2020年01月26日

判断基準

昨日、生徒から「判断に悩む」という相談を受けました。
  
  
私は、「判断に悩む」ということが、日常ほとんどありません。
  
リサーチによって「必要な情報」さえ集まれば、
速やかに判断を下すことができます。 
  
  
それは、あらゆる物事に対し、判断基準が明確だからです。
  
  
  
例えば、YouTuberって儲かるのかな?って事をテーマに例えると、
  
「自分はYouTuberをやらない」という判断を迅速に下せます。
  
  
  
なぜなら、どんなにラクに儲かりそうな事でも、
  
【 肉体労働、時間労働、ルーチンワークはやらない! 】
  
と決めているからです。
  
  
その時間と労力があるなら、クリエイティブな頭脳労働をします。
  
  
例えば、世界トップのユーチューバーの収入は、
「年間で十数億円(17億円くらい?)」です。
  
毎日動画を撮影して、編集して、アップしまくって、それです。
 
  
ヒカキンさんでも、6億円くらいですかね?
  
古い情報かもしれませんし、
10億円以上あるという情報もあります。
  
  
噂なので、正確じゃないかも知れませんけど。 
  
  
一方、私が目指しているのは、
  
ハリーポッターの作者「J・K・ローリングさん」のような、 
収入のスタイルです。
  
  
彼女は、動画なんか撮らずに毎日寝ていても、
「毎年数十億円規模の印税」を受け取っていると思います。
  
資産は、千億円規模らしいです。
  
私が見ているのは、兆や京の世界ですが。
  
  
私は、頭脳労働が大好きで、肉体労働、時間労働が大嫌いです。
  
  
どんなに儲かりそうだと言われても、
  
肉体労働で得られる報酬って、天井が見えちゃってるんですよ。
  
  
私にとっては、天井が見えている時点で魅力がない。
  
  
なので、私はYouTuberという仕事に魅力を感じないのです。
  
  
つまり、判断に悩む人間は、
  
1.ゴールが明確に決まっていない
2.ゴールを全速力で目指すという心構えがない
  
という事です。
 
  
「1Km先の1億円」を全力で取りに行こうとしている時に、
違う方向に落ちている近所の100円が気になりますか?って事です。
    
  
恋愛での悩みも同じです。
  
  
「パートナーに求める条件」が決まっていないから、悩むのです。
 
  
私個人には、「こういう人が良い」という条件が決まっています。
  
  
「相性」が良くて、「向上心」を保ち続けられるかどうか?
  
あらゆる面で、精神的に成長し続けられるかどうか?
  
  
その条件に、ハマるか? ハマらないか? だけです。
  
(ビジネスパートナーも一緒ですね。)
  
  
条件の下限が決まっているので、下限を下回っているものは、
  
「検討のテーブル」にも乗りません。
  
  
容赦無く切断(カット)です。
  
  
  
1.ゴールが決まっている
2.ゴールを全速力で目指したい
  
そんな前提条件が揃っていれば、
 
あとは、ゴール達成に役立つ対象かどうか?
  
「リスク」と「コスパ」を総合的に考えるだけです。
  
  
「ゴール達成に役立たない」のであれば、
検討のテーブルにすら乗りません。
  
  
他人に何かを言われたとか、何も私の判断には影響を及ぼしません。
  
セールスマンが、
私に説得して要らないモノを買わせようとしても、無理です。
  
相手が誠実なセールスマンじゃないと、私とは会話になりません。
  
  
  
もし、エターナル・タリズマンの購入を悩む、迷うという人がいたら、
  
まず私は、「人生をどうしていきたいのか?」を聞きますね。
  
(コンサルティングする時も一緒ですけど)
  
  
ゴールが決まれば、
  
・それに役立つアイテムかどうか?
・費用対効果はどれくらいか?
・リスクは何か?
 
という事を整理していけば、自ずと答えは出てきます。
  
  
別に私は欲しくない人に売ろうなんて一切思いませんからね。
  
情報を整理して、明確な判断基準を持ってもらう事をサポートするだけです。
  
  
うーん、私ってマジで「AI」みたいな思考回路してますな。
  
「ユーモア」や「お笑い」は大好きですけど。


mixiチェック

haxe501 at 19:46│clip!