2018年06月16日

人間のややこしい精神構造

人間の精神構造は、
非常にややこしい仕組みになっています。
  
  
誰が言い始めたことかは知りませんが、
  
実際に人間の精神は、
  
・顕在意識(表層意識)
・潜在意識(深層意識)
  
に、分かれています。  
    
よく、「氷山の一角」に例えられますね。
  
    
昔の心理学者のアドラーという人は、
「潜在意識」や「トラウマ」の存在を否定していますけど、
  
残念ながら、実際には明確に存在しているモノです。
  
  
私はよく、顕在意識と潜在意識の関係を、
「鉄人28号」に例えます。
  
要は、「巨大ロボット」と「それを操縦する人間」です。
  
  
しかし、多くの人がこの巨大ロボットを上手く操れません(笑)
  
なぜなら、巨大ロボットを操る為の、
【 リモコンの操作方法 】を知らないからです。
  
  
だから、自分の意図通りに動かす事が出来ないのです。
  
  
実際には、「顕在意識」だけでは無く、
「潜在意識」にも意思があります。
   
  
鉄人28号は、ただ操られるだけかも知れませんが、
潜在意識という巨大ロボットには、意思があるのです。
  
  
ですから、大事な事は、
  
【「潜在意識と顕在意識の目的」を合致させて、
  協力し合って生きていく事 】
  
なのです。
   
  
よく、バシャールが
  
【「ハート」と「マインド」のバランス・調和 】
  
という話をしますが、全く同じことです。
  
  
で、多くの人の潜在意識の中身はどうなっているでしょうか?
  
  
「ポジティブな想い」と「ネガティブな想い」が、
それぞれ戦っていて、葛藤していて、疲弊しているのです。
  
  
しかも、その争いの様子を、顕在意識では
手に取るようにカンタンに認識できる訳ではありません。
  
  
本当に、ややこしいですね(笑)
  
自分の精神の内部で起こっている事なのに、
自分の顕在意識では、サッパリ把握できないのです。
  
  
要は、
  
・顕在意識
・ネガティブ潜在意識
・ポジティブ潜在意識
  
それぞれが、
「それぞれの立場での意思を持っている」のです。
  
  
いわゆる、【 三つ巴 】ってヤツですね。  
  
  
一人の人間の中に、「三種の意思」が宿っているのです。
  
本当に、ややこしい事になっています。
  
  
それで私(顕在意識)はどうしたか?というと、  
  
「ポジティブ潜在意識」に力を与え、
「ネガティブ潜在意識」を一掃させた訳です。
  
  
そうしたから、今の私は
  
「顕在意識」と「ポジティブ潜在意識」が、
同じ目的の下、協力し合って生きている訳です。
  
  
ただ、ネガティブ潜在意識が、
完全にゼロになる事はありません。
  
しかし私は、ネガティブ潜在意識が
勢力を強めないように、自己管理をしている訳ですね。
  
  
  
・ポジティブに生きる
・幸せに生きる
・快適に生きる
  
こういう事を目指すのであれば、
  
私と同じように、
  
「ポジティブ潜在意識」の勢力を強め、
「ネガティブ潜在意識」を弱体化させていく必要があります。 
  
  
では、どうすれば良いでしょう?
  
  
まず初めにやるべき事は、
ポジティブ潜在意識…、ネガティブ潜在意識…、
  
【 その両方の意思を汲み取る事 】です。
  
  
まず、両方の状態がどうなっているのか?
  
出来る限り把握しなければなりません。
  
  
その為に、【 感じる事 】が必要になってくる訳です。
  
  
いくら考えても、潜在意識の意思は読み取れません。
  
【 感じる事でしか、潜在意識の意思は読み取れない 】のです。
  
  
「心の声」を感じようとすることで、
  
「潜在意識の意思や価値観」を汲み取る事が出来るのです。
  
  
自分の「潜在意識の状態」を理解する事で、
  
「意識の三つ巴」を鎮め、
精神エネルギーの無駄な浪費を防ぐことができるのです。
   
   
例えば、「ダイエット」を例に取ると、
「ダイエットしたい!」と思っても続かない人は、
  
ネガティブ潜在意識が、
  
・痩せたくない!
・痩せると損をする!
・どうせ無駄だ!
・どうせ無理だ!
・食事制限や運動が面倒くさい! やりたくない!
    
などの意思を持っているからです。
  
  
そういう「ネガティブ潜在意識の想い」を鎮めないと、
「ダイエットに対するやる気」も削がれてしまいます。
  
  
それを解消する為には、
  
「ネガティブ潜在意識の意思」を汲み取った上で、
ネガティブな主張の根拠を、全て潰していく事が必要になります。
  
  
そうすれば、
「ダイエットに抵抗する気持ち(想い)」が消え失せて、
  
ダイエットに集中する事ができます。
  
  
まぁ、このような仕組みになっている訳です。 
   
  
ですが!
  
ここからが一番重要なポイントです。
  
  
多くの人は、
【 自分の心の声を汲み取る 】という時点で、躓いています。
  
  
ポジティブ側の声も、ネガティブ側の声も、
その両方を汲み取れていないのです。
  
  
要は、【 感じる事を自ら拒否している 】のです。
  
  
理由はいろいろありそうですが、代表的な例では、
  
・ポジティブな想いを認めても、どうせ叶わないと思っている
・ネガティブな想い自体、抱いてはいけないと思っている
  
という所だと思います。
  
  
以前、記事にも書きましたけどね。
  
・行動は有罪、気持ちは無罪
http://growheart.livedoor.biz/archives/52049611.html
  
  
例えば人間が、
殺意を抱いた瞬間に他人を殺す生き物だとしたら、
  
私は小学生の時点で何人も殺しているし、
何回も殺されているでしょう(笑)
  
  
でも、そうなっていないのは、たとえ殺意を抱いても、
人間はカンタンには他人を殺さないからです。
  
  
それに、「あー、もう死にたいわ〜」という気持ちが沸いても、
すぐに自殺する訳でもありません。
  
  
「自分のネガティブな気持ち、想い」
を認めるのが怖い人もいるかもしれませんが、 
   
それを認めたところで、実際に行動に移す訳ではありません。
  
  
どんな気持ちが沸いても、行動に移す訳じゃ無いんだから、
とりあえず、潜在意識の声は全て汲み取った方が良いのです。
  
  
潜在意識は、深い繋がりを持っていると言っても、
「顕在意識にとっては他人みたいなモノ」でもあります。 
  
他人が殺意を抱いいて、それを汲み取ってあげる。 共感してあげる。
  
それは罪になんてならないでしょ? 悪い事でも無いでしょ?
  
  
あと、ポジティブ潜在意識の声を聞きたくないのは、
  
ポジティブ潜在意識の発する
「やりたいこと、叶えたいこと」を汲み取っても、
  
「自分にはどうせ無理だ…」という、
【 ネガティブ潜在意識の勢力が強いから 】です。
  
  
あとは、他人の評価を気にしすぎて、
とにかく模範的に生きよう、模範的に答えようとして、
  
「自分の本当の気持ち」なんて無視して、
  
【 他人にウケが良いと思われる生き方、答え 】ばかりを
目指している人も多いでしょう。
  
  
そんな事をしていても、潜在意識の声は汲み取れません。
  
  
しかし、これからの時代、
  
自分の精神内の【 三つ巴 】を放置していたら、
どんどん苦しくなっていきます。
  
  
・腹を括って、潜在意識をポジティブ一色にするか?
・諦めて、潜在意識をネガティブ一色になるか?
  
  
そういう、二極化の時代なのです。
  
  
「中途半端に、どっちつかずでブラブラする…」
と言うことが、
  
もう不可能な時代になってくるのです。
  
  
中途半端にどっちつかずでブラブラしている人は、
必ず、どっち側に転ぶのか、決断を迫られる事になります。
  
   
要は、腹を括るのか? 諦めるのか?
  
それを選択しなければならない状況まで、
極限まで苦しい状況まで、
  
【 ことごとく、追い詰められる 】という事です。
  
  
  
もし、意識の「三つ巴」を解消し、
ポジティブ一色にしたければ、
  
まず何よりも、積極的に、
【 両方の潜在意識の声を汲み取る習慣 】が必要なのです。
  
  
と、ここまで書きましたが、
  
今回の話は、今私が本当に伝えたい事ではありません。
  
  
本当に伝えたいとを伝えるための、予備知識です。
  
  
なので、この予備知識を踏まえて、
  
本題は、次回以降に持ち越したいと思います。


mixiチェック

haxe501 at 13:06│clip!