2022年01月18日

ファミリーの価値

今日は、仕事のことを考えさせられた。
  
  
自分は能力が高いので、
妨害操作さえ無ければ幾らでも稼げる自信がある。
  
  
でも、政府や大企業がらみの仕事をしたり、
  
有名人のオンラインサロンみたいに、
多くの個人からサブスクサービスで利益を得られたとしても、
  
現状からすれば凄い現実好転だけれども、
全然、満足とは言えないくて、
  
結局自分としては、「腹を割って、自然体で話せる相手」を、
たくさん作る事が、個人的な幸せに直結している。
  
  
「同じ価値観」と「同じ活動」を共有できる他人。
  
  
要するに、言語化してしまえば、
自分は「ファミリー」を求めてるんですよね。
  
  
お金だけあっても、「お金だけの繋がり」って、
なんか寂しい感じがする。
  
  
別に、私は一人の時間が好きだし、
一人でいてもストレスないし、寂しいとか思わないけど、
  
やっぱり「人と会話している時」が楽しい。
  
  
コロナ前に「高級レストラン」や「バー」に通っていたのも、
  
飲食が好きってことに加えて、
「スタッフさんとのコミュニケーションが楽しい」ってのも大きい。
  
  
でも、「腹割って自然体で話せる相手」って、
信頼関係を築くのに、それなりに時間が必要だったりする。
  
一朝一夕では手に入らない。
  
  
長い付き合いをして、いろいろな状況を共に経るからこそ、
仕事でも、家族でも、信頼関係は強固になっていく訳で。
  
  
だから、仕事に対する妨害操作でいちばんキツイのは、
「長い付き合いの人との繋がり」を分断される事なんだよね。
  
  
「長い付き合いをしてきた他人」って、
人生においては、めちゃくちゃな財産。
  
  
それに、例えばの話、
  
私が「有名になってから知り合う人」と、
「無名時代から知り合っている人」だと、
  
また、大きく関係性が変わってくるハズ。
  
  
例えば、学生時代の友達と久々に会っても、
「学生時代の関係性」を引きずっているというか、
  
コミュニケーションは「当時の関係性」がベースになるからね。
  
  
まぁ、成功してから久々に会ったら
「相手の態度が激変しちゃう」ってパターンもあるけど。
  
  
私は、世界平和を体現しているような、
  
みんな「心理・経済・健康」の知識を持っていて、
お互いの個性や活動を尊重しているような、
  
そんな「コミュニティ、繋がり、集まり、ファミリー」を作りたかった。
  
  
今からそんな集まりを作っていくにしても、
昔の知り合いがまた集まってくれないとキツいわ。
  
新しく出会う複数の人々と、
ゼロから仲良くなるまでの時間かけたくないし。
  
いくらお金があったとしても、
信頼関係構築には「絶対的な時間」が要るからねぇ。
  
  
・他人と共に過ごす時間
・時間を共に過ごした他人
   
これが、いちばんの財産。


mixiチェック

haxe501 at 23:18│clip!