2021年08月17日

メンタリストDaiGoのホームレス発言について

メンタリストDaiGoが、
「ホームレスに生きる価値なし」
  
という趣旨の言動を行い、
批判殺到している件について、
   
  
先日の「ひろゆき氏のフランス人差別発言」と同様に、
「時事ネタの論点整理」を行いたいと思います。
  
  
本題に入る前に、自分の思想を述べておきますが、
私には、「嫌いな人物」というのはいません。
  
ただ、「嫌いな行為」と「嫌いな精神状態」があります。
  
  
「嫌いな行為」というのは、
【「真実」ではなく「嘘や低次元な情報」を流布すること 】です。
  
  
なぜなら、人間というのは、
【 真実を理解する事で、正しい判断ができるようになるから 】です。
  
  
間違った天動説を信じたまま、
「ロケットや人工衛星を開発すること」は出来ませんからね。
   
間違った情報を信じていると、即、「間違った判断」に繋がります。
  
  
だから、裁判においては、正しい判決を下すためにも、
「真実を示す証拠」が重要になる訳ですし、
    
私も、「真実の探求と伝達」に拘ります。
  
  
そこ行くと、メンタリストDaiGoは、
  
統計によって研究された大学の心理研究の論文を、
自分なりに解釈して伝達するという事をしていますが、
  
そもそも、私の研究している
「自然法則、物理法則ベースの心理研究」とは、
  
「月とスッポン、雲泥の差」がありますので、
  
「低レベルな心理情報を流布している」という点で、
「私の嫌いな行為をしているなぁ」という事にはなります。
  
人々の「心理に対する捉え方」が歪んでしまうので。
  
  
もう一つの「嫌いな精神状態」というのは、
  
【 自信と謙虚のバランス 】が崩れている状態です。
  
  
※ 詳しくは、こちらの動画で解説

  
  
バランスの崩れた精神状態から放たれる波動は、
人を不快にします。
  
これは、「不協和音が不快に感じる」のと同じで、
人としての「自然な生理現象」と言っても良いでしょう。
  
「同じような崩れ方」をしている人々には、
気にならないかもしれませんが。
  
  
だから、メンタリストDaiGoの存在は、
私にとって不快ですが、
  
それでも、私は「人物の本質的な人格や個性が嫌い」
という意味ではなく、
  
表面的な「行為」と「精神状態」が嫌いな訳なので、 
  
本人が【 不快な「行為」と「精神状態」】さえ改めてもらえれば、
別に嫌いじゃなくなりますのでね(笑)
  
  
「罪を憎んで、人を憎まず」の考えに近いかも知れませんが。
  
  
  
では、本題に入りますが、
  
  
まず、メンタリストDaiGoは、
   
・「経済力の高い方」が人間として価値が高い
・「経済力の低い方」が人間として価値が低い
  
という思想・価値観を根底に持っている様です。
  
  
今回の発言以外にも、
  
自分の嫌いな人々に対して、
「あいつより自分の方が稼いでいる、たくさん納税している」
  
という「経済力マウント」を取ることで知られています。
  
  
もちろん、これは私がいつも言っているように、
  
非常にわかりやすい、
「ネガティブな思想」の代表格みたいなモンです(笑)
  
  
まぁ、彼も学生時代に「イジメられる経験」があったり、
「学歴主義の親」に育てられたりして、
  
その「トラウマ」や「劣等感」が解決できていないので、
ネガティブ思想を克服できていないのでしょう。
  
  
こういうネガティブな思想が、
  
【「精神バランス」が崩れる根本原因 】になっているので、
  
  
根本解決としては、
  
メンタリストDaiGo自身が、
「過去のトラウマ」や「劣等感」を解決することで、
  
抱えている【 ネガティブな思想を改めることが出来る様になる 】
  
という事です。
  
  
で、自身の「トラウマ、劣等感、ガティブな思想」を克服していないのに、
  
エラそうに心理を語っちゃってるって時点で、
  
自称プロを語っている人間としてどうなの?って思いますけどね。
  
  
まぁ、私は決して「心理のプロ」としては認めませんが。
  
  
「エンターテイナー」や「マーケッター」としては、
優秀だと認めますけどね。


mixiチェック

haxe501 at 15:19│clip!