2019年06月19日

お金は使い方が大事

昨日、弟子に話したことなんだけど、
  
寄付が善、納税が善、
「とにかく金を払うことが善」っていう風潮があるけど、
  
それは間違ってるって話。
  
  
ポジティブっていうのは、
平たくいうと「バランスを取る」ってこと。
   
金を出すことが結果的に「バランスを取る」こともあれば、
逆に「バランスを崩す」こともある。
  
  
たとえば、ニートを甘やかして親がお金を出し続けても、
絶対に自立しないし、むしろ逆効果。
  
甘えた人間は、追い詰められないと自立しない。
  
  
他にも、人を殺すことが全体のバランスを取ることだったら、
それはポジティブな行為にもなり得る。
  
  
だから、これだけやっときゃ絶対ポジティブだ!みたいな、
鉄板ネタって言うのは無い。
  
  
目に見える「行動」ではなく、
  
【 目に見えない「目的」と「動機」】こそが重要。
  
  
  
寄付が「バランスを崩す」ことなら、
それは「ネガティブな行為」にもなり得る。
  
  
お金を使うときって、
費用対効果・コストパフォーマンスが極めて重要。
  
コスパが悪い寄付なんかしても、全然ポジティブじゃ無い。
  
ただの無駄銭、無駄遣いだよ。
  
  
お金を出すより、教育を施す事の方がよっぽど価値がある。
  
「魚そのもの」より、「魚の釣り方」って良く言うでしょ。
  
  
ただ、「魚そのもの」を欲しがる人間が多いから、
  
「バラまき政策」は終わらない訳ですが…(笑)
  
  
あと、政治家も官僚も、「魚の釣り方」を知らないからか。
  
  
  
頭を使わず、金だけ出して自画自賛してる人は、
己の「勘違い」を改めた方が良い。
  
  
同じ「1兆円」を慈善事業に費やすなら、
  
世界トップレベルのIT長者よりも、
  
私の方が比較にならんぐらい、
世の中を良くすることに使える。
  
  
「雲泥の差、月とスッポン」の「1万倍」くらいの差だ。


mixiチェック

haxe501 at 11:52│clip!