お金について

2011年03月05日

非営利 と 儲ける事

このところ、自分の内面の変化が激しくて、
また大きく自分の価値観、行動、人付き合いが変わりそうです。

「変化し続ける」のが私なので、
私とお付き合い頂いている方はご了承お願いします(笑)


何が変わったかというと、
今は「お金と仕事」にエネルギーを集中してるんですね。

「お金と仕事の本質」は理解できたので、
これからは実践して、経験をたくさん積みたいと思っています。


それで、世の中には、

「非営利の会社」と
「営利目的、利益追求の会社」がありますよね。

で、その2つを比べていて、いろいろ気づく事がありました。


もちろん、どちらの会社もピンキリです。


ですから、どちらが良いかと言う話ではなく、

儲ける活動と、非営利の活動のあるべき姿が
理解できたと言うか、区別ができてきたかな、と言う感じです。


非営利団体が必ず善かというと、
全然そんな事ないですね。


スポンサーの出資金や国からの助成金に甘えて、
なんとなく良いことしてますよって感じの団体もあれば、

田中優さんのように、
革新的なアイデアを出され、キチッと経済を回して、
オールウィンのシステムを作られている方もいます。


非営利にしろ、営利目的にしろ、

経済を度外視したプロジェクトやシステムは
必ず上手く行きませんね。

どんな活動をするにしろ、
「お金を無視することはできない」という事です。


要するに、非営利な活動と言っても、
素晴らしい人は儲ける事を考えているわけですよね(笑)


つまり、非営利団体にするというのは手段であって、
目的では無いという事です。


ある目的を達成するために、

非営利団体でなければならないから
非営利団体にするのであって、

ボランティア活動するのにもお金は必要な訳ですから、
結局は「誰かが儲けなきゃいけない」って事ですよね。


という事で、「何にしても儲けなきゃいけない」んですよね。


それで、「時は金なり」ですから、

プライベートとか遊びは別ですけど、
何か生産的な活動を行おうと思うのであれば、

誰しもが「儲からない事」よりも、
「儲ける事」に時間を割いた方がいいわけです。


「儲からない事=非生産的」なんですよね。


もちろん、環境問題に取り組むというのは、

一時的には儲からないように見えて、
長期的には非常に生産的な行為ですから、すごく大事なんです。


ただ、短期的にはやはり儲かりにくいわけですから、

何とかして儲かる方法を考えたり、
誰か儲けた人間が出資するって事とかが必要なんですね。


短期的な利益を追求すると、長期的な利益を失います。

それで、今地球環境が悪化しているわけですが、

逆に、長期的な利益ばかり追求しても、
短期的には利益がもたらされないわけですね。


バランスが大事です。


自己投資にしても、

中長期的に見れば多大な利益がもたらされますが、
短期的に見ればお金が出ていく訳ですよね。


ですから、短期的な利益を上げつつ、
長期的な利益に投資していく。

これが、あるべき姿なのだと思います。



そして、自分のセルフイメージが上がる事に、

非生産的な事よりも、
生産的な事に時間とエネルギーを注ぎたくなります。


最近私は、今行っている活動が、

「どれくらい生産的なのだろうか?」と、
いつも考えています。


今まで、長期的な利益ばかり追い求め、
短期的な利益をおろそかにしていました。

そうなってくると、

長期的な利益(例えば自己投資)に投資ができないので、
結局効率が悪くなってしまうんですよね。


お金持ちが一番何にお金を使うかって、
やっぱり勉強代、つまり自己投資です。

だから、もっともっとお金持ちになっていくんです。


長期的な利益に潤沢な投資を行いたければ、
短期的な利益を上げる必要がある、

つまり、儲けなきゃいけないって事です。


地球環境を守ろうとか、自殺者を減らそうとか、
教育を変えていこうとか、


そういう社会を良くしようとするのであれば、

何よりも先ず、儲けなきゃいけないのです。


松下幸之助さんが部下のアイデアに、
「それは儲かりまっか?」

と聞いていたのは有名なエピソードですが、

その真意というか、意図がやっと理解できましたね。


たくさんのお客さんに喜ばれながらたくさん儲けて、

儲けたお金を長期的な利益であったり、
さらにお客さんに喜ばれるために投資していく…。


それがあるべき経済活動の様な気がします。


短期的にも長期的にも利益が上がらない行為。

即ち、儲からない行為というのは、
非常に非生産的で、ただの自己満足です。


ただの趣味なら構わないと思うのですが、

世の中よくしたいとか、
周りにポジティブな影響を与えたいとか、

そういう高尚な目的があるのであれば、

「儲ける」と言うことは必須の活動であり、
「儲けること」に執着し、こだわらなければならない、

と言えるのではないでしょうか。


もちろん、人には得意分野がありますから、

儲ける専門の人と、
出資されたお金で社会問題に取り組む専門の人と、

役割分担してもいいと思いますが、

「儲けること」と「社会に貢献すること」は、
切っても切れない関係にあると言うことですね。


という事で、

私はこれから儲からないプロジェクトには
時間やエネルギーを割きません(笑)


儲からない事をしている時間があれば、

儲ける事に時間を使った方が、
より効率的で生産的で、より多くのひとたちに貢献する事ができます。


最近忙しくなってきて、
本当に「時は金なり」だなって実感してきました。


本当に、非生産的な活動に時間を割くのがもったいないのです。

とにかく時間とエネルギーがもったいないんです。


自分の時間やエネルギーが取られないのであれば、
自分が何か役に立てる事はできるだけしたいと思いますけど。

例えば、人や情報を紹介するとかね。 

これは自分の時間が取られませんから。


でも、自分の時間が取られること、
思考力が必要なこと、集中力が必要なことに関しては、

自分の限られた資源ですから、有効に活用します。



最近の「私の時間」は即ちお金と同じです。

投資するに値する「活動」に時間を投資したいと思います。


それは、金の亡者になるって事じゃなくて、

自分の限られた時間を、より生産的な活動に費やし、
多くの人の役に立ちたいという事です。


ですから、たくさん人を集めてくれるのであれば、

また依頼があれば、
ボランティアでセミナーとかしてもいいんですけど。


パブリックな存在として活動する以上、
効率的か? 生産的か? が自分にとって大事なのです。


趣味とか友達づきあいとかは別にいいんですけど、

プライベートな自分としてなのか、
パブリックな自分としてなのか、
自分の活動が「仕事」なのか「趣味」なのか、

をキチンと区別し、メリハリをつけたいと思います。


短期、中期、長期的に儲ける為に、

自分の持つ限られた資源(時間、集中力、思考力)に対する
「生産性」と「効率」を高めていく。

それが、これからの「パブリックな自分」のテーマになりそうです。



mixiチェック

haxe501 at 15:50|Permalinkclip!

2010年12月16日

お布施 と お金の使い方

先日、ヨガで「お布施」について学んできました。

布施は、

・財施(お金やモノを捧げる)
・安心施(恐怖を取り除き、人を安心させる)
・法施(幸せになる為の教えを説く)

に分かれます。

自分は特に「安心施」と「法施」をやってきた、
という事になるみたいです(笑)

でも、私も今後さらにパワーアップしますよ(笑)


「安心施」については、

解脱すると、その人がそばにいるだけで、周りの人たちの
意識レベル(精神性)を引き上げることが出来るらしいです。

つまり、「歩くパワースポット」になっちゃう、という事です(笑)


「法施」についても、

今までの私の心理学と、仏教の教えを融合させて、
さらにクオリティの高いモノに昇華させていくつもりです。


それで、お布施は何の為にするのか? という事なのですが、

お布施をすると、
エネルギー交換、カルマ交換が起こる、という事らしいのです。


つまり、お布施をした相手から、
「その人のエネルギーを受け取れる」という事なのです。


昔、お釈迦様に、
供物(捧げ物)を持って、たくさんの人が集まったらしいですが、

それは、供物を捧げる事によって、
「お釈迦様のエネルギーを受け取れるから」という事なのです。


お釈迦様自身は、悟って解脱していますから、
本来であれば、供物なんていらないわけですよ(笑)


でも、供物を捧げる人は、

「お釈迦様のエネルギーを受け取るために、捧げ物をする」
という事なのです。


という事で、何かモノを買うというのは、

単に、「その商品やサービスを手に入れる」というだけでなく、
相手からエネルギーを受け取るという意味もあるのです。


それを聞いた瞬間…、
思い当たるフシがいっぱいあるんですよ(笑)


やっぱり仕事で成功する人と言うのは、
それなりに自己投資の「金額」が多いんですよ。

それだけ、自分の「資源」を投入しているわけですからね。


何らかの教材をコピーしたり、
ダビングしたりして手に入れている人って、

結局はその目に見えないエネルギーを受け取れていないわけです。


それに、「貪(むさぼ)りのカルマ」を積んでいるので、

自己投資の教材をダビングしまくって手に入れている人というのは、

そこから、どれだけの知識を得ようとも、
結局「貧乏から抜け出せない」という風になるわけです。

エネルギー的には大借金を積んでいるわけですから(笑)


自己投資だけでなくて、音楽CDとかも全部ですよ。

ホント、宇宙は確実に完璧にバランスを取りますね(笑)


ですから、

お金持ちになりたかったら、
本当にお金を持っている人の商品・サービスを買う。

幸せになりたかったら、
本当に幸せな人生を送っている人の商品・サービスを買う。

悟り・解脱を得たかったら、
悟り・解脱をしている人にお布施をする。

という事なのです。


現代的に言うと、

商品・サービスの内容も大事だけど、
「お金を払う相手もすごく重要だ」という事になってきます。

「プレゼントをする相手」も同じです。


何かを支払う、プレゼントする、という事は、
「目に見えないエネルギー交換も同時に起こる」という事です。


大したことのない人にお金を払えば、
その人エネルギーが、

素晴らしい人にお金を払えば、
その人のエネルギーが得られるという事です。


できるだけ、「自分の目指している人」
「自分が得たいエネルギーを持っている人」に、

対価を支払う、喜んでもらう、感謝をする、プレゼントをする…、

そういう事が大事みたいですね。


それに、私もいろんな人を見ていますが、
やはり対価を積極的に支払おうとする人は、とても成長が早いのです。

同じ事を教えても、対価を支払っているか、支払っていないかで、
全然成長率が違うんです。


私もなぜこれだけ成長スピードが速いかというと、
対価を払っているからだと思います。

本は全て新品で買いますし、
斎藤一人さんや本田健さんの関連の本はほとんど持っています。

ですから、メンターのエネルギーをたくさん受け取れるのです。


最近は、ヨガに通っていますけど、
私のヨガの先生の先生は本当にとんでもない人で、

究極の「悟り・解脱」をしている人にお布施をするわけですから、
ものすごい精神が成長するわけですね。

本当に最近の精神の成長具合はハンパ無いです(笑)



やはり、「カルマの法則」は絶対です。

仏教的に言うと、
貧乏な人は、「貪(むさぼり)りのカルマ」を背負っているという事です。

それは自分が積んだのかもしれないし、
ご先祖や家族の分を背負っているのかも知れません。


貪(むさぼり)りとは、強欲の事です。

持っているモノを捨てられない、独占、支配しようという執着、
必要以上に手に入れようとする心、
人を押しのけてでも何かを手に入れようとする心です。


貪(むさぼり)りのカルマを解消するには、
貪りとは逆、「小欲知足」「倹約」と「惜しみなく与える事」です。


あんまり必要以上の「倹約・節約」というのも過ぎると続かないので、

やはり、一番は「惜しみなく与える事」ですね。


マザー・テレサも「清貧」と言っていますけど、
たくさん与えて、その分たくさん寄付を受け取っているのです。


与えた分、受け取る。

徳を積んだ分、受け取れるのです。


「お金の使い方」「惜しみなく与える事」

大切です。



mixiチェック

haxe501 at 01:27|Permalinkclip!

2010年11月17日

お金、商売、仕事中毒、バランス、家族?

神田昌典さんの本に、商売人に一番大切なのは、
「日本が焼け野原になっても、明日から稼げる能力」

と書いてありました。

私は何でも本質を追究するのが大好きな、
本質マニアなんですが、

商売の本質もめちゃくちゃシンプルなんですよね。


コツを押さえて、

現在の社会の経済状況を知って、

自分の能力が活かせるスキルを身に付ければ、
いくらでも自分が欲しい分だけのお金を稼ぐ事は可能です。


メールセミナーにお申し込み頂いている方は、
楽しみにしていて下さいね(笑)


私は2〜3年のウチに年商一億円を目指しています。

利益率は、70〜80%ぐらいが良いですね。


私のビジネスのメンターが

グループ企業の合計年商が50〜100億円、
年収で1億〜数億円ぐらいなので、

私も最終的にはそれぐらいを目指したいと思います。



でも、大切なのは偏り過ぎない事です。

仕事がうまくいき出すと、非常に楽しいですから、
仕事中毒になってしまう人が多いのもうなずけます。

でも、仕事中毒になると、バランスを崩してしまいます。


本田健さんも、仕事中毒で離婚していますし、

野口嘉則さんの「3つの真実」という本では、
主人公の社長のお嫁さんがうつ病の設定です。

犬飼ターボさんの「ドリーム」という本では、
投資のメンターの奥さんが不治の病という設定だったり、

神田昌典さんの「成功者の告白」という本でも、
主人公の仕事中毒で子供の病気や家庭崩壊の危機が訪れます。

私の知り合いでも、奥さんが亡くなっている人がいます。


ここまで書籍に書かれたり、現実に起こるという事ですから、

絶対にバランスが偏ると、
それを引き戻そうとするチカラが働く、と言う事だと思います。


本の良いところは、他人の失敗から学んべば、
自分が同じ轍(てつ)を踏まなくても良いところですね。


私はバランス感覚にはある程度の自信がありますし、
仕事より家族の方が大事だと思っています。

ですから、あんまり心配はしていませんけど。


でも、何でバランスを取ればよいのかが、
まだ今ひとつわかっていません。

ビル・ゲイツは、お金は稼ぐ事より使う事の方が難しいと言います。


自分の収入が増えれば、税金を払い、寄付をして、
自己投資して、資産を世界に分散させて、
キャッシュフローが生まれるシステムを構築して、
自分の好きなライフスタイルを追求して…、

そういう事をやり尽くした後に余ったお金で何をすれば良いのでしょう?


世界平和はもちろんやります。

それも楽しいですけど、
社会的な事ですからある意味仕事のウチです。


そうじゃなくて、
全く利害関係の存在し無い、何かが必要なんだと思います。


家族もそうですよね。

私は家族が好きなんですけど、家族には利害関係ありませんから。

何で高い教育費、養育費を払って子どもを育てるの? って、


育てる喜びとか、深い繋がり、無条件の愛を与え合うとか、
そんなのが幸せなんですよね。


そういう事でバランスを取る必要があるのだと思います。

でも、家族とお客さんと友達の境目ってどこにあるんでしょう?

私にはそれがまだ良くわかっていません。


お客さんや友達に対して、
家族のように接するのも違うと思います。

バシャールの住む星、エササニでは、
全員が家族みたいになっているみたいですけど(笑)

でも、それってお金が無い世界だからできるんですよね。


お金を受け取る事と受け取らない事の境目ってどこでしょう?

境目、けじめ、不公平…。

まだまだわかんない事だらけです(笑)


お金に余裕ができたら、世界中に孤児院でも創ろうかな?

デスノートに出てくるような孤児院を創って、
世界を動かす人材を育てます(笑)


良い事も悪い事も共有できて、
無条件に愛し合える家族がたくさん欲しいです。


もし結婚できなかったら、

親のいない子どもをたくさん引き取って、
大家族をつくりたいと思います(笑)



mixiチェック

haxe501 at 15:56|Permalinkclip!

2010年10月23日

情報遮断能力

またまたお金の話です(笑)

健康の話もたくさんしたいのですが…(笑)


私は、自分の幸せの為に、
ネガティブな情報を極力脳に入れないように気をつけています。

これは、とあるコピーライターの方が言っていたのですが、

何らかの情報を脳に入れると、

潜在意識は良いも悪いも区別できないから、
必ず何らかの影響を与える。

だから、
一切ネガティブな情報を脳に入れないようにしているのだとか…。

その方はアメリカ人の超お金持ちですが、
アメリカ大統領の名前も知らないらしいです(笑)


私も、批判的な情報が含まれる、

インターネットの掲示板や、
政治や事件のニュースは一切見ていません。

人が人を傷つけるような情報、画像、映像も見ないようにしています。

事件のニュースばかり見ていると、人間不信になりますよ(笑)


別に、事件のニュースは絶対に見ない方が良い

と言っているわけではありませんが、

自分の人生の目的に応じて、
脳に入れる情報を取捨選択する必要があるのです。


食べ物も同じですよね。

添加物をどれくらい食品に入れるかどうかの基準は、

マウスに毒性が出るまで添加物を投与して、
その何百、何千分の一の量を人間に食べさせるわけです(笑)

少なくても毒性はあるに決まっています(笑)


情報も同じで、ちょっとしたネガティブな情報でも、
必ず脳に影響を与えると言うことです。


別に、ネガティブ情報を入れるかどうかは個人の自由です。

添加物入りの食品と食べるかどうかも個人の自由です。


ただ、入れたらどうなるか? 食べたらどうなるか?

と言う事を理解した上で、取捨選択し、
自分の身体と脳に入れるモノに気を遣って欲しいですね。


それでなのですが、

この世には、

経済的に「豊かになっていく情報」と、
経済的に「貧しくなっていく情報」が存在します。


現在、この世に出回っている情報の量で言えば、
ポジティブな情報よりも、ネガティブな情報の方が多いですよね。

ポジティブな情報は、本屋さんやセミナーに行って、
お金を払わなければ手に入りませんが、

テレビのニュース(ネガティブ情報)はタダで垂れ流されています。


それと同じで、現在のこの世の中では、
貧しくなっていく情報の方が圧倒的に多いのです。

豊かになりたければ、その貧しくなる情報をまず遮断する事です。

いくらビジネスの本を読んでセミナーに通っても、
貧しくなる情報を脳に入れていたら意味がありません(笑)


そして、経済的に豊かになっていく情報を集中して
脳みそに叩き込むことが大切です。

ですが、

個人個人のメンタルブロックがそれを邪魔してくると思うので、

結局まずはお金の考え方、
メンタリティをしっかりと固めることが重要です。


ネガティブな人は、ポジティブな人が嫌いですから(笑)

それは、メンタルブロックが働いているのです。


お金のメンタルブロックがあるにもかかわらず、
豊かになる情報と触れ合っても気持ちが悪いだけですよ(笑)


お金が嫌いな人に、お金が儲かる情報を話しても、
金の亡者呼ばわりされるだけですから(笑)


どうすれば、お金のメンタルブロックが外れるかは…?

私のコンサルティングを受けてもらったら良いと思います(笑)


たぶん、一生の間で手に入るお金の量が
数千万円単位で変わってくると思いますよ(笑)

そう思ったら、
私に払うコンサルティングフィーなんて安いモンです(笑)


もうすぐ、お試し価格&短時間の

モニターコンサルティングも始めるつもりなので、
お楽しみにしていてください。


お金が入ってくるかどうかは、メンタリティが全てです。

セルフイメージが高くなければ、
お金を稼ぐためのチャンス、ノウハウは活かせないのですから。


でも、お金のメンタリティについて詳しい人、
わかりやすく説明できる人はごく少数でしょうね。


私も、いろいろ本を読み漁りましたが、
結局自分で気づいて、自力で体系化しましたから(笑)


とにかく、この情報過多時代。

自分の幸せ、人生の目的、目標を明確にし、

それにそった情報を選別して取り入れ、
それ以外の情報を極力遮断すると言う事が大事です。



mixiチェック

haxe501 at 20:03|Permalinkclip!

2010年10月22日

安売りはいけない!

またお金の話をします。

石井ゆかりさんの占いで、
天秤座は10月にお金に関する重要な決断をする

と書いてありましたが、まさしくその通りになりました(笑)


私は、今まで薄利多売が人の役に立つと思っていました。

でも、最近商売の勉強を一からやり直して見て、
今までの自分の考えの過ちに気づく事ができました。


プロの商人は薄利なんて目指すべきではない。

と言うか、そもそも薄利多売は
体力(資本)のある大企業にしか取れない戦略である。

という事です。


今までは、

自分の周りの人が幸せになればそれでいいと思っていたので、
薄利多売作戦でも良かったのですが、

最近、志が「世界」になってしまったので(笑)


目的が変わってしまったので、手段も変わらざるを得ません。


情報というのは、必ず上流から下流に流れます。

ですから、何らかの情報を流そうと思ったら、
まず金持ち、セレブなんですね。

今、一般的になっているほとんどのものが、
金持ちが先に手に入れ、それから庶民に広がるのです。


昔、テレビは金持ちの家にしかありませんでした。

チキンナゲットも、初めは金持ち向けの高級料理だったらしいです。

ダンスも貴族の娯楽でした。


つまり、お金持ちの中で流行ったモノが、
しばらくして大衆にも広がっていくのです。

ですから、私の持っている知識を広げるにも、
まずお金持ちをターゲットにする必要があります。


マクロビオティックも、
ハリウッド俳優や大企業のトップが実践していたり、


世界中のリッツ・カールトンホテルで、
マクロビオティックのメニューを食べることができます。

そのキッカケは、

リッツ・カールトンの社長、ホルスト・シュルツが末期ガンになって、
医者にも見放されたとき、

マクロビオティックによって
症状が改善したことがキッカケらしいです。


アメリカではマクロビオティックは非常に一般的で、
セレブなどの上流層ほど肉食離れが進んでいるらしいです。

日本はアメリカにとって大事な「お肉の輸出先」ですから、

食肉が売れなくなるような情報が
出回らないようになっていますけどね。


とにかく、情報は上流から流れてくるのです。


ですから、私も情報を幅広く広げるために、
まず、お金持ちの人脈が必要だという結論に行き着きました。


お金がどうのこうのではなく、

経済力を持っている人は、
比例して社会に対する影響力が強いのです。

その為には、まず自分がお金持ちにならなければなりません(笑)


それと、薄利では事業投資ができないので、
幅広く事業展開する事ができません。


それと、モノの値段、金額って何をもって高い安いというのか?

という話もあります。


例えば、本田健さんのセミナーは数万円するものもありますが、

ノウハウというのは、

その人が大量の時間と労力をかけて経験したモノを、
理解しやすい様に体系化して教えてくれるのです。

その価値を考えれば激安です。

だから、自己投資は最高の投資だと私は思うのです。


でも、数万円を直感的に高いと思ってしまうのは、
自分の毎月の収入、つまりお給料と比べているからです。

自分の給料が10倍あったら、きっと安いと思うはずです。


それはどういう事かと言うと、

多くのサラリーマンには、
「自分の労働力を高く売る」という発想が無いからです。

自分自身の経済的価値、自分の仕事の経済的価値は
「月に○○万円ぐらい」と思い込んでいるのです。


自分の仕事のスキルを高めて、
自分の労働力をもっと高く売れるんだ!

と言う状況になれば、

他人が価値あるモノを高く売るのも普通に思えます。


商売人が価値あるモノに高い値段をつけて利益を取るのも
当たり前の話だと思えます。


ここにも連動の法則が当てはまりますね(笑)


そして、みんなが自分の経済的価値を高め、
その価値の分だけ、自分のサービスを高値で売ろうとする。


このサイクルが、経済循環を起こし、
経済発展にも貢献できるのです。

お金を回す量が多ければ多いほど、景気は良くなりますから。


ですから、プロの商人の仕事は、

より価値の高い商品・サービスを開発し、
お客様にその価値を十二分に伝え、

「十分に利益が取れる値段で堂々と売る」と言う事です。


これは、サラリーマンの方にも言えることだと思います。

自分の仕事のスキルを高め、
自分の給料を高めていこうとする意志を持って欲しいです。


自分の労働力を企業に販売しているんだと。

自分のスキルが高ければ、昇給の交渉をするとか、
もっと高く買ってくれる所があったら転職するとか。

雇われでダメなら、複業(サイドビジネス)するとか。

とにかく、自分の経済価値を高めて、
収入を増やそうという意識を持てば、

価値あるモノを高いなんて思わなくなります。

そういう意識を持っていれば、世界が変わって見えてきます。


ただ、企業が悪い訳じゃないですよ(笑)


商売の世界では、先にサービスを提供しても、
相手がお金を払わないで踏み倒すなんて言うこともザラにあります。

アメリカだったらもっとひどいでしょうね(笑)


でも、毎月決まった日に必ずお金を振り込んでくれると言うのは、
とてもありがたいことです。

最近私は、お金が自分の銀行口座に振り込まれると、
手を合わせて「本氣で感謝」しています(笑)

お金払わないで逃げる人もいるって事がわかったので(笑)

あと、資産運用で増えているお金も本当にありがたいです。


私は、今まで心理を極めてきたのと
同じ集中力で、今お金を稼ごうとしていますから、

そのうちすぐお金持ちになれると思います。

具体的プランも組み上がってきました。


自分の周りの、
お金持ちになりたい、独立して商売で成功したい

と思っている人の応援もして上げたいのですが、

コレばっかりは無料で教えるわけにはいきません。


この前、お金に困っている人と話していて、
親切でお金が入ってくる考え方をタダで教えようとしたら、

「絶対に教えるな!」って直感がバリバリ働きました。


私は無料で教えても困りませんが、

教えてもらった人は、対価を支払っていないので、
必ず貧乏になってしまい、逆効果になります。


今お金に困っている状態から抜け出せない人は、
自分の行動を顧みて下さい。

払うべき対価を支払わず、
何かをタダで手に入れてきませんでしたか?

職場を去るときに会社に迷惑かけまくって、
経済的負担をかけたりとか…。


実は、私がそうでした(笑)


ただ、私は絶対に自己投資に対してケチな事はしてきませんでした。

本は必ず新品で買うし、
高額な教材もいろいろ買いましたが、中古で買ったことはありません。

そして、大金を自己成長にかけてきました。


それだけは守り抜いてきたので、たくさん成長できたのだと思います。


自分もタダで教えるから、
タダで教えてもらって当たり前と思っていると、

全員貧乏になってしまいます。


それは、そもそも自分の経済的価値を認めていないからです。

だから、他人の経済的価値も認められないのです。


今日、お金持ちの人の名言を聞いたのですが、

自分は人によくおごるけど、お金は出せば出すほど入ってくる
タダでもらう事ばかり考えている人に、お金は入ってこない

と言っていました。

ものすごい共感できます。

さすが、金持ちが言うと説得力があります(笑)


サラリーマンの人でも、会社の利益に貢献している人は、

会社のお給料以外の所からお金が入ってきたりして、
お金に恵まれるはずです。


それが、宇宙の絶対の法則です。


と言う事で、

自分に対しても、お客さんに対しても、社会に対しても、

全てを総合的に判断しても、

「安売りは絶対に良くない」
「価値の高いサービスは十分に利益が出る値段で売るべき」

と言う結論になるのです。



なので、私もお金を稼がなければならない以上、

付加価値をつけて、
自分のサービスの単価をどんどん上げていくつもりです。

そもそも、私は自分の心理体系に絶大な自信がありますし、
実績も十分にありますから(笑)

後は売り方だけです(笑)


それと同時に、自分のサービスに喜んでお金を支払ってくれる、
そんなお客さんと積極的に出会って行くつもりです。

そして、上流からバンバンと情報を流していって、
私の「幸せになる心理学」を一般に普及させたいと思います。


食事と生活習慣、生活環境を改めて、
心理と法則の事を勉強すれば、

ほとんど全ての人が幸せになれるのです。


私はこれからもどんどん成長していきます!

もし、私と一緒に経済的にも精神的にも豊かになっていって、
その輪を周りにも広げていこうという人がいらっしゃったら、

ぜひ一緒に成長していきましょう♪


いつも、読んで頂いてありがとうございます^^*



mixiチェック

haxe501 at 00:00|Permalinkclip!

2010年10月20日

お金が欲しい!

今日、また強烈にお金が欲しい理由ができたので、
さらにお金について書いていこうと思います。


この世は、与えた分だけ受け取れます。

愛を与えれば愛される
お金を与えれば豊になり
情報を与えれば情報に恵まれ
良い人を紹介すれば人脈に恵まれます

今はお金が「どうしても欲しい」ので、
お金に関する情報をみなさんにシェアしたいと思います。


始めに断っておきますが、

本氣でお金に対する考え方をレベルアップさせたければ、
このブログだけでは足りないと思います。

このブログで書くことは、無料ですし、私のエゴですし、
読んでいる方の状況に合わせているわけではありません。

私の自分勝手であり、
読んでいる方の為に書いているわけではありませんので、
そこら辺をご了承下さい。

私、正直でしょ?(笑)


後でも書きますが、この宇宙の最も基本的な法則は、
「絶対にバランスを取る」と言う事です。

プラス・マイナスの合計がゼロになる様にできているのです。

無料で受け取ったものは、絶対に後々対価を支払う事になります。


で、昨日、桜沢如一先生の書かれた
「魔法のメガネ」と言う本を読みました。

それは、この宇宙の最も基本的な法則である無双原理、

つまり、「陰陽の法則」について
子供向けにわかりやすく書かれた本です。


私が今まで勉強したり、研究して発見してきた法則は、
すべて陰陽の法則に基づいています。

与えるモノが受け取るモノ
光と闇は表裏一体
連動の法則
対価の法則
シーソーの法則

こういった宇宙の法則や、

それだけではなく、
この世の全ての物理や数学、科学の法則も、

すべて「陰陽の法則」が内包している法則です。


この宇宙は無から生まれました。

無(ゼロ)が陰(マイナス)と陽(プラス)に
分かれる事から始まったのです。

そして、その陰陽が 振動、螺旋運動、回転運動 を創り出し、
素粒子、原子、分子、物質が生まれたのです。

全ての根本は、陰陽が生み出すエネルギーなのです。

全ては陰陽から始まっているので、
全ての事は陰陽で説明がつくのです。


その本に書いてあって、一番 おお! と思ったのが、

最初は「陽」が勝つが、最後には「陰」が勝つ。

と言う一文です。

陽というと、例えるなら短距離ランナーです。
陰というと、例えるなら長距離ランナーです。

短距離ランナーと長距離ランナーを一緒に走らせると、

初めは当然短距離ランナーが圧倒的な差をつけますが、

時間がたてばたつほど、差が縮まり、
そのうち長距離ランナーが追い抜いていきます。

結局、常に負け続けている人間が、人生のトータルで勝つのです。


いろんな人を見ていても、

若いウチに現実で結果を出してしまう人というのは、
まさしく「陽性」の人です。 いわゆる早熟タイプですね。

ですが、人生は長期戦です。

若いウチに結果が出なくても、
コツコツ積み上げている人は、やがて早熟の人を追い抜きます。

これが「陰性」、つまり「大器晩成」タイプです。


恋愛においても、初めは陽性の方に振り回されますが、
そのうち陰性の方が揺るがない地位を築いていくのです(笑)


この宇宙は、陰極と陽極に分かれる事、
つまり、分離することで生まれた…。

と言う事は、宇宙はネガティブな現象から生まれたんですよね。

だからこそ、またひとつに戻りたくて、
陰と陽が求め合い、ひとつになる過程が楽しいのです。

私は、それが「愛の本質」だと思うんですけどね。


スピリチュアル的に言うと、
この地球に生まれると言う事は、

まず自分をネガティブにしていって、
波動を下げて生まれてくると言う事らしいです。

自分がネガティブであればあるほど、
学べることも多くなりますからね。


無から振動、つまりエネルギー、光が生まれた。

と言う事は、
ポジティブはネガティブから生まれるのです。


向上心というのも、現状に対する不満から生まれます。

親切というのも、ネガティブな現象が無ければあり得ません。


ポジティブなモノを生み出すには、
その手前に必ずネガティブが必要なのです。

何故ならば、この世はト−タルが同じだからです。


宇宙は無限ですが、

無限がプラス・マイナスに分かれたとしても、
合計すれば同じ量です(笑)


全てのエネルギーの合計は同じになるからこそ、
与えたモノを受け取るのです。


そして、人が不幸になるのは、
バランスを崩し、過度に偏っているからです。

それが、貧乏や病気、人間関係の悩みになって現れます。

まぁ、不幸を知るからこそ幸せを知れるので、
別に不幸も悪いことではないんですけど(笑)


私も、ちょっと昔までずっと人生不幸続きでした。

どれだけ学んでも、自分を高めても不幸が続くのです。

でも、そのおかげで今の幸せがあると断言できますけどね。


偏ると不幸になりますが、
不幸だからこそたくさん学べるのです。

で、幸せとはバランスの取れた中庸の中にあるのです。


私は理想が高いという個性を持っていますが、
それだけだと、自分や他人を責めてしまう。

だから、現状を認めたり、許すというスキルを使って、
それを中和しているのです。

そうやって、自分でバランスを取る術を会得する事です。


でも、中庸でずっと幸せなら、何も学ぶ事はできません。

ラクをすれば、堕落していきます。

ですから、ポジティブの中にもネガティブが存在しますし、
ポジティブが極まるとネガティブに転落するのです。


ですから、人生というのは

適度にネガティブな事が起こるぐらいが
ちょうど良いのかもしれません。


ネガティブとは偏りですが、
偏らなければ何も学べないし、わからないのですから。


で、いつになったらお金の話をするんだと言うことですが、

お金は目に見えますが、目に見えないエネルギーによっても、
宇宙はすべてバランスを取ります。


結局、脱税した人は、詐欺で騙されたりしてお金を失うのです。

著作権の侵害も、物理的には簡単にできる世の中ですが、
それをしてしまうと、自分を貧乏にする行為だと思って下さい。


価値の無いものを高値で売りつけたりすれば、

その不満のエネルギーは他の人にも伝播し、
評判を落とす事になります。


価値のあるものを安売りしてしまえば、

相手に価値が伝わらなかったり、
相手がエネルギーを受け取り切れなかったり、

大した対価を受け取らずに価値あるモノを与えてしまうと、
陽極まって、相手の運気を下げることにも繋がります。

結局、バランスの取れた中庸が一番です。


それと、

何らかの活動を維持するにはお金が必要です。

お金を巡らせること自体、経済にも良いことだし、
人を幸せにする行為です。

良い事をするにもお金が必要だし、
お金を巡らせることは「全ての前提条件」です。


本田健さんの、
「夢をかなえるお金の教え 豊かさの知恵」
お金と幸せを呼び込む経済自由人という生き方

と言う本があるのですが、

これは、独立して仕事をしたい人は必読の書だと思います。
ぜひ読んでみて下さい。


その中に、
「起業家に必要なのは、『お金を儲けるという執念』です」

と言う一文があります。


本当にその通りです。

みんな「頭で考えたモチベーション」でお金を欲しがりますが、
頭で考えたモチベーションは偽物です。

偽物のモチベーションだから、お金が入ってこないのです。


本当に必要なのは「感情のモチベーション」です。

「どうしても!」という強い気持ちです。

その強い気持ちが、
望んだモノを目の前にもたらしてくれます。


私が心理を極められた理由は、

どうしても幸せになりたかったし、
疑問に思ったことは解決しなければ気が済まなかったし、

この「どうしても!」という「執念」があったからです。


そして、その執念は「ネガティブ」から生まれているのです。

自分の不幸な体験が、幸せに向かわせるのです。


自分を高めても、なかなか幸せになれない人は、
その分たくさん学べるし、後々超ハッピーになれます。


なかなかお金が入ってこない人は喜んで下さい。

諦めずにずっと自分を高めて下さい。

お金が無い状況で学べる事を全て学び尽くして下さい。

その時こそ、お金がどうしても欲しいと思う、
ネガティブ体験が待っていることでしょう(笑)


そして、ネガティブから反転した時に手に入る幸せは、
その分とても素晴らしいものになるでしょう。



mixiチェック

haxe501 at 00:00|Permalinkclip!

2010年10月17日

お金 と 感謝 と 中庸

引き続き、お金について語ります。

私は20歳の頃から、
独立してお金持ちになりたいとか思っていましたが、

その為には「内面の成長しか関係無いはずだ」と思って、
ずっと内面の事に集中してきました。


でも誤解の無いように言うと、
私は本来、結構地に足をつけて考える方です。

私は、いくら理想を語っても、
「現実が変わらなければ意味が無い」と考える方ですから。

ですから、論理的にわかりやすく物事を説明できるのです。


それでも、内面に集中した結果、少し理想主義に偏り、
内面、精神重視の考え方が身につきました。

陰陽で言うと、「陰」に偏ったのです。

それ自体は別に悪いと思っていません。

この世は偏らないとわからないことだらけですから。

何かを知るためには、むしろ偏るべきだと思っています。


しかし、偏りすぎると、
必ずうまくいかない部分がでてきます。

それを知るために偏っているんですけどね(笑)


私の場合、理想主義、精神重視に偏ったので、

「現実と外面、物質を軽視する」傾向にありました。


そうすると、外面の象徴である、

お金、肩書、地位、名誉、異性、知名度、影響力…、

そういったモノが遠ざかっていくんですね。


そうすると、精神的には豊かになるけど、

現実、外面、物質的には満たされないんです(笑)


そこで、現実を否定し始めると、不幸の始まりです(笑)

人間の真の目的は精神向上なのに、
なぜあいつはもっと精神的に高まろうとしないんだ?

とか、向上心のない人を責め始めたりします(笑)


これが、理想と現実が乖離(かいり)していると言う事です。

ここで、理想と現実のバランスを取れない人は、

現実から離れようと、
山奥にこもって仙人みたいになってしまいます(笑)


ですが、私はかなりの理想主義ですが、
現実主義者でもありますので、

今度は徹底的に現実主義に戻って
自分の人生や世界を観察してみたんですね。


もう、精神的な追求がだいたい終わりましたから(笑)

要するに、「陰」極まって「陽」に転じたわけです。


今まで私は、「精神、内面」「学び、吸収」に集中してきました。


日本の文化もそうですよね。

明治以前は精神的な事を重視してきましたし、
古来から、外国の文化をずっと吸収してきました。


でも、それが極まったときに全てが逆転し、
こんどは、「現実、外面」「教え、放出」に転じるのです。

ですから、今後は日本の文化を世界に伝える時なのです。


それが、食文化であり、テクノロジー(科学技術)であるのです。


私も、精神の勉強は一段落です。

これからは、現実世界で影響を与えるため、
今まで学んできたことを、広めていく事に本氣になります。

だからこそ、現実世界の活動である、
ビジネス・商売…、つまりマーケティングを極めようと言うのです。


今までの、

内面「陰(精神重視)」の部分は「陽(現実重視)」へ

学び「陽(集中・吸収・求心)」の部分は「陰(拡散・放出・遠心)」へ


27歳が私の転換期です。

これで、理想と現実のバランスが取れて中庸となります。


一度偏ってみないと、
本当の中庸なんて見えてこないのかもしれませんね。

そして、偏りが激しいほど、反転した時の勢いも激しいのです。


私みたいに自殺願望を持った人が
反転すると超ポジティブになるし、

大借金を背負った人が反転するとお金持ちになります。

ただ、ネガティブから反転するには、
ネガティブから目をそらしたり、避けたり、逃げてはいけません。

「自己責任・誠実」を貫くという姿勢が大事です。

それをしなければ、
エネルギーは反転せず、ネガティブに留まることになります。


それで、向上心があるのにお金が入ってこない人は、

精神重視に偏り、「現実、外面、物質」を軽視していて、
「現実、外面、物質」に対する感謝が足りないのです。

ボランティアなどの慈善活動や政治活動にもお金が必要です。

良いことするにもお金が必要です。

それが現実なのです。 それを直視する必要があります。


この宇宙の法則として、感謝するモノは増えていきます。

お金が入ってこない人は、
お金の本当の大切さに気づいていないのです。

それに気づかせるために、貧乏な状態がやってくるのです。

貧しいと、お金のありがたみがわかるでしょ?(笑)


あなたがお金のありがたみを本当にわかるまで、
貧乏な状態は続きます。 それが修行だからです。

ネガティブな人も同じです。

周りにあるモノや人の大切さや、ありがたみに気づき、
感謝できるようになるまで苦しいことは続くのです。


お金に感謝するには、

この世に存在する全ての、毎日働いてくれている人たち、
毎日仕事をしてくれている人たちの存在を知る事です。


喫茶店でコーヒー一杯飲むにも、

コーヒー豆、それを育て、摘み取る人、
輸送する人、お店で作る人、

そして、リスクを取ってそれぞれの事業を興した人…、

実に様々な人たちの労力やエネルギーがこもっているのです。


そういう人たちの存在をイメージすると、

目の前にある一杯のコーヒーがとても貴重に見えてきます。

そして、自然とありがたいという気持ちが生まれます。


自分が100円もらっても、ペン一本作れないのです。

でも、自分は100円でペンを買えるのです。


自分は毎日お金を使っているけど、
それ以上の価値を受け取っているんだと気づく事です。

そうすれば、連動の法則が働き、
自分の仕事にも、もっと誇りを持てるようになります。


私も、7年かけて「学び」と「思考」と「体験」を繰り返してきて、
やっと辿り着いた本質を、ものの2時間で伝え、

人の人生に大きく貢献する事ができるのです。

それを、とても嬉しく、また誇りに思います。


みなさんの仕事もとても素晴らしく、
価値のある仕事のはずです。

そこに気づければ、全てに感謝する事ができます。


現実と精神、両方に感謝できるようになったとき、
最高にハッピーな人生が実現します。



mixiチェック

haxe501 at 00:00|Permalinkclip!

2010年10月05日

貧乏の原因

どうすれば人は経済的に豊かになるんだろうか…?

と言う事を、ここ最近ずっと追求してきました。


人に喜ばれながら豊かになるにはどうすれば良いのか…?

この答えを見つける為に、ずっとずっと考えてきました。


でね、こういうコトを考えない人は、すぐに幸せになれるんですよ(笑)


「私には悩みが無いんです」って言う人がいるんですけど、
そういう人は、物事を深く考えないんです。

それで、若くしてお金を持っている人って言うのも、
あんまり哲学的なコトを深く考えないんですよね(笑)

お金があったら、人からすごいと思われる。
お金があったら、自分の好きな事ができる。
社会貢献とかよりも、まず自分が第一。

だから頑張ってお金を稼ぐ。

という単純思考。


別に、それが悪いと言っているわけじゃないんですが、

こういう、単純な思考をしている人は、

悩むこともあまりないし、
欲しいモノをカンタンに手に入れられたりするんですよね(笑)


でも、光と闇は表裏一体ですから、

哲学的なコトを深く考える事によって得られる事が、
単純な思考をしている人は得られないのです。

哲学的なコトを深く考える人は、
悩みも多いし、試練も多いし…、

でも、それを乗り越えるから、
人望があったり、人に教える事ができたり…

というメリットがあるのです。


結局、知ると言うことは、外側から見ないとわからないのです。

幸せを知る為には、不幸から始めるのが一番だし、
経済的な豊かさを知るには、貧乏から始めるのが一番。

男らしさを知る為には、
女らしい自分から始めるのが一番なのです。


逆の立場から始めるからこそ、本当の事がわかるのです。

闇の中から始めて、闇を体験するからこそ、
光の事がよくわかるのです。

光だけだと、光を認識できませんから。

光から始めてずっと光の中にいると、光の事はよくわからないのです。


不幸があるからこそ、幸せがわかるのです。


人間関係も同じです。

他人という鏡がいるからこそ、自分の事がよくわかるのです。

自分一人だけでは、自分の事はわかりません。



それで、話を元に戻すと、

私は今まで、安くてクオリティの高いモノを提供することが、
みんなの幸せに貢献する事だと思っていたのですが、

どうやら、そうでも無いみたいです。


それは何故かと言うと、

お金がない時期は、なぜお金が無いかを学んでいるのです。

そういう人に、安く何かを提供するってことは、
全く本人の役に立たないんですね。


私が最高の自己成長の手段だと自称できるぐらい自信がある、

心理塾「Grow Heart School」を
3ヶ月ちょっと運営してわかったことが、

いくらハイクオリティなモノを提供していても、
「頂いている金額以上のものを与える事はできない」

という事実です。

もし、頂いている以上のものを与えたとしても、
その人はエネルギーのバランスを取る為に何かを奪われてしまいます。


私の心理学は、本当にすごい威力ですから、

昨日のパーティでも、
「中井さんのおかげで人生が変わりました!」

って言ってくれる人たちがたくさん来ていました。


でも、本当に人生が変わるのであれば、

一人10万円〜100万円ずつぐらい対価を頂いても、
別に当たり前だと思うんですよね。

でも、それぐらい価値があるものを、
私は安売りしてしまっていて、

逆に、人々が学びを受け取れない状況を
創り出しているのかもしれないと思うに至ったのです。


ネガティブに留まろうとする人にお節介を焼いても幸せに出来ない。

与えられるのは成長のキッカケのみ。

だから、カウンセラーは感情移入しないように、

お節介を焼いたり、過保護にならないように、
クールな部分を持っていなければならないのです。


これは、お金が無い人にも当てはまるみたいです。

お金が無い人にお節介を焼いて安くしても、
本質的に何かを与える事はできないのです。


例えば、望むモノがカンタンに手に入ったら、
修行にならないんですよね。

あの世は想念の世界ですから、
思い描いたことがすぐに実現してしまうのです。

でも、それじゃ成長できない。

だから、ある程度制限のある現世で学ぶのです。


経済的に豊かになるにはどうすれば良いか?

と言う事を学んでいる人に対して、

安く何かを提供すると、
お金が欲しいというモチベーションを奪ってしまいます。

それでは過保護になってしまい、成長を邪魔してしまうのです。


何かを受け取ろうと思ったら、
その前に何かを差し出す必要があります。

たくさん受け取っている人は、
その前にたくさん差し出しているのです。


ですから、より多くの人の成長に貢献する為に、

私が提供するサービスの価格帯を大幅に引き上げることにしました。


今までのお客さんは優遇させて頂きますが、

11月以降に新たにお客さんになる方には、
適正な対価を支払って頂く事にします。

でも、その方々は大きな対価を支払う分、より成長できるのです。


ですから、不公平でも差別でも何でもありません。

宇宙は必ず公平にバランスを取ります。


大きな対価を支払う人は、より大きなモノを受け取るのです。


そして、対価を頂く私自身も、
より高品質なサービスを提供する事が可能となるのです。


今まで、価格設定について、

サービスを受ける人々の為に安くしたいという気持ちと、
自分と他人を豊かにするには大きな対価を頂く必要がある、

というジレンマを持っていましたが、

それを自分の中で解決する事ができました。


他にも、経済的な豊かさや金額設定に関しての
気づきはたくさんありますが、

それは、「Happy Business School」の講義で
たっぷりとお話しさせて頂きます(笑)

これで、人を豊かにする方法は確立できたかもしれません(笑)

でも、その方法を受け取るにも、
何らかの対価を支払う必要があるのです。


とにかく、
「GHS」を安売りするのは10月いっぱいとさせて頂きます。

安い金額で入会するのであれば、10月が最後のチャンスです(笑)


11月以降は、ガラリと料金体系を改定します。

でも、高いお金を支払って集まる人の方が、

モチベーションも高いだろうし、
受け取るモノも多いだろうし、
成長も早いだろうし、

楽しみです。



mixiチェック

haxe501 at 01:46|Permalinkclip!

2010年06月12日

お金と観念

今月19日(土)にセミナーを行う事を決めてから、
最近、お金に関して学ぶ事が非常に多いです。

お金を持っている人と持っていない人の違いを
ずっと観察してきましたが、

いかに、一般の人が
お金に対してネガティブな観念を持っているのかがわかりました。

そして、自分も今までだいぶ外してきましたが、

今回、内容を作っている時に、

盲点の様なメンタルブロックも発見でき、
それを外す事ができたのも大きいです。

外れたら、外れたなって感覚として、
自分でわかるところが面白いですね。

少し残っていた、お金に対する不安が消え去りました。


それで、気づいた事というのは、

自分の収入の多さや、手持ちのお金は、
全て無意識によって支配されているという事です。


いくら、素晴らしい仕事のチャンスがやってきたり、
儲けるノウハウを手に入れたとしても、

お金に対してネガティブな観念を持っていると、
絶対に収入はあがりません。

もし、収入が上がったとしても、散財してしまったりします。


なので、宝くじが当たった人が破産する様な事が起こるのです。


というか、宝くじを買うような人は、
お金に対してネガティブな観念を持っている人がほとんどでしょう(笑)

自分のチカラでは欲しいだけのお金が得られないと思っている人が、
宝くじを買うのだと思いますし。


そんな人が、宝くじに当たってしまったら、

無意識にある、お金を遠ざけるパワーが拡大されて、
どんどん浪費してしまうでしょう。


お金持ちでも、お金に対するネガティブ観念があると、

お金を失う恐怖があったり、他人と比べてしまったり、
まだまだお金が足りないと感じて、ストレスを抱えてしまいます。


同じ仕事をしていても稼ぐ人と稼げない人がいるのは、
この「お金に関する観念」の違いです。


お金に関する犯罪が起きるのも、
お金に対するネガティブ観念のせいです。


もし、お金に関するストレスを抱えていたり、
自分の欲しいだけの十分な収入を得ていないと感じるのであれば、

まず、お金に関する観念を変えた方が絶対に良いです。


お金に関する全てのネガティブな観念を、
ポジティブな観念に切り替える事です。


本当に無意識の影響ってすごいですよ。

しかも、無意識というのは、自分の意思とは関係無いので、
なかなか自覚しにくいものなのです。


なので、私の様な役割を持った人間がいるわけですが(笑)


でも、お金に関する観念について言及している本というのは、
なかなかありません…。

少しはありますけど、でも内容が薄いモノがほとんどです。


自分では本当に自覚しにくい、
盲点の様なネガティブ観念がお金に関してはたくさんあります。

そして、お金に対するポジティブな観念とは何なのか?

それを19日のセミナーではできる限り公開します。


お金に関して苦しんでいる人は多いと思いますが、

ひとつだけ言えることは、お金自体は何も悪くありません。

原因は、お金に対してネガティブな情報を発信し、洗脳をしている
メディア、経済システム、社会通念、両親の影響などです。


その洗脳からみなさんを解放します。

では、来られる方はお楽しみに(笑)

目からたくさんウロコが落ちると思うので、
洗面器持ってきて下さい(笑)


■ 6月19日(土)

「心理学セミナー」
・メンタルブロック解除
・お金と豊かさの話

代表的なメンタルブロックと、それを自力で外せる方法
そもそもお金とはどういう存在なのか?
お金に関するメンタルブロック解除
お金に対してどういう考え方をすれば良いのか?
お金のセルフイメージを上げる方法

などなど…、 他にも内容盛りだくさんです。


人数限定の予約制となっておりますので、
参加を希望される方はメール下さい。

[ takao@growheart.com ]

[時間]
受付 18:00
開始 18:30〜20:30

[場所]
大阪市 総合生涯学習センター 第3研修室
大阪市北区梅田1-2-2-500 大阪駅前第二ビル5F

[最寄駅]
JR 大阪 or 各線 梅田駅(徒歩3分)

[参加費]
一般 5000円 学生 3000円
※先着30名 限定



mixiチェック

haxe501 at 00:00|Permalinkclip!

2010年05月07日

お金のイメージ

最近、お金に対するイメージが本当に変わっています。

とても冷静にお金の事を見れるようになった、と言うカンジです。


昔は、札束を見たら、
緊張するか、テンションが上がるかしていましたが、

今はフラットなメンタルで、
「ひとつの道具」として見ることができます。


そして、お金持ちを過大評価する事もないし、
貧乏な人を過小評価する事もありません。

多くの人は、
「お金」と「人間としての価値」をリンクさせているので、

お金に対して恐怖や緊張感を感じたりしています。


お金を持っている人でも、お金を失う事にいつも脅えるのです。


要するに、お金の存在を過大評価しているのです。


だから、出費が多くなると罪悪感を感じたり、

高い金額のものを見るとひるんでしまったり、

お金が自分の元にやってくる時に緊張感を感じるのです。


「世の中お金じゃない!」

と言っている人も、
実はお金を過大評価しているからこその発言です。

お金を持っていない自分を自己肯定したいと言う事ですから、

それだけお金に対して恐怖を感じているのです。


例えば、水というのは、人間にとってとても大切な存在ですが、

日本では蛇口をひねれば水が出ますから、
日本人は水を過小評価していると言っても良いでしょう。

でも、「世の中水じゃない!」と強調して言う人はいません(笑)


「いつもは特に気にしてないけど、本当はすごくありがたい事だよね!」

と言うのが一般的な反応じゃないですか?


評価しないと言う事は、
気にしない、気にならない、と言う状態ですからね(笑)


お金から精神的に自由になると言う事は、
「お金の存在に対して何とも思わない、特別な感情を持たない」

と言うのが正解です。


もちろん、感謝する事が望ましいですけどね。

でも、水や空気に対しても感謝した方が良いのと同じです。


そして、お金から精神的に自由になるには、

ストレス無くお金が入ってくる事、
ストレス無くお金を使える様になる事です。


もっと言えば、お金が入ってくる事に喜びを感じ、
喜びを感じるお金の使い方ができれば良いですね。


お金に対する
「メンタルブロック解除」と「セルフイメージ向上」

を行う事で、お金の流れは確実に変わってきます。


どんなに収入が増やせるチャンス、
お金が殖やせるチャンスが目の前に来たとしても、

お金のメンタルブロックがあったり、
お金のセルフイメージが低い状態では、

そのチャンスを掴むことはできません。


私は、収入を増やすチャンスも、
手持ちのお金を殖やすチャンスもいくらか知っています。


それを教えてあげると、
人によっては、すごく喜ぶし、やる気も出します。


でも、人によっては警戒します。

そして何も行動は起こさない。

だから、結局は何も掴むことができないのです。


お金の事も含め、現実はすべて内面が創り出しています。

ですから、内面を向上させる以外に、現実を変える手段は無いのです。


私はおかげさまで、
割とお金から精神的に自由になることができました。

なので、最近はお金に対する感情が薄れてきました。

その分、お客さんの幸せだけを考え、集中する事ができます。

もちろん、収入があることは嬉しいですし、
商売人として、たくさんのお金を回したいとは思いますけどね。


来月は、お金と心理に関するセミナーを行いたいと思います。

今から内容を練っていきます(笑)



mixiチェック

haxe501 at 08:16|Permalinkclip!