出会ってしまいました。

その名も「CHANCE」と「DREAM」
両方とも、犬飼ターボさんの著書です。

これ程の良書とまだであっていなかった事に、
少し悔しさもありますね。

しかし、今のタイミングで読む事が、
自分にとって、最も良いタイミングだったのかもしれません。


本田健さんの「ユダヤ人大富豪の教え」や、
神田昌典さんの「成功者の告白」の様な、

主人公がメンターからいろいろ教わりながら
成長していくという、物語形式のビジネス書です。


非常に勉強になったのは言うまでもないですが、
私の「幸せになる本」に通じる部分も多く、

自分が感動した本や、興奮した本に、
自分が書いた本と同じ内容の文章があったりすると、
非常に嬉しいですね。


価値的には10万〜20万円分の価値がある本だと思います。

私も将来的には、このような素晴らしい本を出版したいです。


この2冊を読んで感じた事は、
自分が死んでも社会に貢献し続ける"本"や"システム"を
作りたいなと純粋に思った事です。


人間の、目先の快楽を満たす商売も多いですが、

目先の幸せでなく、
人間の本質的かつ長期的な幸せにつながる仕事を
していきたいと思いました。


「幸せになる本」を書いて、
"自分が幸せになる方法を見つける"と言う私の目標は達成されました。

次は、他の人の幸せに貢献する為に、
本の執筆、カウンセリング&コーチング、講演、
才能ある人をビジネスにスカウトするなど、
積極的に仕事をしていきたいと思います。



mixiチェック

haxe501 at 00:17|Permalinkclip!

2007年11月28日

ザ・シークレット

最近私がイチオシする本があります。

「ザ・シークレット」と言う本で、
自己啓発書にはよく書かれている、
思考は現実化すると言う部分に特化した本です。

多くの自己啓発本は、
思考は現実かすると言う部分をさらっとだけ
説明する事が多いと思いますが、

実は、潜在意識の使い方が一番大切な部分だと思うのです。

これを読んで、潜在意識の使い方をマスターすれば、
すごいことになります。

潜在意識を意図的に使えば、
意志や努力を必要とせず行動が変わります。
行動が変われば、自ずと結果も変わります。

この世界を創っているのは自分だと言うことに気付きます。

自分は自分が生きている世界の創造者なのです。

自分の世界に不満を持っているなら、
これからもずっと不満を抱き続けます。

今の自分は既に満たされている。
そう思えるようになれば、良いことばかり起こるのです。

それは、自分の無意識が行動を支配して、
そのような現実を創るからです。

不思議なことに、環境も動き出します。

あなたが、今苦しんでいるとしたら、
あなたがその世界を創り出しているのです。

幸福な人は、自ら幸福な世界を創り出しています。

「ザ・シークレット」は一読あれ。




mixiチェック

haxe501 at 00:53|Permalinkclip!

2006年12月31日

師匠を見つける

私がオススメする本というのは、
ズバリ斎藤一人さんと、そのお弟子さんの本です。
もう全巻揃う勢いです。

私は、本を選ぶ時は著者で選びます。

そして、その人の考え方をできるだけ吸収し、
自分の脳にコピーするのです。

本に書いてある事を吸収するのではなく、
著者の考え方を吸収するのです。

ですから、良い本を探すと言うより、
良い師匠を見つけ、その人の本を読む
という表現の方が近いと思います。

私は、ほぼ斎藤一人さんのおかげで悟りを開けました。

でも悟りってスタート地点ですから、
やっと歩く方向が決まったって感じです。

で、これからは師匠達が勧める本を読んでいこうと思っています。
まだまだ道のりは遠そうですね(笑)


私のオススメ本は、

斎藤一人
「地球が天国になる話」他多数

本田健
「ユダヤ人大富豪の教え」

佐藤富雄
「よく「遊ぶ人」ほど成功できる」

デール・カーネギー
「道は開ける」

エジソン(伝記)
マザー・テレサ(伝記)

他にも、安田佳生、加藤諦三、司馬遼太郎
にも影響を受けています。



mixiチェック

haxe501 at 08:16|Permalinkclip!

2006年12月29日

キッカケを生かすか殺すか

私はあまりテレビを見ませんが、
テレビを見ていつも思うのは不幸な人が
いかに多いかという事です。

不幸から抜け出すには、
本とで会うか、人と出会うか、人生から学ぶか。
どれかだと思います。

多くの人は素晴らしい本や素晴らしい人と出会うことなく生きています。
それはある意味仕方がないと思います。

しかし、本と出会っても、
それを活かせない人が多いのも事実です。

私は多くの人に読書を勧めてきました。
しかし、興味がない。途中まで読んだ。一回だけ読んだ。
そんな人が非常に多く残念です。

そういう人は、本の最高に素晴らしい価値がわからないのです。

例えば、私は人から借りた本が良い本だと思ったら
即自分で買いに行きます。
そして、ずっと手元に置いておきます。

本は自分のお金で買い、何回も読み直さないと
真の効果は期待できません。

本を真剣に読まない人は、
宝の山を目の前にしても、宝の価値がわからず、
見逃している人と同じです。

1500円で幸せが手にはいるとしたら、
高いですか?


mixiチェック

haxe501 at 00:46|Permalinkclip!

2006年12月05日

本の内容が理解できない時

私は3年ほど前から読書にハマり、
様々な本を読んできました。

すると、本に書いてある事と自分の考えが違う時があるのです。
本が間違っているのか、自分が間違っているのか…。

そう言う時は、大抵自分の考えが浅いだけなんですけどね(笑)

しばらく時間が立ってみると、
こういう事が言いたかったのか!と気付く時があります。

例えば、
セルフイメージを高めろ!
と言う考え方がある一方、

プライドを捨てて、自分が凡人だと気付け!
という考え方もあります。

一見矛盾した考え方で、
私も不思議に思いました。

でも、私はこの2種類の考え方の違いに気付き、
自尊心と見栄という言葉で解決する事ができたのです。

セルフイメージは自尊心。
プライドとは見栄の事だったのです。

本や、エライ人が言っている事が、
自分の考えと違っていたら、
まず自分の考えや理解力を疑った方がいいと思います。

傲慢さは捨てて、謙虚に考えたいですね。


mixiチェック

haxe501 at 00:39|Permalinkclip!