2021年07月29日

虚数単位の理解

虚数単位(i)というのは、
  
【 二乗して「−1」になる数 】と言われています。
  
  
「マイナス」掛ける「マイナス」は、
プラスになっちゃうので、
  
「二乗してマイナスになること」は、
通常有り得ないんだけど。
  
  
これも「高校の数学」で学ぶらしい。
  
  
で、私もしばらく「二乗してマイナス1」ってどういうこと?
  
それが、量子力学で重要とか、どういうこと?
  
  
って考えていたのですが、パッと閃きました。
  
  
二乗して「プラス1」になる数字は、
「+1」か、「−1」ですよね。
  
  
ってことは、「二乗してー1になる」ってことは、
  
【 どちらかが「+1」の時、片一方は「−1」になる 】
  
って事じゃ無いのか?と。
  
  
量子力学では、「量子のもつれ」という現象があって、
  
ペアにした粒子の片一方の粒子が、
ある方向に回転している事が観測されたら、
  
もう片方は、それとは逆方向に回転しているってヤツです。
  
  
これは、どんに距離が離れていても、
「時空を超えて、瞬時に」そうなるらしいです。
  
  
量子コンピュータも、
  
1でも、0でもなく、「どちらでも有り得る」
という量子の性質を利用したコンピュータですからね。
  
  
現代の最新テクノロジーには、
量子の性質を利用した発明が多くあります。
  
パソコン、携帯電話、レーザーなどがそうらしいです。
  
  
だから計算に、虚数を使っているって事なんですね。
  
  
点と点が線で繋がりましたわ。
  
  
虚数を「ありえない数」って説明している情報が多いですが、
  
「片一方がプラスの時、もう片方がマイナスになる」
「どちらでもあり得るし、まだ決定していない」
  
って考えたら、スッと理解できますね。
  
  
何事も、理解にはコツがあります。
  
  



mixiチェック

haxe501 at 14:05│clip!