2022年01月24日

財政システム

ここ最近、
  
・日銀
・国家財政、国家予算
・税金
・社会保障(保険、年金、福祉)
・健康保険のシステム
  
などなど、
  
お金にまつわる勉強を重ねてきたけれども、
国家の運営システム自体は、非常に良くできている。
  
  
なのに、なぜ税金は重くなり、
  
年金の運用成績は良いはずなのに、
年金の負担額は上がり、支給額は減り、
  
改悪が重ねられていくのか?
  
  
一般大衆の個人消費を増やすためには、
「可処分所得」を増やす必要があり、
  
その為には「減税」をするべきなのに、
  
増税の裏で、金融緩和でマネーストックを増やし、
その結果、「株価」と「暗号資産」の値段だけは上がり、
  
マネーゲーマーの資産は増え、個人消費は増えない。
  
  
日本は借金が多いと言うけど、
それは自国の銀行(国民)に対する借金であって、
  
海外に対して借金をしている訳じゃ無い。
  
  
経済的に脆弱な国は、自国通貨に信用がなく、
海外に対して「ドル」で借金をしていて、
  
「ドル」を稼げないと、借金を返せずに破綻してしまうけど、
  
日本は世界的に信用度の高い【「円」を自ら発行できる 】と言う、
非常に強い立場にある。
  
  
【「円」に対して「需要」や「信頼性」がある 】と言うことは、
  
日本企業の生み出す「商品・サービス」が
「世界に必要とされ、信頼されている」ということ。
  
(「輸出などで外貨を稼ぐ能力を持っている」ということ)
  
  
日本自体は、お金を持っているにも関わらず、
それがうまく回っていない状態。
  
そして、若者は将来不安で「結婚」や「子育て」に躊躇う世の中。
  
  
わざと、景気を悪くしようとしているとしか思えないほど、
国の経済政策はおかしいんだよね。
  
   
これも、「高次元による操作」を感じるポイント。

  
別に「格差社会」が悪いとは思わないけど、
大多数の人間が「将来に希望」を持っていないと、
 
経済は良くならない。
  
  
経済を動かすのは、「人の欲望と気分」なのだから。
    
  
もうひとつ言うと、
 
「起業家・経営者がショボい」から、
日本は経済成長しないってこともある。
  
  
日本人は、国民性を海外と比較すれば賢いはずなんだけども、
  
国全体の判断としては、
わざと景気を悪くしようとしているとしか思えない。
  
  
国家全体として、
「カネ」はめちゃくちゃ持っているにも関わらず、
     
日本中の「頭の良い連中」が集まって判断した結果がこのザマとは、
全くもってあり得ない。
  
  
世の中をポジティブにしたくない、高次元意識の操作。


mixiチェック

haxe501 at 23:23│clip!