2018年04月13日

「死の恐怖」を上回る苦痛

平和ボケしている人は、
タイトルだけで拒絶反応起こりそうですね(笑)
  
ただ、「勇気を持って現実を直視できる人間」だけが、
人生を思い通りにコントロールできるのです。
  
  
先日、人と話していて、
  
「死の恐怖」を乗り越える為の助言をしていました。 
    
  
で、基本的に一般的な人々って言うのは、
  
【「死」に対するイメージ 】が悪すぎるんです。
  
  
私は、「死に対するイメージ」が悪くありません。
  
「イメージが悪く無い」から、【 怖くない 】のです。
  
  
じゃあ、なんで人々は「死」に対するイメージが悪いのか?
  
っていうと、
  
やっぱり、【 存在が消えて無くなってしまう事 】に、
  
ネガティブイメージがあるんですね。
  
  
まぁ、スピリチュアルの世界では、 
  
魂は永遠であり、死後も意識は続くと言われていますが、
  
普通の人は、そういう教育を受けていないので、
  
無意識的に、【「死」=「消滅」】だと思っている訳です。
  
  
私は例えそうだとしても、
  
「無」から生まれて「無」に還るなら、
「別にそれでいいじゃん、自然じゃん」って思います。
  
  
私は、死ぬ事を「ゼロ」だと思っているんですが、
  
死を怖れる人は、死を「マイナス」だと思っているんです。
  
  
その基準が、私とは違う。
  
  
なぜ、死を怖れる一般的な人々は、
  
【 死を「マイナスの出来事」】だと捉えるのでしょう?
  
  
それは、
  
【 この世には、「死ぬより辛い事」が存在する 】
  
という事実を、
「知らないから、理解していないからだな…」と思います。
  
  
年間3万人近く…、ということは、
毎日、日本では80人近くの人が自殺している訳ですが、
   
そういう人たちは、実際に、
「死ぬより辛い苦痛」に遭遇しているのです。
  
  
「治る見込みの無い病気」による【 身体的な激痛 】だったり、
  
はたまた、
「誰も相談できる相手や味方」がいない、【 精神的な苦痛 】だったり…、
  
です。
  
  
自殺のニュースなんて、頻繁にやってるでしょ?
  
ってことは、

【 自殺した人は、「死ぬより辛い苦痛に遭遇した」】って事です。
  
  
これが、事実です。
  
  
でも、激しい苦痛に見舞われても、
実際に死ぬ人は一部ですから、
  
実際に自殺願望を持っている人は、
その「数十倍」は存在しているでしょう。 
  
  
って事は、日本の中で「最低100万人」くらいの人は、
自殺願望に見舞われていると思います。
  
つまり、【 死ぬより辛い苦痛 】に遭遇しているのです。
  
  
日本の中で100万人って、普通に多いでしょう?
  
  
日本の中において、
交通事故で死ぬ人が、年間3000〜4000人です。
  
  
死にたくなるぐらいの苦痛に見舞われ、自殺願望を持つ可能性は、
   
【 交通事故に遭遇するより、よっぽど高い確率・割合 】って事ですよ?
  
  
「交通事故より可能性が高い」のに、
交通事故より、全然気を付けていないですよね?
    
  
水難事故で死ぬより、
「自殺願望を持つ可能性」の方が、よっぽど高いのです。 
  
  
なのに、全然気を付けていません。
  
  
なぜか?
  
  
【 人生では、死ぬより辛い苦痛に遭遇する可能性がある 】
   
っていう「事実そのもの」から目を背けて、
  
「認識する事を拒絶しているから」です。
  
  
つまりは、現実を直視せず、事実を認めず、
   
【 現実逃避 】をしているのです。
  
  
飲酒運転をしながら、「自分は絶対に事故る訳が無い!」
  
と思い込もうとしている人と同じです。
  
  
私は、人生において、
  
【「死ぬより辛い苦痛」が存在している事 】を理解しています。
  
  
私にとっては、

「死ぬより辛い苦痛」こそが、【 マイナス 】です。
  
そして、「死ぬ事」は【 ゼロ 】なのです。
  
  
もし、自分の大切な人、愛する人が、
    
「治る見込みの無い病気」に罹って、
【 毎日、死ぬより辛い激痛 】に見舞われているとしたら、 
  
私は、お医者さんに
「安楽死させてあげて下さい」ってお願いすると思います。
  
  
「死ぬより辛い激痛」が存在するなら、【 死は救い 】なのです。
  
  
人生の中で、辛い境遇の人もいると思いますが、 
もし、自殺願望が沸いていないとしたら、
   
【 人生の底(地獄)というのは、まだまだ深い 】という事です。 
  
  
「死ぬより辛い(精神的・肉体的)激痛がある」
  
という事実を知っているからこそ、
  
私は、【 死に対するイメージが悪く無い 】のです。
  
  
それに、現在生きている人も、
いずれ全員死ぬわけですし、いつ死ぬかもわかりません。 
  
  
誰にでも訪れることを「マイナス」に捉えるのも、どうかと思います。
  
この世に生まれて、生きている事自体が、
既に「大きなマイナス決定」じゃないですか。
    
  
オギャーと生まれた時点で、死ぬ事は決定しているのだから、
  
死が悪い事だというなら、
  
赤ちゃんを産む事自体が、「悪い事をしている」
ってことになっちゃいますよ?
  
  
  
死ぬって事は、「ゼロ」なのです。
  
  
そう思えば、死の恐怖も和らぐでしょう。 
  
  
「死に対する恐怖」を軽減したければ、
  
【 死ぬより辛く苦しい、肉体的苦痛、精神的苦痛が、
  この世には存在している 】
  
その「歴然たる事実」を、ちゃんと真正面から認める事です。
  
  
「死の恐怖」を乗り越える事で、 
 
自分の「生きたい人生」を、生きることが出来るのです。
   
   
それに、「死ぬより辛い事は存在しない」って思っていると、 
 
現に今、「大きな苦痛を感じている人たち」を、
【 存在しないモノとして、無視している事 】になります。
   
「苦しんでいる人たちの存在」を感じていないのであれば、
「苦しんでいる人たちの為に、何かをしよう!」とも思いません。
  
  
「苦しんでいる人たちの存在を無視する」って、
  
私から見れば、【 とても冷たくて、非道い事 】です。
  
  
でも、それが「平和ボケしている人の意識」です。
  
  
平和ボケしている人は、
  
「苦しんでいる人の存在そのもの」を無視していて、
とても冷酷な態度なのです。
  
  
近くにイジメられている人がいても、
その存在すら見ないようにして、無視しているのです。
  
  
当然、「助けの声」を聞く気もなければ、
「助けの手を差し伸べてあげよう」とも思いません。
  
  
冷たいねー。
  
  
事実を直視しなければ、

「まともな感覚、まともな神経」を持つ事は出来ません。 
  
  
「狂った感覚」と「狂った神経」は、
「狂った人生」と「狂った世の中」を生み出します。
  
  
まず、「感覚」と「神経」を【 まとも 】にする為には、
  
たとえ自分に都合の悪いことだとしても、
  
【 事実を直視して、認める事 】から始めなければなりません。
  
  
  
この話も、ニュースを見る時みたいに、
  
「想像力」と「感じる感覚」のスイッチを切って読んでいたら、
まったく意味が無いので、 
  
レストランのメニューを眺めながら、
食べたい料理の味をイメージする様に、
  
ちゃんと【 想像力を働かせる事 】が重要です。


mixiチェック

haxe501 at 17:33│clip!