2020年10月08日

現代の機械で計測できないエネルギー

私の「新型コロナ解決法」の動画で、
  
常識を覆される第一の事実は、
  
「人間は、現代の機械で計測できないエネルギーを
 感じたり、放ったりできる」
  
って所だと思うけど、
  
よくよく考えてみると、
人間は当たり前にそれらを感じているんだよね。
  
  
感情の話以外にも、
  
たとえば、赤ちゃんとか、異性とかを抱きしめた時に、
何らかのエネルギーを感じることがあると思う。
  
「充電させて!」と言って、ハグをする人もいるが、
一体何を充電しているというのか?
  
充電した感覚があるから、「充電」と呼ぶのだろう。
  
  
料理をする時、同じレシピ、同じ素材でも、
料理が好きな人と嫌いな人で、味に大きな違いが出るし、
  
「音楽や美術などの芸術作品」にも、エネルギーは宿る。
  
  
音楽や美術が好きな人は、
作品から何らかのエネルギーを感じる感覚を知っているはずだ。
  
  
クラシックが好きな人なら、同じ楽曲でも演奏者によって
「技術以外の部分」で何か感じられるモノが違う感覚を知っているはず。
  
  
昔は私も、「歌い出し」から聴衆を引き込む歌を歌える人は、
上手さだけって訳じゃないし、「何が違うのだろう?」と思っていたけど、
  
今思えば、あれはチャネリングによる波動の影響だった訳だ。
  
  
私が見る限り、ゴッホの絵にもエネルギーは宿っている。
  
  
俳優や声優も、役になり切る時にチャネリングを使っている。
  
  
アンジャッシュの児嶋さんが、
  
堺雅人さんが半沢直樹を演じる時に、
「(身体に)半沢を入れる」という表現をしていたし、
  
声優の林原めぐみさんは、自らを「イタコ声優」と呼ぶ。
  
  
私は、チャネリングをする時にエネルギーを体に通す時、
柔軟体操っぽく首を捻ったり体を震わせるが、
  
あれは、チャネリングを行う人間であれば、
誰でもやる行為だと思うし、
  
どうやら俳優さんや声優さんもやっているらしい。
  
  
これだけの「状況証拠」が揃っていながら、
  
・現代の機械で計測できないエネルギーの存在を否定すること
・そのエネルギーを人間が感じたり、操ったり出来ることを否定することは、
  
「概念的思考、論理的思考」ができない人間の、
【 先入観と感情による意見 】だとしか思えない訳で。
  
  
  
これを、科学的(物理学的)に検証する価値が無いと断罪できる人間はいるのか?
  
もしいたら、そいつは「科学とはなんぞや」を理解していないアホだ。
   
  
  
私は、便宜上、現代の機械で測定できないエネルギーを「波動」と呼んでいるが、
これは物理学でいうところの「電磁波」みたいなモノだと思っている。
  
  
電磁波の「定義・概念」というのは、
  
・電波(ラジオ・携帯・Wi-Fiなど)
・光(赤外線・可視光線・紫外線)
・放射線(X線、ガンマ線)
  
などを含み、非常に広い意味を内包している。
  
01nyumon_02_3


2a029649e48883a37110b0b55251165e


ただ、細かく正確に分類できている訳でも無いので、
電磁波の様にひっくるめて、ざっくりと「波動」と呼んでいるだけだ。
  
別に、いずれ細かく分類できる時が来たなら、
「まったく違う名前」で呼称しようが構わないけどね。
  
  
で、ここまで論理的・科学的に考えられる私が、
  
【 そのエネルギーが「ウイルスに大きく影響できる」】
って事実を発見し、確信を持っている訳で、
  
世界中の科学者たちもその事実を認めた暁には、
「ノーベル賞ちょうだいね」って事ですよ。
  
いくら人間が足掻いても、真実は変わらないしね。 
  
自然の仕組みを活用することはできても、
自然の摂理自体は変えられない。
  
  
そして、17世紀の科学革命の様に、
  
「既存の常識を大きく覆す発見をした科学者」ほど、
偉人として歴史に名を刻むことになる。
  
コペルニクス、ケプラー、ガリレオ、ニュートンたちの様に。


mixiチェック

haxe501 at 14:51│clip!