2020年02月18日

世界平和の実現方法

世界平和をどう実現するのか?
  
というと、
  
  
【「自分と他人、両方の幸せ」を望む人間 】に影響力を与え、
    
自分の目的の為に
【「他人に害」を与えようとする人間 】からは、影響力を奪う。
   
「自己保身のために、他人を犠牲にする人間」や、
「テロ活動を行う人間」たちから、チカラを奪う。
    
  
「善人・ポジティブな人間」にパワーを与え、
「悪人・ネガティブな人間」からパワーを奪う。
    
シンプルに、それだけ。
  
  
私はただ、それだけを目指して、日々の情報発信を行っている。
  
  
では、なぜ悪人からチカラを奪えないのか?というと、
  
  
大衆が、
     
・影響力を持った悪人を善人だと誤解している
・嘘の情報発信に、まんまと騙されている
・さらに、自分たちが騙されてきた事を認めたくない
  
という状態だから。
  
  
その状態を覆せるのは、【 揺るぎない「真実」の情報 】しかない。
  
  
アメリカだろうが、ロシアだろうが、
中国だろうが、中東だろうが、
  
「数学」と「理科」の学問で教える内容は同じ。
  
  
「国語、社会(歴史)」などで教える内容は、
それぞれの国家や文化によって、全く違うだろうけど。
  
  
それは何故か?というと、
  
【 数学と理科は、人間の主観を排除した客観的な学問 】だから。
  
【 自然法則、自然の摂理を客観的に眺める学問 】だから。
  
  
つまり、「論理(ロジック)に基づく学問」は、
  
「世界共通言語、共通認識である」という事。
  
  
だからこそ、
人間の精神を物理学的に、ロジカルに解明することで、
    
人間の精神に対する「世界共通認識」を構築することができる。
  
  
これは、キリスト教徒と言えども、イスラム教徒と言えども、抗えない。
  
  
【 人間の精神に対する世界共通認識を構築 】できれば、
  
「思想の違い」が原因の「争い事」なんて無くなってしまうのだ。
  
  
今現在、既に解明されている
「数学の定理、方程式」や「理科の法則」で、
  
正しい、間違っていると論争している国同士があるだろうか?
  
  
論争しているのは、【「経済」や「価値観」の問題 】だろう?
  
理科や数学の話じゃない。
  
  
人間の精神に対する世界共通認識が持てれば、世界から争いが消える。
 
そして、世界は平和になる。
  
  
世界が平和になれば、
「自然環境の保全」にもっと意識を向けられる。
    
  
ワイン(原料のブドウの出来は土壌や天候に左右される)も、
鮨や刺身に使われる魚介類も、
    
「自然の恩恵」でしかない。
  
  
自然が破壊されれば、それは「食文化の破壊」になる。
 
  
私は「美味いもの」が好きだから、それは避けたい。
 
  
世界が平和にならなきゃ、
いずれ【 美味いものが食えない世界 】になっちゃう。
  
  
だから私は自分個人の為にも、世界平和を望む。
 
  
別に、道徳心ばかりじゃない。


mixiチェック

haxe501 at 10:50│clip!