2019年07月01日

コミュニケーション能力と多様性

俺は自分でコミュニケーション能力高いと思うけど、
  
別に、辛いことをして鍛えてきたという感覚も無く、
  
人と会話する(笑いを取る)のが好きなのと、
  
一時はセミナーとかやったり、
人を集めてイベントの主催者やったり、
  
あと、心理のプロとして、
「他人に対する恐怖心」を根こそぎ無くしてきたから、
  
自然と高まってきた感じかな。
  
  
そもそも、他人に興味があるし、
それは「自分自身に対する興味」の裏返しでもある
  
やっぱり根柢は【 好奇心 】か。
  
  
ただ、自分のステージが上がるほど、
  
「無駄な付き合い」はしたくないし、
「無駄な会話」もしたくないから、
  
時と場合によっては、
非常にそっけない態度になってしまう。
  
  
でも、それも自分で意図的に選択している訳だからね。
  
  
無視した方が良い時に、無視ができることも、
コミュニケーション能力の高さ。
  
  
場を盛り上げたり、気遣いができるだけが、
コミュニケーション能力じゃない。
  
  
無難な事だけ言って、ヨイショばかりしてる奴を見ても、
私はコミュニケーション能力が高い人間だと微塵も思わない。
  
  
そういう人間は、「厳しさのカード」を使えない。
切れるカードの種類が少ない。 貧弱である。
  
  
そういう人間ほど内面は閉鎖的で、
価値観の違う人間を排斥しようとするからな。
  
  
自分が厳しいことを言わなきゃいけない可能性のある人間を、
ただ自分の世界から排斥してるだけ。
  
  
「多様性を受け入れる事(時代の流れ)」と逆行してる。
  
  
多様性を受け入れるには、
【 高いコミュニケーション能力 】が必要。
  
  
「対人恐怖症」や「コミュ障」の人間に、多様性など無理だよ。


mixiチェック

haxe501 at 09:43│clip!