2018年11月28日

約9年前を振り返って

「自信・セルフイメージ」で人生が決まる。
  
  
これは、私が当時25歳、
つまり約9年前から言い続けていることです。
  
  
ちょうど、「セルフイメージを高める方法」について、
セミナーをしていた頃の記事を見つけました。
  
  
2009年06月24日「セルフイメージのすすめ」
http://growheart.livedoor.biz/archives/51226583.html
  
2009年08月31日「8月30日の講演を終えて」
http://growheart.livedoor.biz/archives/51281943.html
  
2008年11月13日「恐怖を捨てる」  
http://growheart.livedoor.biz/archives/51137360.html
  
  
さすがに、文章の書き方が若いですな。
  
    
でも、伝えている事の本筋は、
この頃から一切変わっていないという証明です。
  
  
25歳の時点で、
  
既に問いの「本質」と「答え」に辿り着いていた、
飛び抜けた天才だったわけですが、
  
10年の時を経ても、
まったく理解されていなくて悲しいですな(笑) 
  
  
未だに、古臭い古典の心理学や自己啓発が、
支持されているわけですから。
  
  
で、今日も飛躍的に
「セルフイメージを高める方法」を思いつきました。
  
  
私は、何か発見があると、
何でもかんでも、伝えたくて仕方がない。
  
  
で、その新たに発見した方法について書こうかな…

と思ったのですが、どうも筆が乗らない。
  
  
私は、読者の思考を想定しながら、
理解しやすい様に組み立てて書いているのですが、
    
今日はこれまでと何かが違い、
  
その「読者の思考の想定」の段階で、
何かが躓いています。
  
  
どの様に書こうとも、
まったく伝わらない気がしてしまうのです。
  
  
決して理解されない壁みたいなモノを感じます。
  
  
集合意識の状態が変化した影響ですかね。
  
  
めちゃくちゃ良いことを思いついたのに、
伝えられないのがもどかしいですな。
  
  
まぁ、そもそも本気で自信を高めたがっている人が
そんなに居ないか。
  
副作用の「一時的な不快感」に耐え切れないから。 


mixiチェック

haxe501 at 17:05│clip!