2019年10月25日

人間関係の掟

人生と社会は、「愛し合い、助け合い」で成り立っている。
  
  
赤の他人を愛し、助けようとするから、
赤の他人から愛され、助けられる。
  
時間差(タイムラグ)はあるかもしれないけど。
  
  
他人を愛そうとしない、助けようとしない。
  
なら、【 貧しくて孤独な人間 】になるしか無いだろ?
  
  
家族だけが大事と思ってる人間はアホだ。
  
  
「家族からの物理的な助け」と、「1億円」
  
どっちが頼りになる?って聞いたら、
「1億円の方が頼りになる」って言うんだよ。
  
  
お金っていうのは、
赤の他人から助けてもらう為のチケットなんだよ。
  
そして、赤の他人を助けたら、そのチケットがもらえるんだよ。
  
  
・無人島で家族と暮らす?(赤の他人の助けは得られない)
・社会の中で一人暮らし。(他人の作ったモノ、サービスが買える)
  
どっちが頼りになる?
  
  
家族より、赤の他人の方が頼りになるんじゃん。
  
  
それに、家族だろうと、赤の他人だろうと、
無責任な人間は、あらゆる人間関係から弾かれる。
  
  
家族であろうと、離婚や勘当が起こる。
  
  
【「人情(愛情)」より「義理(責任)」の方が重たい 】のが、
全てに通じる人間関係の掟。
  
  
いくら話が合って面白い相手でも、
  
「毎回約束をすっぽかす相手」
「借りた金を返さない相手」と仲良い友達でいられるか?
  
  
無責任な人間とは、
血の繋がった家族であったとしても、誰も付き合いたがらない。
  
  
無責任な人間は、「孤独老人、下流老人」になるしか無い。


mixiチェック

haxe501 at 10:28│clip!