2019年04月27日

食べ物と人生観

バシャールの言っている、
【 食べ物には人生観が現れる 】
  
っていう話がすごく好きで、
  
「なぜ、その食べ物を選んだか?」
  
という動機が、
【 人生に対する態度そのもの 】なんですって。
  
  
マジ、その通りやなーと思う。
  
  
例えば、食べ物を値段で選ぶ人。 
 
とにかく安く…という人もいれば、
とにかく高いモノを…という人もいる。
  
  
安さを求める人は、節約志向。
高さを求める人は、「高い=高品質」と思い込んでいる
  
  
どちらにしても、
お金に囚われていて、中身が見抜けてないって事ね。
  
人生観自体が、お金やブランドに囚われていて、
中身や価値を見抜けない人。
  
  
「甘いもの」が食べたいときは、
  
誰かに甘えたいのかもしれないし、
人生は甘くないと、人生の厳しさを感じているのかもしれない。
  
って話。
  
  
  
そして、美味しい食べ物が好きな人は、人生を楽しみたい人。
  
  
  
私がお酒を飲む理由は、
  
味や香りへの好奇心と、
仕事から意識を離して、リラックスしたいって所かな。
  
  
私は、お酒だったら大抵なんでも飲む。
  
日本酒、焼酎、カクテル、ウイスキー、ブランデー
ワイン、ジン、ラム、テキーラ…、
  
もちろん、そのなかで銘柄の好みはあるけどね。
  
基本的には、刺激や雑味が少なくて、
優しくて水みたいに滑らかな口当たりのお酒が好き。
  
  
私がお酒(プライベートタイム)に求めるのは、
刺激より優しさって所かな(笑)
  
  
ワインだったら、白も赤も飲むし、
自分の好みと違っても、そこから何かを学び取ろうとする。
  
そういう姿勢が、マスターにも評価されていて、
  
自分は白しか飲まない、赤しか飲まない、
ボルドーしか飲まない。
チリやカリフォルニアばかり飲む。
    
そういう風に、決め切っている人もいるらしい。
  
  
でも、それって自分の狭い経験値と先入観で、
レッテルを貼っているってことになる。
  
  
きっと、そういう人は、
  
人生観においても、他の分野にしても、  
先入観で決めつけるのが好きなんだろうな。
  
  
その分だけ、見落としている隠された魅力には気づけない。
  
  
それって、損だと思うけどなー。


mixiチェック

haxe501 at 00:18│clip!