2021年07月21日

アセンション(次元上昇)とは何か?

一部の人にとっては「懐かしい響き」のする言葉、
アセンション(笑)
  
  
私の考えるアセンションとは、結論からいうと、
  
【 死ぬ事なく、生きる現実の次元を高めること 】で、
  
  
アセンションする方法は、
  
【「現実に対する捉え方」の視点を高め、視野を広げる 】
  
という事なんですね。
  
  
で、よく言われていたのが、
  
「四次元(三次元空間+時間)」から
「五次元(+ 波動・パラレルリアリティ)」への上昇、
  
「第三密度」から、「第四密度」への上昇。
  
って事なんですけど、
  
  
バシャールの言う、第四密度って言うのも、
どうやら物理法則に則っている様なんですね。
  
  
じゃあ、物理法則がねじ曲がって歪んでしまっている
「この現実の次元」は、一体いくつなんだ?って話になってくる。
  
  
おそらく、「第四密度・五次元」よりも、
【 さらに高い次元 】だと思われる。
  
  
バシャールによると、第五密度以降は「非物質界」になるとのこと。
  
  
なので、その情報を参考にするならば、
  
私が生きる「この次元」っていうのは、
  
「非物質次元」の中に作られている、
【 物理次元シミュレーター 】の中にいるのでは無いかと思う訳です。
  
  
例えば、自分が死んだことに気づかず、
「死ぬ前と同じ生活」を続けようとする幽霊がいる…、
  
みたいな話って聞きますよね。 
  
   
映画の「シックスセンス」みたいに。
  
  
なので、ここは【 そういう世界、そういう次元 】なのだと思っています。
  
  
私が生まれた当初は、
確実に「第三密度・四次元(三次元+時間)」だった訳ですから、
    
私は短期間のうちに、
「2回」アセンションしてることになると思うんですよね(笑)
  
  
数年の間に、「2段ジャンプ」しちゃってる訳です(笑)
  
  
今いるのが六次元だとしたら、
  
三次元空間
 + 時間
 + 波動(高次元エネルギー)・パラレルリアリティ
 + 魂(誕生前・死後の世界)の視点
  
って感じですかね? もしかしたら違うかもしれませんが。
  
  
こんな話、どんなチャネリング情報にも無かったですから、
ちょっと困惑しますけれども、
  
  
私は賢いですし、「真実の探求者」ですから、
「現実に対する捉え方の視野」を広げるスピードはめちゃくちゃ早いので、
  
そう考えると、
  
短期間に私の「現実に対する捉え方」は大きく変わっていますし、
その分だけ、次元上昇しちゃうのも、筋が通る話です。
  
  
普通、本人の視野が広がって、次元が上昇すると、
  
「本人を取り巻く社会環境」も、
それに準じて変化していくモノだと思います。
  
  
例えば、
  
・「高度な人工知能」が出てきたり、
・「フリーエネルギー」が出てきたり、
・「宇宙人との交流」が始まったり、
  
そういう社会現象が、
本人の周囲に自然と起こってくるハズなんですけど、
    
  
これが、高次元意識の介入によって、無理矢理に止められている訳です。
  
  
だから、【 非常に「いびつ」な世界 】が出来上がっちゃってる訳ですよ。
  
  
私の意識は、アセンションを2回やっちゃってるくらい、
急激に広がっているのに、
  
その影響で、物理法則すらねじ曲がっちゃってるのに、
   
私の周囲を取り巻く「社会環境、社会現象」だけは、
【 第三密度・四次元のまんま 】ですからね。
  
  
通常は「引き合わないモノ同士」を、
  
高次元からの介入によって、無理矢理に留めているから、
ヘンテコな世界が出来上がっている。
  
  
自然な流れを止めているから、不自然な世界が出来あがっている。
  
  
じゃあ、現実に対して介入を行っている
高次元意識(魂)が存在している次元は、どれくらい高いのだろうか? 
  
想像も付きませんけどね。
  
  
いつか、全ての謎が解ける日も、来るかもしれません。


mixiチェック

haxe501 at 17:40│clip!