2021年05月17日

「魂(高次元意識)」の目的

これまで解説した通り、
  
自分が「高次元意識」に「介入されまくっている世界」
に生きているとして、
  
「高次元意識の目的」は何なのか?
  
って事ですよね。
  
  
これまで私が解説してきた様に、
  
・世界を平和にすることも、
・科学技術を速やかに大きく発展させることも、
・コロナ禍を速やかに終わらせることも、
・「死、病気、精神的苦痛など」から大勢の人々を救うことも、
  
どれも「めちゃくちゃ簡単」なことなのに、
  
なぜ、【 わざわざ世界の進歩を遅らせているのか? 】
  
  
ってことです。
  
  
一般的な宗教で信じられている「神様・仏」のように、
  
【「善良な人々を救う」ってことが目的で無い 】のは確かです(笑)
  
  
私は、バシャールなどの「チャネリング本から得た知識」と、
「自分が経験していること」を統合して考えたときに、
  
物理次元というのは、
【「魂(高次意識)」の作ったゲーム 】なのだと結論を出しました。
  
  
現代でいう「VR(バーチャルリアリティ・ヘッドセット)」の様な、
没入型ゲームであり、
  
コンピュータのプログラミングで作られた、
「ビデオゲーム」の様なモノです。
  
  
じゃあ、「人間がゲームを作る目的、プレイする目的は?」
  
単に「面白いから」でしょう?(笑)
  
  
私は、あらゆる存在(魂)の目的は、
【「経験」と「学び」にある 】と思っています。
  
  
ですから、「あらゆる存在(魂)」は、
経験を通して学んでいるということです。
  
  
現代社会において、
「戦争が好きな人」ってあんまりいないと思うんですよね。
  
でも、ゲームの中じゃ戦争をやりまくってる訳ですよね?
  
  
参謀になって、軍隊を編成して戦わせる
「戦略(シミュレーション・ストラテジー)系」のゲームだったり、
  
一人の兵士になって、バンバン銃火器を使いこなす
「FPS(一人称視点のシューティング)」だったり。
  
  
自分が生きている「実際の世界」が平和でも、
  
ゲームの中では、
「あえて戦争に満ちた世界」を創り上げる訳ですよね(笑)
  
  
「魂(高次意識)」にとっては、
  
ネガティブな世界を創り上げ、その中で試行錯誤が生まれることで、
【 貴重な「経験」と「学び」になる 】ってことです。
  
  
「学びたい」という気持ちの事を、【 好奇心 】と言います。
  
  
「魂(高次意識)」とは、「好奇心の塊」だと思うんですよね。
  
  
そして、「珍しい経験」からほど、
「珍しい学び」が得られるという訳です。
  
  
超論理的・物理的な思考をする人間を、細工しまくって
「論理的・物理的に全く筋が通らない世界」に生かしたら、
  
・どんなリアクションをするのだろうか?
・どんな結果をもたらすのだろうか?
・珍しい経験と学びがあるんじゃないか?
   
そういう「クレイジーな好奇心」が、
【 魂(高次意識)の目的 】なのだと、私は思っています。 
  
  
よく、「人生は一度きり! 後悔が無いように!」
  
とか言いますよね?
  
  
魂の視点からは、何度でもやりなおせますからね(笑)
   
ゲームで言うところの「セーブ&ロード」です。
  
  
死んだ後から、
  
何度でも「気になる時点」から始めて、
「違った選択肢を選ぶこと」も可能です。
  
  
でも、初めっから「やり直し可能」って分かってたら、
真剣に生きようとしませんよね?
  
だから、真剣になるために、
「ゲームだという真実」は隠されたままプレイさせられている訳です。
  
  
テレビでも、「ドッキリの企画」ってありますよね?
 
芸能人に真実を隠したまま、
イタズラを仕掛けてリアクションの検証をするヤツです。
  
  
初めっから「騙される本人」がドッキリって分かってたら、
ドッキリにならないでしょ?(笑)
  
  
あれと同じですよ。
  
  
物理次元の経験は、壮大なドッキリです。
  
  
  
私、人生の中で死ぬほど
  
「セーブポイント(人生の分岐点・世界の分岐点)」
を作らされてますからね。
  
  
魂の視点からしたら、
  
「私一人の人生」というゲームで、
すげー長時間遊べると思いますよ(笑)
  
  
まぁ、人間の作ったビデオゲームとの大きな違いは、
  
ゲーム内のキャラクターが傷ついても、
誰も痛みを感じませんが、
  
物理次元をプレイ中の人間は、
「実際に(精神的・肉体的)苦痛を感じる」ってことですね。


mixiチェック

haxe501 at 18:25│clip!