2019年07月18日

証明できるのか?

私の生徒(リアライザー)が、
  
「中井貴雄の心理メソッド」と
「世間一般の心理学」の違いを説明するときに、
  
  
【 中井心理は、「法則」に基づいているんですよ 】
  
という説明をしているらしいのですが、
  
  
ある人から、
  
「法則って言ってるけど、証明できんのか?
 ニュートンの法則は数式で証明できるけど?」 
  
という風に言われたみたいです。
  
  
私は、そうやって「突っ込んでくる人」が大好きですね。
  
重箱の隅をつついてくる様な人が。
  
  
根拠も無く「盲信」したり、
根拠も無く「斜に構えて疑ったりする人」じゃなくて、
  
思考がロジカルだから。
  
  
  
【「論理」という共通言語 】で会話できるのであれば、
確実に相手と理解し合う事が出来ます。
  
  
論理は数学と同じなので。 
  
扱うのが「数字」なのか「言語(概念)」なのかの違いです。
  
  
こちらが「論理」なのに、
相手が「感情」で話している場合には、
  
残念ながら、理解し合えないのです(笑) 共通言語が違うからです。
  
  
  
じゃあ、その「証明できるのか?」という疑問に対して、
  
私が思いつく「返し(答え)」は何だと思いますか?
  
  
  
《 A.科学的証明について 》
  
・まず、「ビッグバン理論」というのがあるけど、
 ビッグバン自体は証明されている訳では無くて、
  
 「筋の通る説明」を考えていくと、
 「現時点で、一番妥当である」と思われているということ。
  
 完全に証明されていなくても、妥当性が高い場合は、
 その仮説が「事実と仮定」され、頻繁に利用される事がある。
  
  
  
・アインシュタインは、「重力波の存在」を予言したけど、
 その存在は、最近になってようやく実際に確認された。
 
 ブラックホールについても同じだけど、
 
 「ほぼ確実に存在するであろう」と予言されている事でも、
 実際に証明されるまでには、時間が掛かる事もある。
 
 
  
・「ニュートンの数式」では説明できなかったことを、
 「アインシュタインの数式」で説明できるようになった。
 
 「アインシュタインの数式」では説明できなかったことを、
 「超ひも理論の数式」で説明できるようになった。
  
 「つまり、既に証明されている数式」でも、
 あらゆる全ての現象を説明する事はできない。
  
 数式は、時代と共に進化していく。 逆に言うと、不完全。
  
  
  
・考古学などでは、通説が覆される事も多い。
 
 たとえ証明されていなくても、
 仮説を事実と仮定して、話を進めていくしかない分野もある。
  
 そして、その証明されていない仮説が
 小中学校の教科書にも記載されている。
  
  
  
《 B.心理という分野について 》
  
・音楽にも理論というものは存在していて、
 ドミソの様に、人間が「安定を感じる和音」もあれば、
  
 逆に、不協和音の様に「気持ち悪く感じる和音」もある。
  
 それを証明できるのか?って言われたら、
 「実際に音を聞いてみてちょーだいよ!」という風になる。
 
 心理という分野も、理論を証明するためには、
 「自分で感情や意識の動き」を確かめてもらう必要がある。
  
  
 つまり、感覚器官という観点から見ると、
 
 心理は目に見える「物理」や「数学」とは異なる分野であり、
 「料理」や「音楽」など、視覚以外の「聴覚、味覚」を用いる分野に近い。
  
 当然の事ながら、視覚を用いない分野は、
 「視覚以外の感覚器官」を用いる事でしか、証明されない。
  
  
 「砂糖は甘く、塩はしょっぱい味がする」だって?
 証明できるのか? 答えは、「舐めて見ろ」だ。
  
  
  
《 C.大衆の理解について 》
  
・「証明できるのか?」という問いだけど、
  
 例えば、アインシュタインの相対性理論は
 「科学的に証明されている」とされているけど、
  
 その数式を実際に理解できる人は少ないだろう。
  
  
 つまり、「証明されている、されていない」の判断が、
 【 自分自身が内容を理解できたかどうか? 】ではなく、
  
 多くの場合、「世間一般に認められているかどうか?」
 という事にすり替えられている。
  
  
 ガリレオ・ガリレイは、地動説という真実を唱えたが、
 当時の人々には受け入れられなかった。
  
 同じように「証明できるのか?」と言われても、
 当時のガリレオは、全てを理屈で説明できただろう。
  
  
 本来であれば、
  
 「理屈で証明できること」と「世間に認められること」
 には一切の関係がない。
  
  
 でも多くの場合、科学的証明というテーマについて、
  
 「証明できる」=「世間に認められている」
 大学教授が言っていた…、テレビで特集されていた…、
  
 という事と、イコールで考えている人が多い。
  
  
 私から言わせると、
 大学教授の発表やら、テレビの特集やらでも、
 
 統計データを採って、「エビデンス」とか言ってる連中は、
 全員科学的(自然法則)じゃない。
  
  
  
  
…とまぁ、私の「返し(返答)」はこんな感じですかね。
  
  
いやぁ、ロジックって本当に良いですよね。
  
  
論理という共通言語で会話する限り、理解し合えるんだから。
  
  
いつも言っていますが、
  
国語や社会は、国によって教える内容が変わってきますが、
算数と理科は、国によって教える内容は同じです。
  
  
算数と理科は、【 世界共通言語 】なのです。
  
  
それは、算数と理科が【 自然法則と論理の学問 】だからですよ。
  
  
論理は、世界中の人々が理解し合い、共通認識を持つためのツールです。
  
  
【 世界平和の鍵 】なのです。


mixiチェック

haxe501 at 11:21│clip!