2019年01月27日

バランスの法則

根本の「宇宙の法則って何か?」っていうと、
  
振り子のように、右に傾いたら、次は左へと、
「バランスを取ろうとする動き」が常に働いているって話。
  
バランスが取れている状態が自然で安定しているから、
その自然な方向にチカラが働いていくのは、当然のこと。
  
  
もし、宇宙に「バランスの法則」がなければどうなるか?
  
  
この世に「分解」と「結合」のチカラがあるとして、
  
分解のチカラの方が強かったら、
なぜ、単細胞生物から、多細胞生物が生まれるのか?
  
なぜ、チリが集まって星になるのか?
  
  
分解のチカラが強ければ、
自分なんてバラバラにされちゃうんじゃないか?
  
  
  
逆に、「結合」のチカラの方が強かったら、
  
太陽系の惑星なんて、
全部太陽に吸収されちゃってるんじゃないか?
    
宇宙の星々ぜんぶ、ひとつのブラックホールに
吸収されちゃうんじゃないか?
  
  
タイムラグはあったとしても、
  
「分解(分散)と結合のチカラ」が、トータルで拮抗し、
バランスが取れているからこそ、
  
バランスよく恒星の周りを惑星が回り、
惑星の周りを衛星が回るんじゃないか?
    
  
ちょうど良いバランスじゃないと、人類は生きていられないはず。
  
  
人体が、血液の塩分濃度を一定に保とうとするのもバランス。
  
コーヒーとミルクを混ぜて、均一の色になるのも、
バランスが取れた状態に落ち着こうとするからでしょ?
  
自転車が前に進むのも、綱渡りができるのも、
左右のバランスが取れているから。
  
  
和音はバランスが取れているから心地よく感じて、
不協和音はバランスが崩れているから不快に感じる。
  
美味しい料理やお酒は、味と香りのバランスが取れているから。
  
  
私は、何を見ても、
そこに「バランスのチカラ」が働いている事を感じられる。
  
  
じゃあ、人間心理の話になるけど、
  
いきなり殴られたら、殴り返したくなるでしょ?
  
これも、バランス。
  
  
ものすごく他人のお世話になったら、恩返ししたくなるでしょ?
  
これも、バランス。
  
  
心理にも、物理と同じく
「バランスの法則が働いている事」なんて、簡単にわかるじゃん。
  
って話。
  
  
あったり前の話なんだよね。
  
  
ニュートンが、リンゴが落ちるのを見て、
  
重力や遠心力は、
月や太陽にも働いているのではないか?
  
と、着想したのと同じ。
  
  
ただ、バランスが取られるまでにタイムラグがあったり、
人間自身が無意識に「バランスの働きに抵抗」しちゃったりするから、
  
わかりにくいってだけ。
  
  
で、意図的に「心(精神)のバランスを取る方法」を体得したら、
「幸せになれる」って話。


mixiチェック

haxe501 at 17:04│clip!