2019年06月25日

「生殺し」と「生き地獄」

人生って、デフォルトで大変なんだから、
  
それ以上の「楽しみ」や「喜び」を見い出せないとやってられない。
  
  
だから、「毎日を楽しむこと」と、
「未来に楽しい夢を思い描くこと」が非常に重要。
  
  
昔の人は、食料を集めてたら一日が終わってたと思うけど、
今じゃ、食料はカンタンに手に入る。
  
  
楽しくなくて、夢も無くて、
ただ生存しているだけの生活なんて最悪だろ。
  
生殺し、生き地獄。
  
そりゃ、頭が狂ってもおかしくない。
  
  
昔の人は、未来の生存と安定のために、
「遊ばず勉強しろ」と言った。
    
  
今や、「ニート」と「引きこもり」ですら、
生存と安定が保障されている時代。
  
  
私は時代の変化について良く語るけど、 
 
本当に「時代の変化」に常識が追い付いてない。
  
  
人々のライフスタイルは変わっても、常識は変わらないまま。
  
だから、おかしな事になっている。
  
  
ただ生存するだけなら、非常にカンタンな時代になってしまった。
  
  
でも、人々が生存より求めているのは、
  
【 何かしら、自分がやるべき事 】
  
昔の人は、食料を集めることが「やるべき事」だった。
   
  
今の人々は、やるべき事が無いから苦しい。
  
  
ただ生存していても、「生き甲斐」が無いから苦しい。
  
  
今の学校教育の中に、
「生き甲斐を持たせるための教育」があるのか?
  
  
ただ生存できるようになっても、
  
生き甲斐を持たない人間には、地獄しか待ってない。


mixiチェック

haxe501 at 16:27│clip!