2020年09月23日

オーストラリアの妙(マンデラ・エフェクト)

今現在、オーストラリアとパプアニューギニアってめっちゃ近い事になってるのに、
調べても「東南アジアとオーストラリアの交流の歴史」が良く分からなくて
  
大航海時代にも探索されなくて、
イギリスに開拓されるまで未開の地で歴史がよく分かってないってなってる。
  
  
普通に考えて、そんなワケ無いやろ。
  
  
あんだけ近かったら東南アジア諸国と歴史的に強い繋がりがあって然り。
  
しかも、エアーズロックの周辺、めっちゃ草木生えてる。
  
119738495_3299499970104134_2389996990150530570_n

  
119703141_3299576543429810_3722412126568343702_n

  
  
一面エアーズロックの色と同じく、赤茶の岩石砂漠やったやろがい。
  
  
しかも、岩石に対しても植物は生えるのに、
エアーズロックには一本も草木が生えていないのが、
  
生物学的におかしいし、風景自体が非常に不自然。
  
  
マンデラ・エフェクトも、辻褄合わせがヘタクソだな。
  
  
しかも、映画「世界の中心で愛を叫ぶ」を確認したら、
ラストシーンでエアーズロック(ウルル)が映ってないのよ。
  
ロケ地も変わってる事になってる。
  
ウルルって物語のめっちゃ大事なトコやん! そこ妥協するトコちゃうで!


mixiチェック

haxe501 at 14:46│clip!