2019年09月11日

精神性と精神力の鍛え方

ひと昔…、じゃないな、
  
ふた昔くらい前に、
  
・幸せな金持ちになる!
・愛されて金持ちになる!
  
みたいなコンセプトが、
自己啓発書で流行ったと思うけど、
  
  
「幸せな金持ち」になりたければ、
 
【「精神性(優しさ)」と「精神力(強さ)」を鍛えろ 】
  
  
としか言いようがない。
  
  
  
「精神性ってどうやったら高まるのか?」っていうと、
  
・他人の「苦しみ、痛み」をリアルにイメージする
・他人の「苦しみ、痛み」に共感する
  
って事なんだよね。
  
  
「反社会的勢力(暴力団)の人」っていうのは、
精神力は強いけど、精神性が低い。
  
  
それは、奪われる側の人々を自分自身と同一視できないから。
  
  
相手は「自分とは違う生き物」だと思ってるから、
どうなろうとも無関心。
  
  
他人の苦しみや痛みなんかに、いちいち共感しない。
  
想像もしない。
  
  
  
逆に、クジラやイルカが可哀想と思う人は、
  
「もし自分がクジラやイルカの立場なら…」と言う事を、
イメージできるんだよね。
  
  
それこそが、精神性の高さ。
  
  
【 他人(他の存在)の苦しみ、痛みをイメージできる能力 】が、
  
精神性に直結している。
  
  
私、これが高いんだよなー。
  
遠い国で苦しんでいる人の事も、イメージできちゃうから。
  
  
でも、普通の人は、辛くて苦しい事だからやりたがらない。
  
やらないから、精神性が低いままだよ。
  
  
暴力団と一緒で、自分と直接関係ない人は、
「どうなろうと知ったこっちゃない」という事になる。
  
  
逆に精神性が高くなってくると、
それは、「現状を変えたい」という強いモチベーションになる。
  
それは、ビジネスにも活きてくる。
  
  
私は、「他人の苦しみ、痛みを減らすため」に、
商品やサービスの開発をしている訳だから。
  
「自分さえ良ければ他はどうでも良い…」という考えなら、
わざわざそんなことしない。 やりたくならない。
  
  
だから、ビジネスに対するモチベーションも落ちて、
お金も稼げなくなる。
  
  
精神性が極端に低い人は、 
他人から奪う方法でお金を稼ごうとできるけど、
  
精神性が中途半端な人には、奪う手段が使えない。
  
  
お金を得る人は、
精神性が極端に低い人か、極端に高い人か、両極端だな。   
  
精神性が低くても
精神力が強ければ「お金」は稼げるかもしれないけど、
  
「幸せ」を求めるなら、精神性が高くないとダメだ。
  
  
  
そして、精神力っていうのは、
  
【 痛み、苦しみに立ち向かえる覚悟と勇気 】
  
  
これは、修羅場をくぐれば鍛えられるよ。
  
  
つまり、【 厳しい環境に晒されること 】だ。
  
  
私なんか、厳しい環境に晒され過ぎて、
  
今は、精神性(優しさ)より精神力(強さ)の方が
高くなっちゃってる気がする。
  
  
自分も精神のバランス的にはヤクザに近いかもな(笑)


mixiチェック

haxe501 at 11:50│clip!