2018年05月25日

人間の真の愚かさ

人間は、事実を脳内で歪曲できるから、
どこまでも現実逃避を続けられる。
  
現実逃避を続けられるから、「心の痛み」に鈍くなる。
  
「心の痛み」に鈍いから、
己の本心を無視して長期的に損をする選択をしがち。
   
  
これは、人間の「生物としての欠陥」なんじゃないか?と思う。
  
  
私は、人間は「無知だから愚か」なんだと思っていた。
  
でも実際は全然違っていた。
  
知識を与えても、
「知識を無意識レベルで拒否する」のが人間の真の愚かさ。
  
  
人間には、可能性がある…なんて言うけど、
そもそも人間は、自滅するかAIに滅ぼされて当然の生き物じゃないか?
  
知識を与えられても、自ら知識を拒否し、
能動的に「愚かな選択を選ぶ」んだから。
  
    
例外は、私がポジティブに教育した子供だけ。
  
私が育てた子供は、
「圧倒的にポジティブになる」という確信がある。
  
子供のうちは、何色にも染まっていないから。
  
  
今のネガティブな人間たちをポジティブにするのは諦めて、
子供たちに未来を託した方が良いのではないだろうか?
  
  
一度、ネガティブ(無責任)に染まった人間は、
  
周りからどれだけ絶大なサポートを受けたとしても、
「そうそう変わらない」って事が、身に染みてわかった。
  
  
地球(人類文明)の未来存続を思うなら、  
自らポジティブに変わっていく気がない現在のネガティブな大人たちには、
  
全員死んでもらった方が良いかもしれない。
  
  
  
…でも、
  
ネガティブな人間は「子供や地球の未来」より、
己の保身が一番だから、
  
「地球の未来」や「将来性ある罪なき子供たち」を「犠牲」にして、
少しでも長く自分個人だけ逃げようとするんだよな。
  
これ以上無い!ってぐらいに、ハタ迷惑な話だよ。


mixiチェック

haxe501 at 22:22│clip!