2018年11月18日

ケチのデメリット

ケチな人は、幸せにはなれない。
  
「幸せ」より「お金」を大事にしてるから。
  
ちょっとお金を払えば、幸せになれる状況でも、
お金をケチって、幸せを犠牲にする。
   
   
  
ケチな人は、ビジネスで成功できない。
  
自分が「できる限りお金を払いたくない人間」だから、
「他人もお金を払いたくないだろうなぁ」と思って、
  
他人にお金を請求することが難しく感じてしまう。
  
  
  
ケチな人は、
「得られる価値を見抜く・費用対効果を考える」のではなく、
  
「自分の財布事情」と「金額」だけで、高いか安いかを計る。   
  
なので、「掘り出し物」を手に入れることが出来ない。
  
  
無駄遣いを嫌い、費用対効果を重視する人間と、
  
ただただ、金を払いたくない「守銭奴」とは、
 
根柢がまったく違う。
  
  
費用対効果を重視する人間は、
  
高い価値を感じたら、いくらでもお金を払う。
  
  
だから、自分が「相手にとって高い価値」を提供している
という自負があるとき、
    
自分もお金を受け取って当然だと思える。


mixiチェック

haxe501 at 16:15│clip!