2019年11月27日

本質と哲学と科学

今日はちょっと「言語学」や「哲学」に関わる話をします。
  
  
私はよく「本質」という言葉を使いますが、
  
【 一体、「本質」ってなんでしょうね? 】
  
それ単体だと、抽象的で、漠然としていて、曖昧な言葉です。
  
  
私の考える本質とは、
  
【 全てに共通する要素 】です。
  
  
そして、言い換えれば、
  
それは【 定義 】という言葉になります。
  
  
  
例えば、「果物の本質」とは何でしょうか?
  
あらゆる果物の全てに共通する要素です。
  
  
そしてそれは、「果物の定義」とほぼ同じ意味になります。
  
  
小学生の頃、【 スイカは、野菜か? 果物か? 】
  
というようなクイズが流行りました。
  
  
「畑で出来るのが野菜で、木に生るのが果物じゃないか?」
  
という話なんですけどね。
  
  
一般的には、「甘い果実」が果物とされているでしょう。
  
  
でも、「ドラゴンフルーツ」はそんなに甘くないし、
  
「アボカド」は野菜? それとも果物?
  
  
「甘くないけどフルーツっぽいモノ」はどっちに分類・定義する?
  
  
逆に、フルーツトマトは、甘いけどトマトですよ?
  
  
  
結局、何が野菜か、何が果物かは、【 人間が決める 】という事です。
  
  
で、哲学者はここからまた、
  
「人間の認知・認識とは…」とか、
ややこしい事を考え始めるかも知れませんが…。
  
  
一方、私の場合はここで「科学者脳」が働く訳ですけど、
  
人間が決めることは、科学的とは言えないのです。
  
  
科学とは、「人間の見方」を排除した
  
【 客観的・自然的な視点 】で物事を眺める事です。
  
  
だから、科学者(生物学者・植物学者)というのは、
  
特定の植物を「野菜だ」とか、「果物だ」とか、
そういった分類をしないハズです。  
  
  
植物を分類するときは、
「単子葉、双子葉」「針葉樹、広葉樹」
  
そういう分類の仕方です。
  
  
  
例えば、「お肉が食べたいなー」とか言ったときに、
アフリカなら、「サルの肉」が食べられているかも知れないし、
  
「オヤツが食べたいなー」とか言ったら、
「コオロギ」とかも食べられているかも知れない。
  
  
結局、
  
・何が食えるか? 食えないか?
・何が食用に適しているか? 適していないか?
  
というのは、人間の主観であって、科学ではありません。
  
  
食用植物でいうと、
「品種改良などの開発・発明」は行われるかもしれませんけどね。
  
  
確かに発明は「科学の知識」をベースに行われますが、
  
「科学者の役割」が【 自然のメカニズムを解き明かす事 】であれば、
  
  
発明家の役割は、科学の知識を使って、
【 人間の役に立つ実用的な素材・製品を開発する事 】です。
  
  
  
で、「果物の本質」に戻りますけど、結論を言えば、
  
【 万人が納得する「果物の本質」など無い 】という事です。
  
  
なぜなら、人それぞれが主観で決める事だから。
  
  
例えば、品種改良や遺伝子操作で、
  
野菜と果物をかけ合わせた、
新しい植物が出来たらどうですか?
  
それは、果物になる? 野菜になる?
  
  
そんなのは、人間が決める事。
  
  
そして、「人間が決めること」は科学ではありません。
  
  
【 自然が決めている事 】が、科学です。
  
  
昆虫の定義は、
「頭、胸、腹」に分かれていて、「足が六本」です。
  
これが、【 昆虫の本質 】です。
  
  
これは、科学的な視点です。
  
  
  
でも、目の前の食用植物が、
  
「野菜か? 果物か?」というのは、
  
まったく、科学的な視点では無いという事です。
  
  
何が言いたいか?っていうと、
  
【 本物の「本質」ってのは、「科学が解明する事」】です。
  
  
哲学者が「果物」や「野菜」の事を考えたって、
何も出てこないですよ。
    
  
  
一番私が言いたい事は、
  
【 本質とは、科学 】なのです。
  
  
【 科学によってのみ、解明されること 】です。
  
  
  
・教育の本質とは…?
・ビジネスの本質とは…?
  
という言い回しがありますけど、
  
それも、科学(自然法則)がベースになければ、
「真の本質」とは言えません。
  
  
エセ本質です。
  
  
  
私は、科学者です。 
  
  
科学的視点で心理法則を解明してきました。
  
  
だから、私は本質を語れるし、
本質を活用して効果的な成果を上げることが出来るのです。
  
  
科学がベースにあるから、意図的に発明もできるのです。
  
  
  
真の「本質」とは、哲学ではなくて、
  
【 科学で扱われるべき要素 】なのです。
  
  
  
そして、人類は「科学的な心理法則」を理解していないから、
  
人間の本質がわからないのです。(肉体面ではなく精神面)
  
  
  
たとえば、
  
・オシャレの本質とは何か? 
・人は、なぜオシャレをするのか?
  
  
本当にその意味と本質を理解しようと思ったら、
  
「科学的な心理法則」を理解している必要があるのです。
  
  
人間の心理法則が理解できれば、
  
【 人間がオシャレをする意味とオシャレの本質 】が理解できて、
  
  
「人間がオシャレをする理由を満たすこと」
  
を狙った商品・サービスを作れるというという事です。


mixiチェック

haxe501 at 11:58│clip!