2021年05月22日

日本語に主語は存在しないという理論

「言語学・日本語学」の世界では、
「日本語に主語は存在しない」っていう考え方があるんですって。
  
「〜は、〜が」が主語じゃないの? どういうこと?
  
って思ったんですけど、
  
  
英語の場合だと、
 
「It's showtime」とか、
「It's raining」とか、
 
「IT」が必要になりますが、
  
日本語で表現する場合だと、
「あ、雨だ! 雨が降ってる!」とか、
  
「ITに相当する要素」が無くてもいけますよね?
  
  
日本人は単一民族国家ですし、
   
異なる文化背景の人々とコミュニケーションを取る目的の
言語特徴は発達せず、
  
日本語は、「相手の言わんとする事を察していく言語」なので、
「省略できる範囲」が広いんだと思います。
  
  
そういう意味で、
 
英語的(ヨーロッパ言語的)な意味合いでの
「主語が存在していない」って意味らしいです。
  
  
そもそも、「主語の意味(定義)」を
きちんと定義しないと、考察や議論も出来ませんけどね。
  
  
で、その「(英語にあたる)主語が存在しない」って考え方で、
  
日本語教師が「外国人に日本語文法を教える」と、
すごく理解してもらいやすいらしいです。
  
  
そういう話を聞いて、思いました。
  
  
言語って、普通に使ってますけど、
  
その「特徴」とか「本質」って、
自然に使っている人間には自覚が無いんですよね。
  
  
外国人に日本語を教えるように、
【 他人に教えようとした時に、明確化する必要 】があって、
  
だから、「本質や性質」を捉える事ができる訳です。
  
  
なので、教えることで、これまで自覚していなかった
わからない所が出てきたり、理解が深まっていくのです。
  
  
私も、日本人に「英語の性質」を教えようとした時に、
「英語ってこういう言語なんだよ!」って解説しますけど、
   
「英語を外側から分析する」から理解できることであって、
  
英語ネイティブの人は、
「英語が客観的にどういう言語か?」を意識せずに英語を使ってますからね。
  
  
私自身がもっと「日本語の性質」に詳しくなろうと思ったら、
  
【 外国人に日本語を教える 】っていうプロセスを経るのが
一番だなって思いました。
  
  
「外国人の立場」に立って、
「日本語ってどういう言語なのか?」を分析することで、  
  
【 日本語の本質や特徴 】が浮き彫りになってくるハズなんですよ。
  
  
で、言語学の世界では、
  
学校教育の「国語の授業」で教える文法は
「古い、正くない」っていう批判もあるんですって。
  
国語教師も困っちゃいますよね(笑)
  
  
私がなぜ「言語学」に興味があるか?というと、
  
人間は、「概念」を「言葉」に置き換えているわけで、
それは、「哲学」や「論理学」にも絡んできます。
  
  
私は一応、心理学者って言ってますけど、
  
【 人間の精神活動の全て 】を研究していますから。
  
  
当然ながら、「哲学」や「論理学」も私の専門分野だし、
  
そこに絡んでくる「言語学」も、私の研究分野になってくる訳です。
  
  
そもそも、教育を行う上での
「文章表現」にはこだわりがありますからね。
   
  
なので、【 精神活動学者 】って名乗った方が正確かも知れませんね。
  
  
よく「文系」って言われますけど、
文系でもめちゃくちゃ論理的思考は使いますね。
   
理数系は、「数」における論理、
人文系は、「概念」における論理、ってことで。


mixiチェック

haxe501 at 20:20│clip!