2021年10月09日

人生の真の目的

この操作まみれのシミュレーテッド・リアリティの中にいて
一番の疑問点は、「高次元存在の意図」な訳だけど、
  
全ての現象が同時に存在していて、
全てのパターンを瞬時に見渡せるのだとしたら、
  
高次元存在にとっての「未知」なんて無いのでは無いか?
  
  
意識の次元を下げれば下げるほど無知になって、
「知る、発見する」というゲームに没入して楽しめるんだろうけど、
  
高次の視点では、きっと私の未来も既に見えているんだろう。
  
  
とするならば、私の体験に操作を加える理由は、
  
「高次元にとっての未知や好奇心」ではなくて、
「私自身の為」なのかも知れない。
  
  
今まで散々、悲惨で凄惨な地獄を体験してきたことも、
高次元にとって役に立つ話じゃなくて、
  
それよりも、物理次元での人生を体験している自分にとって
何か目的や利益があっての事だったのかも知れない。
  
  
まぁ、生まれる前の記憶が無い以上、
「高次元存在」も、「生まれる前の自分」も大差無いか…。
  
  
ただ、体験している自分に主目的・主眼があると仮定すると、
その「真の目的」を回収するまで死なないだろうな。
  
  
救世主に相応しい能力を抱えながら、
「このまま、退屈に死ぬ」ってのは無さそうだ。
  
私の人生、伏線回収までは終わらない。


mixiチェック

haxe501 at 00:49│clip!