2019年10月22日

無駄な勉強、無駄な努力

私が最近、生徒に対してよく話すことですが、
  
【 あなたは、「精神科医」や「ハーバード大学の心理学教授」より、
  心理について詳しいですよね? 】
  
って話をするんですよ。
   
  
そりゃ、精神科医も、ハーバード大学の教授も、
「学校の勉強」はめちゃくちゃ出来るだろうし、
  
「努力」もしてるだろうし、
人としての「責任感」も強いだろう。
   
「キャリア」も積んでます。 
  
  
  
でも、登山ガイドに例えてみると、
  
走るのはめちゃくちゃ速いけど、
「山頂とはまったく違う方向」に連れていかれる人。
  
ゆっくり歩くけど、
正しい方向で、着実に山頂まで導こうとしてくれている人。
  
  
【 自分が、「早く山頂に辿り着きたい」と思ったとき、
  どっちの登山ガイドに依頼する方が良いですか? 】
  
って聞くんですよ。
  
  
そりゃ後者ですよね?
  
  
どんなに頭が良くて、努力家だとしても、
「そもそもの方向性」が間違っていたら、【 全てが無駄 】なんですよ。
  
  
まず、それが解ってなきゃいけない。
  
  
「正しい方向を知ってる人に学んでラッキーだったね」と。
   
  
  
知性より、努力より、それ以上に大事なことは、
  
【 真実を知っている事 】です。
  
   
敬虔なキリスト教徒やイスラム教徒も、
  
めちゃくちゃ努力して、教義に従っているかもしれない。
  
  
でも、そもそも「教義の中身」が真実とかけ離れて間違っていたら、
  
幸せになれないでしょ?
  
  
「北海道に行きたい!」って言って、
思いっきり南を向いて走っている人がいたらどうですか?
  
絶対に無理でしょう?
  
  
ゆっくりでも、北を向いて歩くことが正解です。
  
  
  
「正しい方向性」を導き出すのは、【 真実の情報 】です。
  
  
名探偵コナンに例えても、
  
江戸川コナンみたいに推理ができなくても、
「犯人を見た! 自分は犯人を知ってる!」ってヤツが最強でしょ(笑)
  
そんな奴がいたら、賢いコナンの出る幕はありません(笑)
  
  
頭が良くなくても、真実を知っている人間が、
  
スムーズに一番高い価値を提供できるのです。


mixiチェック

haxe501 at 08:46│clip!