2021年03月14日

何度でも言うけど、世界平和の話

「金持ち喧嘩せず」って言葉もあるけど、
「幸せな人、精神的に満たされている人同士」は喧嘩しない。
  
  
だから、「人類の大半が幸せな人」になれば「世界平和」
  
  
その為には、「まず自分を幸せにする事」が最優先。
  
  
「幸せ(な生活)」とは、
  
1 感情
2 経済
3 健康
4 人間関係
5 情熱、やりがい
  
が「良好な状態」であること。
  
  
でも、「現状に満足している人」は、
  
しんどい事をしてまで、「今以上の幸福」を追求しようとしない。
  
  
【 神社に行って「世界平和を願います」って願う人 】がいたとして、
  
その人に、「今以上の自身の幸福の為に、最大限努力できますか?」
  
って聞いてみると、どうなんだろうね。
  
  
実際には、やりたくない人が多いかも。
  
  
  
人類全体にアンケートを取ったら、
「世界は平和の方が良い」と思っている人の方が多いだろうけど、
  
「その為に、自分の幸福を追求できますか?」って聞いたら、
  
「口を濁す人」が多いんじゃないかな?
  
  
  
私は心理のプロ。 
  
世界を動かすために、
「個人個人の意志なんて、頼りにならない事」を理解している。
  
「ゴミを捨てるな」って言っても、捨てる人間はいるんだから。
  
  
「個人個人の意志」に頼って世の中が良くなるんだったら、
  
【「壁に貼ってるポスター」だけで差別を無くせる 】よ。
  
  
つまり、必要なのは個人個人の意志ではなくて、【 強制力 】
  
  
人類が「幸せにならざるを得ない状況」を作り出すこと。
  
  
その強制力を働かせる方法は、
  
常に客観的で中立な【 科学と論理のチカラ 】しか無いんだよね。
  
  
「祈り」も良いけど、最終的には「科学」なんだよね。
  
  
人間心理を「自然法則・物理学の観点で」に理解すること。
  
それが広まったら、世界平和達成。 
  
  
「何らかの現象」が存在していて、「その現象」に対して
「自然法則が働いていないこと」なんて有り得ないんだから。
  
  
世界中の学者が、その観点で研究し始めたら、
  
いくらでも「素晴らしい発明」が開発される。
  
  
逆に言うと、
  
【「現代主流の心理学」ってのは「統計&経験則ベース」で役立たず 】
  
  
理屈としては、とってもカンタン。


mixiチェック

haxe501 at 12:35│clip!