2019年01月14日

宗教組織の構図

多くの宗教組織の構図っていうのは、

基本的に「末端の信者たち」は優しくて親切な人ばかり。


教祖や上層部も、信者に対して
「他人には親切にしなさい、徳を積みなさい」と、

もっともらしい事を教える。


でも実際には、宗教の上層部は、
【 信者の「善意」と「無意識レベルの依存心」を利用 】して、
金を稼いでいるに過ぎない。


信者たちは、
そんな教祖や上層部を盲目的に信じている。

実際には【 腹黒い 】としても…。


つまり、

・「腹黒教祖」と、
・「無知でお人好しの信者」たち…、


これが、多くの宗教組織の構図なんだけれども、

実は、宗教だけじゃなくて、
「親子関係」や「政治、国家」にも言える話。


子供は親の「あなたの為だから勉強しなさい」を
盲目的に信じる。

国民は、政治や政府、インテリ有名人が
自分や社会をなんとかしてくれると盲目的に信じる。


実際には、「保身最優先の腹黒野郎」かも知れないのに…ね。


「無知」と「お人好し」こそ、
教祖と上層部が甘い汁を吸い続けられる要因。


「無知でお人好しな人々」こそが、
【「口は綺麗だけど腹は黒い」上層の人間 】の生活を支えている。


高額な自己啓発セミナー業界にも言える事だな。


「目上の人間は裏切るんだ」って事を、
初めに理解しておいた方が良い。

鵜呑みにしない方が良いし、何でも疑ってかかった方が良い。

そういう態度で生きるからこそ、本当に良い人も見抜ける様になる。


それを知らないのは、あまりにも世間知らず。


世間と人生舐めってちゃ痛い目見るぜ。


国民が「したたか」じゃ無いと、
腹黒野郎は排除できないし、国も栄えないって事。


「無知」と「お人好し」は、【 腹黒野郎の私腹を肥やす栄養分 】だ。


mixiチェック

haxe501 at 12:15│clip!