2021年03月23日

世界平和になっても、仕事は厳しい

私のイメージする世界平和は、
みんな「幸せ」で、「やりたい事」をやっていて、
  
でも、「仕事だけ」はちょっと厳しくて。
  
  
「素直」で、継続的に「勉強」と「努力」を重ね、
「自分に厳しく、他人に対して愛のある人」が仕事で成功する。
  
そんな世界。
  
  
仕事はスポーツと同じだからね。
  
たとえ世界平和になっても、「スポーツの厳しさ」は変わらない。
  
  
何の努力も練習していない人間が、オリンピックで金メダルを獲る。
  
そんな「八百長」みたいな「不公平」な世界は、誰も望んでない。
  
  
「引き寄せの法則」の本を読むだけとか、「思い込み」のチカラで、
スポーツの世界で「世界一」になれたら、誰も努力や練習をしない。
  
  
私は「贅沢」とか、「金持ちの趣味」に興味あるけど、
  
ほとんどの人は、それほど経済力が高く無くても
「日々の平凡な生活」に幸福を感じられるからね。
  
  
そもそも、ほとんどの人は、
  
真剣に努力してまで、
「金持ちになりたい」というモチベーションも無い。
  
  
「玉の輿」とか、「宝くじ」とかで、
「ラクして金持ち」にはなりたいかも知れないけど、
  
「毎日努力して金持ち」になら、別になりたくないと思ってる。
  
  
だから、みんな金持ちにならなくて良いし、
  
そもそも、努力を惜しまず生きてまで、
「金持ちになりたい」と思ってる人は少数派。
  
  
絶対数を比較したら、
「田舎でのんびり暮らしたい人」の方が多いはず。
  
  
みんな、「お金」よりも「幸せ」の方が欲しいし、
  
「誰もが金持ち」にはなれないけど、
「誰もが幸せ」になることは出来る。
  
  
科学技術が発展して、人類全体の生活が便利になれば、
「貧しい人」でもその恩恵を受けられるしね。
  
  
世界が平和になっても、「仕事の厳しさ」だけは変わらない。
  
  
ビジネスをする人間は、
  
「夢・情熱・愛」と、
「素直な気持ち」と、
「自分への厳しさ」と、
「継続的な勉強と努力(自己研鑽)」が大事。


mixiチェック

haxe501 at 16:10│clip!