2018年04月27日

人生の可能性は、想像の限界を遥かに超える

私は、非常にヴィジョナリーな人間です。
  
未来の可能性について考えたり、
想像を膨らませたりするのが好きです。
  
  
ヴィジョナリーな私は、
「成功する自分のイメージ」を明確に持つ事も出来るし、
  
「他人が成功した姿」のイメージも、
明確に持つ事が出来ます。
  
  
私が、他人の「服装」や「高級ブランド品」を
コーディネイトする時には、
  
そういう、
【 相手が経済的に成功している未来の姿 】のイメージを元に、
  
そのイメージに近づけていくためのアイテムを選んでいます。
  
  
私は、他人の成功している姿が見えるので、
  
・相手がちゃんと「成功」に向かっているのか?
・それとも、「ズレた方向」に向かっているのか?
  
それを、感覚的に察知する事が出来ます。
  
  
でも、実際には、
私には「他人の成功した未来の姿」が明確に見えていたとしても、
    
「本人にはまったく自覚が無い…」という事ばかりです。
  
  
私にとって当たり前の、
この【 ヴィジョンを視るチカラ 】は、
  
独自の才能なのかも知れませんね。
  
  
「他人には全く見えていないモノが、自分には明確に見えちゃう」
っていう状態は、コミュニケーションで苦労しますね。
  
  
だって、相手には見えていないモノについて語ったら、
「奇人扱い」ですから。
  
  
でも、それは相手が自己中心的な視点で考えているからで、 
  
実際には、「本人には理解不能な事」も当たり前の様に存在しています。
  
  
「無知」や「理解不能」を悪い事だと思って、否定しているから、
  
理解不能な事に出会ったら、
「自分が無知なんじゃ無くて、周囲や他人がおかしいんだ!」
   
と、思いたくなる訳です。 
  
  
「幽霊が見える、オーラが見える、守護霊が見える…」
  
そんな事を言う人の方が、
「頭がオカシイんだ!」と思いたくなる。
  
  
でも、私には見えるんです。
  
幽霊じゃ無くて、未来が…。
  
  
正確には、未来の【 可能性 】です。
  
  
もちろん、未来の結果なんて、
人の意志次第でコロコロ変わります。
  
  
でも、私には「あらゆる可能性が見えます」
  
  
囲碁、将棋、オセロなど、ボードゲーム達人は、
「可能性に思いを巡らせ、先手を読んでいく」と思いますが、
  
私の場合、それが【「人生」というジャンル 】なのです。
  
  
自分や他人が、
  
・精神的にも経済的にも、成功している姿…、
・精神苦、経済苦で、自殺しそうになる姿…、
  
その両方の可能性が、私には見えているのです。
  
  
でも、ほとんどの人にはソレが見えません。 
  
  
多くの人は、人生で起こりうる「上下の振り幅」を、
「非常に狭いモノ」としてイメージしています。
  
  
でも、それは真実ではありません。
  
  
人生で起こりうる「可能性の振り幅」は、
  
【 非常に! 非常に! 非常に! 広く! 広く! 】
  
設定されているのです。
  
  
天井も見えないし、底も見えないくらいです。
  
  
例えば、私が15歳や20歳の時にイメージした未来と、
現在の私のライフスタイルや精神状態は、まったく異なります。
  
【 想像を遥かに超えて、良い状態 】なのです。
  
  
人生では、
「想像以上に良い生活が手に入るもんなんだな…」と思います。
  
  
想像力がたくましい私でも、
想像すら出来なかった事が、人生で起こるのです。
  
  
【 自分の狭い想像力なんかで、人生の可能性は計れない 】
  
って事ですよ。 良い方にも、悪い方にも。 
  
  
最高の可能性もあれば、最悪の可能性もある。
  
  
【 己の想像を、遥かに超える振り幅 】が設定されている…、
  
それが、人生というモノなのです。
  
  
人間の想像力では計り切れないのが、人生なのです。
  
  
だから、あんまり
「自分はよく分かってる…」なんて思わない方が良い。
  
  
あらゆる事に対して、
  
【 よく分かっていない事を前提 】に、生きた方が良いんですよ。
  
  
  
私が提唱しているのは、
  
・「心理」(情熱・人間関係)
・「経済」(時間・お金)
・「健康」(元気・若々しさ)  
  
全ての両立と、バランスの取れたライフスタイルです。
  
  
それで、はこぶね倶楽部に入ってくるメンバーも、  
この「基本コンセプト」に惹かれている人が多いです。
  
  
だから、メンバーのやりたい仕事も、大体は、
  
【 他人のライフスタイルのバランスを取る仕事 】なのです。
  
  
ただ、目的は一緒でも、手段は無限です。
  
  
その目的の為に、
  
・教育がやりたい人
・モノを作りたい人
・プロデュースしたい人
・コーディネイトしたい人
  
さまざまな手段が存在していますし、
    
  
・心理に特化したい人
・経済に特化したい人
・健康に特化したい人
・プライベートに特化したい人
・仕事に特化したい人
  
さまざまなセグメントが存在していますから、
  
その中で、【 自分だけの役割(やりたい事) 】を担うのです。
  
  
私は、その「役割の特定」が非常に上手です。
  
  
その役割を特定した上で、
  
・マーケティング
・ポジショニング
・ビジネスモデル
  
などを、本人に合わせてカスタマイズして組んでいきます。
  
  
特定のビジネスノウハウを、
全員に当てはめて教えようとするのとは、
  
ひと味も、ふた味も違います。
  
  
人によって「情熱」や「担う領域」が違う以上、
マーケティングもそれによって変化します。
  
  
ですから、ビジネスの具体的な話は、
ブログ記事にあまり書けないのです。
  
  
個人個人で、
「戦略」や「戦術」はことごとく変わってくるからです。
  
  
っていうか、ビジネスで結果を出そうと思ったら、
  
【 95%は、「心理」と「波動」の状態 】で決まります。 
  
  
具体的な戦略や行動なんて、「最後の5%の部分」ですよ。 
  
って言っても、
  
その「最後の5%」が無ければ完成しないのも、
事実ですけどね。
  
  
ですから、「戦略や行動に関する知識や知恵」も必須です。
  
  
自動車で例えるなら、
  
心理と波動は、  
「ガソリン、エンジン、アクセル」で、
  
【 とにかく前に進むため 】に必要な部分。
  
  
具体的な戦略や行動は、
「ブレーキ、ハンドル、ナビゲーション」などの、
  
【 事故を起こさず、目的地にスムーズに辿り着くため 】の部分。
  
  
…って感じですかね。
  
  
どっちもないと、目的地には辿り着けませんが、 
  
先に、「ガソリン、エンジン、アクセル」が必要です。
  
  
その後で、「ブレーキ、ハンドル、ナビゲーション」です。
   
  
「前に進まない自動車」に乗って、
地図だけ先に与えられても、何も起きません。
  
  
でも、【 とにかく前に進めば、何かが起きます! 】  
  
  
とにかく前に進めば、
もしかしたら、その先で地図を持っている人に出会うかもしれません!
  
  
だから、前に進むために必要な、 
  
「心理」と「波動」の方が、先に重要なのです。
  
  
私は「具体的なビジネスノウハウ」もあまり語らないし、
有名でもないから、マーケティングに詳しくないのかな?
  
って思ってた人います?
  
  
残念でした。
  
  
ただ、私の「信念」と「ライフスタイル」を維持しながら、
マーケティングを行っていくには、
  
これまで「人手が無かった」というだけです。
   
(※ それに私個人レベルでは、既に「ゴキゲン生活」ですからね。)
  
  
なぜ、人手が必要か? というと、
  
私が扱っているサービスは【 非常に特殊 】ですから。
  
  
言語化するなら、
【「非常識なコンセプト」を売っている 】のです。
  
  
モノを売るみたいに、
一人で広告宣伝すりゃ良いって訳じゃ無い。
  
  
今まで、人手が無かったので本当に苦労しましたが、
ようやく、人が育ってきました。
  
  
これも、私の「地道な努力の積み重ね」の結果です。
  
あとは、「私を信じ続けた人間」の結果です。
  
  
この状態には、
3年前くらいに、なっていて欲しかったですけどね。
  
  
それが実現できた可能性はあったのに、
  
私の周りの人間が、
私のヴィジョンを理解していなかったからです。
  
  
「3年も無駄にしやがって…」と、悪態を付きたい所ですが、
    
まぁ、これはこれで、私の精神力が鍛えられたので(笑)
  
そういうメリットもありましたけどね。
  
  
まぁ、人手が全滅していたら本当に日本はヤバかったですが、
少し、日本の未来にも希望が持てそうです。
  
  
  
私も人間ですから、
私の「可能性に対する想像力」にも限界があります。
  
  
しかし、ハイヤーマインドは、
  
本人が想像しているよりも、
遥かに素晴らしい未来の可能性を理解しているのです。
  
  
だから、自分の「想像力」なんて、アテにしちゃいけない。
  
  
自分の【 想像外 】の事は、常に存在しているのです。
  
  
その前提で、生きないと。
  
  
想像力のたくましい私でも、想像力に限界があるのです。
  
  
「小さな想像力」しか持っていないのに、
その自分の想像力を「過信」していると、
  
想像外の出来事に、打ちのめされてしまいますよ。
  
  
私は、【 良くも悪くも、想像を超える事が起こる! 】
  
と思っているので、
  
「危機感」も、「夢」も、その両方を持っているのです。
   
   
「危機感」と「夢」と、その両方を持っている人間は、
  
「己の夢を叶え、自己実現する」しかありません。


mixiチェック

haxe501 at 10:12│clip!