2019年10月23日

真実が広まらない理由

前回の記事を踏まえて、
  
【 中井貴雄の語る「わかりやす〜い、真実の話」】が、  
  
なぜ、世に広まらないのか?って事について、
解説していきたいと思うけど、
  
  
まず、「精神科医」や「ハーバード大学の心理学教授」が、
  
「中井貴雄! 素晴らしい! エクセレント!」
と、高く評価することはあり得ない訳です。
  
  
なぜなら、私の解説している内容は、
  
彼らが「学んできた事、教えてきた事、やっている仕事」を
根底から覆し、ほとんど「全否定する内容」だからです。
  
  
精神科医や心理学教授たちが、
「中井貴雄を認める」という事は、
  
【 自分の地位も、名誉も、権威も、お金も、何もかも失う 】
という事に直結しています。
  
だから、口が裂けても「いいね!」なんて言えない訳です。
  
  
言ってくれたら嬉しいですけど、
彼らが私を認めることは決して無いでしょう。
  
  
  
そして、もう一点。    
  
例えば、ハウスメーカーを例に出すと、
  
・セキスイハイム
・タマホーム
・ダイワハウス
・ミサワホーム
・住友林業
  
テレビCMしている会社がそれぞれありますけど、
   
素人目から見て、
どこがどう違うのか、把握していますか?
  
  
していないでしょう?(笑) 
  
  
素人目線から見れば、
プロの実力なんて見分けがつかないんですよ。
  
プロ目線から、わかりやすく解説してもらわない限り。
  
  
だから、素人目線から見て、
  
・どの精神科医が正しい事を言っているのか?  
・どの臨床心理士が正しい事を言っているのか?
・どの心理学教授が正しい事を言っているのか?
  
わかりっこ無いんですよ。
  
  
じゃあ、心理の業界では、
どうやって学ぶ人を選ぶと思いますか?
  
  
1.自分を肯定してくれる人
2.自分と考えが近い人
3.テレビに出演していた人  
  
です。
  
  
誰が正しいかどうか? 見分けがつかないんだから。
  
  
でも、その選び方は【 宗教と同じ 】ですよ?(笑)
  
  
どの宗教を選ぶのか? 
どの占い師を選ぶのか?
  
  
多くの人は、
  
1.自分を肯定してくれる人
2.自分と考えが近い人 
3.テレビに出演していた人  
  
という基準で選んでいます。
  
  
【 誰が真実を語っているのか? 】という基準では選んでいません。
  
そもそも、素人は「プロの実力」を見抜けないからです。
  
  
飲食店ならわかりますけどね。
  
日々利用していますから。 舌が肥えてきます。
  
  
カップラーメンのオタクは、
どこのメーカーが、どんなカップ麺を作るのか?
  
細かく分析できているでしょう。
  
豊富な経験値がありますからね。
  
  
それならば、
「プロの実力を見抜く目を持っている」と言えるでしょう。
  
  
でも、先の例で「ハウスメーカー」を出したのは、
人生で家を買う経験なんて、あまりない事だから、
  
「家を買う経験も無いのに、プロの実力も分かんないでしょ?」
  
って話です。
  
  
  
という事で、心理という業界の話をすると、
  
・同業者は私を支持しない。 失うのが怖いから。
・素人も、経験が浅いからプロの実力を見抜けない。
  
  
だから、私の知識は広まっていないのです。
  
  
私自身は、全力で広めようとしていますよ?
  
でも、いくら孤軍奮闘しても、
  
研究は一人で出来ても、
広めるということに関しては、人海戦術なんですよ。
  
人手が必要なのです。
  
  
私以外に、心理を広められるのは、
私の生徒だけです。
  
メディアの取材依頼も来ないしね。
  
  
私の生徒がだらしなかったら、私の心理は広まらず、
  
戦争も、虐待も、イジメも、何もかも止まりません。
  
  
逆に、私の心理が広まったら、ピタっと止まります。
  
  
人が揉めるのは、
「互いに相手が悪い」と思っているからです。
  
  
そんな揉め事を仲裁するには、
  
【 客観的な第三者視点 】が必要でしょう?
  
  
じゃあ、その頼りになる第三者視点って何ですか?っていうと、
  
【 論理と法則 】ですよ。
  
  
それ以外に、「絶対的に中立なモノ」などありませんからね。
  
  
精神科医や心理学教授も、
中立な視点を大事にしていると思いますよ。
  
だから、「統計データ」をアテにしているのです。
  
  
統計も、正しく扱えば中立的です。
  
  
でも、統計データじゃ、
  
「人の思想の歪み」を指摘することは出来ないでしょう?
  
  
統計データを使って、
自爆テロや無差別殺人の無意味さを説明できるんですか?(笑)
  
統計データの解説で、犯人を止められるんですか?(笑)
  
  
「人それぞれの考え方」に足を踏み入れるなら、
やはり、統計データではなく、「論理のチカラ」が必要なのです。
  
  
私の記事の読者も、私の論理的な解説によって、
   
だいぶ考えが矯正されているでしょう?
  
  
別に、私は洗脳していないでしょ?
  
私は事実を淡々と述べているだけで、
読者も、【 事実を事実だと理解しただけ 】です。
  
  
事実だと理解できるから、
私の解説に感情的に反発したくても、抗えないのでしょう?(笑)
  
  
「事実を論理的に解説すること」は、【 感情を凌駕する 】のです。
  
  
  
とりあえず、私の研究内容は、
優秀すぎて、凄すぎて、同業者からの支持を得られない。
  
だから、広まらないという事です。
  
  
これは、「科学や学会の世界」でも良くある事ですよ。
  
「既存の常識を覆す説」は、感情的に反発されるのです。
  
  
私から言わせると、「それでも科学者かよ!」って話ですけど。
  
科学者の端くれなら「感情より、論理と理性で判断しやがれ!」って。
  
  
でも、科学者も一人の弱い人間です。
  
真実をねじ曲げてでも、
【 自分の「地位、名誉、権威、お金」は守りたい 】のです。
  
  
一方私は、真実と心中する覚悟です。
  
ガリレオ・ガリレイやニコラ・テスラみたいにね。
  
  
それが、【 真の科学者の態度 】だと思いますけどね。
  
  
みなさんが日々、電気や機械のおかげで
便利に暮らせているのも、
  
科学者が「電気の仕組み」という【 真実を解明したから 】ですよ?


mixiチェック

haxe501 at 11:02│clip!