2019年06月24日

リアライザー

私は正直、肩書きなんてどうでも良いと思っている人間です。
  
中身や本質以外に興味がない。
  
称号や敬称も、多くの人に理解されやすくする為の、
「単なるツール」としか思ってません。
  
  
ノーベル賞だって、その程度の認識です。
  
どうせ、ノーベル賞をとった人間の「賢さ」や「努力」なんて、
「専門外の凡人」には分かりっこない。
  
でも、分からない人にも、
「それなりに価値や威厳を感じてもらえる」という便利な手段。
  
  
でも、私みたいな人間は少数派で、
やっぱり名前だけでイメージ変わっちゃう人もいるんですねー。
  
  
「名は体を表す」と言いますが、
逆で、【 忠実に体を表す名を付ける事 】の方が大事かと。
  
  
で、私の思想や方向性に共鳴し、協力しようとする人間にも、
  
ひとつの「称号・肩書」を付けてみようと思いました。
  
キリストの弟子が「使徒」と呼ばれるのと同じように。
  
  
私から学び、私と征く道を同じくする人間は、
「realizer(リアライザー)」と呼ぶ事にします。
  
要するに、「具現化する人、体現者」って意味です。
  
  
他にも、realizeには、
  
はっきり理解する、
悟る、
了解する、
理解する、
実現する、
実行する、
(…を)如実に見せる、
写実的にする、
現金に換える、
得る
  
などの意味があり、
  
【 理解して、実行して、現金に換える 】訳ですよ。
  
まさにピッタリ。
  
これ以上無い呼び名でしょう?
  
  
聖賢師父・中井貴雄のリアライザーとして、
  
リアル(現実)を生きて、
理想をリアル(現実化)にしてもらいたいモノです。


mixiチェック

haxe501 at 16:26│clip!