2019年02月26日

時間の話

人生を80年だと仮定したら、
「25億秒」になるわけだけど、
    
その中で、気合を入れて、
人間としてハイパフォーマンスを発揮できるのは、
  
20代〜40代の「30年」くらいかな。
  
  
30年は、だいたい9億秒になるわけだけど、
  
睡眠や休息の時間を3分の1マイナスすると、
【 6億秒 】ってことになる。
  
  
サラリーマンの人だったら、
多くの時間が「労働時間と通勤時間」に取られるから、
  
「元気かつ自由な時間」というのは、
  
人生の中で、【 2億秒 】にも満たないかもしれないね。
  
  
【 6億秒 】だろうと、【 2億秒 】だろうと、
  
その中で、どれだけのことができるのか?
  
  
「100万回やってやる!」とか言う人いるけど、
  
まったく現実的じゃない。
  
  
例えば、1回の動作に1分40秒(100秒)かけるとしたら、
  
1億秒を使って、ようやく100万回になるってこと。
  
  
スポーツ選手だって、
おんなじ動作を100万回もやってない。
  
  
そもそも、365日 × 30年 = 10950日だからね。
  
28年間、休まず毎日100回くらい何かをこなして、
ようやく100万回達成。
  
で、毎日100回も何をする気?ってこと。
  
  
  
話は変わって、  
  
時給900円だとしたら、一時間が3600秒。
  
だから、1円を稼ぐのに4秒費やしている事になる。
  
  
もし時給が3600円だったら、1秒で1円稼ぐことになり、
  
一般的には、「かなり時給が高い仕事」って事になる。
  
  
ほとんどの人間(日本人)は、
【 一秒間を使って、一円の価値すら生み出していない 】
  
これが、客観的な事実。
  
  
だから、5億秒を仕事に費やしても、
  
5億円稼げる人はそうそう居ないわけだ。
  
  
もちろん、お金だけで仕事のすべてを計れるわけじゃないけど、
参考や指標にはなる。
  
  
で、あなたは自分の持てる1秒間(の労働)を、
  
どれくらいの価値にしたいと思いますか?って話。


mixiチェック

haxe501 at 12:45│clip!