2020年10月09日

ワクチンへの期待

ワクチンには、
  
・生ワクチン
・不活性化ワクチン
・トキソイド
  
の大きく3種類があり、
  
  
生ワクチンは、
「弱めた細菌・ウイルスそのもの」を接種する。
  
  
生ワクチンは、「風疹、水疱瘡、おたふく風邪」など、
  
「子供の頃に一度罹ったら、その後一生罹らない」様な、
獲得免疫が一生続く病原体に対して有効。
  
  
しかし、新型コロナウイルスは現状それに当てはまらないので、
対新型コロナウイルス感染症で開発中なのは、「不活性化ワクチン」
  
  
不活性化ワクチンは、「病原体の一部分だけ」を使う。
  
  
しかし、「不活性化ワクチン」で得られる免疫は、
「生ワクチン」に比べると、効果も弱く長くは続かないとされている。
  
  
というか、新型コロナに感染しても、
「無症状で終わる人」も多い訳で、
    
既に免疫を持っている人も多いかもしれない中で、
全国民にワクチン接種を推し進めるというのは効率的にどうなんだ?
  
   
まぁ、何が言いたいのかというと、
  
「ワクチンに対して無知」のまま、
「ワクチンに期待しすぎない様に」ってこと。
  
  
通常、ワクチンの開発には
5年、10年単位の年月が必要とされている中で、
  
短期間で急いで作り上げたワクチンだし、
副作用(副反応)だって、どうなるかわからない。
  
それに、「抗ウイルス薬」にも副作用があるモノが多い。
  
  
インフルエンザだって、予防接種はあるけど、
完全に解決できている訳じゃない。
  
  
新型コロナに関しては、
一度治っても、「再感染する可能性の報告」が多い。
  
  
つまり、ワクチンが出来た程度じゃ、
「生活」も「経済」も、さして変わらない。
  
  
・マスク生活
・アルコール消毒生活
・ソーシャルディスタンス生活は、
  
急場で用意したワクチン程度では終わらない。
  
  
経済的ダメージは深まる一方で、景気へのダメージは底知れない。
  
それを防げるのは、私の技術だけだ。


mixiチェック

haxe501 at 01:34│clip!