2020年11月23日

美容整形について その2

引き続き、美容整形について考えましたが、
  
【 どのように、人の顔を見て「整形してそうかどうか?」】
を感じるかというと、
  
美容整形をしたい人の多くは、
  
【 マンガやアニメの「美形キャラクター」に寄せたい 】
と思っていると思いますし、
  
美容外科医の人も、
「こうすれば顔のバランスが良くなる」という、
  
ある程度のセオリーを持っていると思います。
  
  
要するに、「傾向」がある訳ですね。
  
  
で、顔を美形に寄せようとしたら、
  
「目、鼻、口、頬」などの中で、
「美形からズレている部分」から手を付けると思うんですね。
  
  
だから、「顔の部品」の中で、
「美形からズレている部分・特徴」を持っている人は、
  
「整形してなさそうだ…」という印象になるのです。
  
(例えば、アイドルですが元SMAPのメンバーなどは、
 整形してなさそうな顔に見えます)
  
  
「もし整形しているならば、
 美形からズレてる部分からイジってるハズだ!」
  
「美形からズレてる部分があえて残ってると言う事は、
 整形していないと言うことか?」
  
という推測ですね。
  
  
逆の観点から言うと、
  
人間は「人の顔」を覚える時に、
その人の「特徴的な部分」で覚えようとします。
  
  
「厚い唇」とか、「細い目」とか、「大きな鼻」とか、
むしろ、美形からズレている部分があると、
   
人間は、その人の顔を覚えやすいんです。
   
   
美容整形をどこまでもやっていくと、
生まれ持った「オリジナルの特徴」がどんどん消えていくので、
  
過度に整形をしている人は、
「みんな同じ顔」のように見えてくるのです。
  
  
美形ということは、
逆にいうと「特徴がない」という事ですから。
   
他人に顔を覚えてもらいにくくなる。
  
    
それが、デメリットですね。
  
  
美容整形は、「広範囲にわたってデメリット」が存在するので、
  
メリットとデメリットを整理して、
「総合的にメリットが勝る人」はやれば良いと思いますけどね。
   
   
私が思う、美容整形をやった方が良い人は、
  
【「顔の造り」が人間関係の足を引っ張っている人 】
  
はやったら良いと思い生ます。
  
  
例えば、目が細すぎて、
「目つきが悪い」と思われてしまうとか。
  
過度の垂れ目で「頼りない」と思われてしまうとか。
  
  
まぁ、自信を持ってニコニコするとか、精神面で
印象はそれなりにカバー出来るかも知れませんけどね。
  
  
悪気は全くないのに、
「悪印象をもたれてしまう顔の造り」になってしまっている人は、
  
美容整形するメリットの方が勝ると思いますね。
      
  
「具体的な悪影響」がある訳なので。
  
  
きっと、そういう人は、
人口全体のうち、数パーセントは存在していると思います。
  
  
  
でも、価値観は人それぞれだと思いますけど、
  
「美形に思われたい、モテたい」っていう動機だと、
ちょっと慎重になった方がいいと思います。
  
  
例えば、私自身が美容整形をするとするならば、
  
「鼻」を変えるかなぁと思うんですけど、
もうちょっと「先の尖った鼻」にした方が、美形に寄ると思うので。
  
  
でも、顔を変えて、それで「カッコいい」と言われても、
私の場合、素直に受け取れないと思います。
  
「整形したからカッコいいと言われたのか?
 整形していなくてもカッコいいと言われていたのか?」
  
とか、いろいろ考えそうです。
  
  
それに、美的感覚は人それぞれの部分もあるので、
一定数、「前の方が良かった!」という人もいるでしょうからね。
  
  
それに、「整形して美形になっても当たり前」だと、
印象にマイナス補正が掛かったり、
  
整形(人工的な美しさ)自体に
マイナスのイメージを持つ人も多いわけで。
    
  
要は、中途半端な覚悟ではダメですね。
  
  
私は、ネガティブな親(いわゆる毒親)だったら、
縁を切れば良いと思いますけど、
   
それって、「過去の自分を断ち切る」って事ですからね。
   
   
それなりに、覚悟が要ります。
  
  
「これまでの顔を捨てる! 未練は無い!」
 
って気持ちを持てたら、
何もメンタル上の問題は無いと思いますが、
  
そこが中途半端になってしまうと、
「思い悩む種」になってしまいそうです。
  
  
例えば、芸能人とかだったら、
【「仕事の為」っていう覚悟 】があると思うんですよね。
  
  
それでも、芸能人でも整形していることを公表せず、
事実を隠している人ばっかりですよ。
  
  
それは、美容整形自体にマイナスイメージがあるからですし、
  
「世間に対して隠し事を抱えながら生きる」ってのは、
あまり気持ちの良い生活ではありませんしね。
  
  
人生に影響するメリットとデメリットを計算して、
「メリットの方が勝る」と結論を出し、
    
「デメリットを引き受ける覚悟」を持てたら、
思い悩むことも無いと思いますが、
  
私自身に関しては、デメリットの方が多いと思うので、
必要性は感じないですね。
  
  
それが、明快な判断基準かなと思います。
  
  
まぁどの道、安易に決めるテーマでは無いと思います。
  
  
なぜなら、普通の人が思うよりも、
「顔を変える事での人生への影響」ってのは広範囲にわたるからです。


mixiチェック

haxe501 at 16:07│clip!