2018年04月10日

「やる気」の次に大切な事

前回の苦痛の話は、とどのつまり、
「やる気・モチベーションを高める為」の話です。 
   
  
・人生で失敗したら、こんな破滅と地獄を味わう事になるんだ!
  
・破滅と地獄って、こんなに苦しくて辛い事なんだ!
  
  
それをリアルに感じて、理解できれば、
【 成長に対する「やる気」と「モチベーション」が高まる 】
  
という事です。
  
  
結局、「人間は苦しみたくない!」っていう動機が、
一番強いですからね。 
  
「金持ちになりたい!」って気持ちと、
「拷問を受けたくない!」って気持ちだったら、
  
拷問を受けたくない!って気持ちの方が、絶対に強いです。
  
  
「金持ちになれるなら、拷問を受けます!」って人は、
まず居ないでしょう(笑)
  
  
絶対に誰しも、「成功願望」より
【「苦痛を避けたい動機」の方が、強い 】です。
  
  
だからこそ、まずは、
  
もし自分が人生で失敗したら、
【どれほどの苦痛を味わう事になるのか? 】
  
という事を、正しく理解する必要があるのです。
  
  
だからこそ、
  
本当に苦痛を避けたければこそ、
【 苦痛について正しく知る必要がある 】のです。
  
  
本当に、【 人生における地獄と破滅の苦しみ 】がわかれば、 
  
それを「どうしても避けたい!」という気持ちが沸いて自然です。
  
  
で、「やる気」と「モチベーション」が湧いてきたら、 
   
次は、「何をしていけば良いですか?」って話になります。
  
  
【 最優先で何に取り組んで行けば、
  地獄と破滅を回避できるんですか? 】
  
って話です。
  
  
その答えが、【 視野を広げる事 】なのです。
  
  
「視野を広げる事」が、
  
【 地獄と破滅を避けていく上で、最優先となる活動 】です。 
  
  
「視野が広がる」という事には、
   
・「判断力」が高まる
・重要な事と無駄な事の「区別」が付く
・望む結果を出すための「道筋」が見える
   
こういう効果があります。
  
  
人間が、「自分の望む結果」を出そうとすると、
  
何らかの「活動」や「努力」を行うと思います。
  
  
しかし、この世には、
  
【 無駄な活動、無駄な努力 】というモノが存在します。 
  
  
どれだけたくさん活動しても、努力しても、 
  
それが「結果に結びつかない無駄な作業」であれば、 
  
【 自分の望む結果 】を出すことは出来ません。
  
  
例えば、私のライフスタイルを例にしましょう。
  
  
私は、世界最先端の研究や発明をしていながら、
家族との時間を大切にできるくらいの「ゆとり」があります。
  
睡眠時間もたっぷりで、毎日、寝たいだけ寝ています。
    
  
それに、最近は絵の仕事が落ち着いてきたので、
自宅でよくゲームをやってます。
  
「プレイステーション4」や「ニンテンドースイッチ」なんかで(笑)
  
  
あんまり、そういう人っていないと思います。 
  
  
「世界最高レベルの仕事に携わっている人」のほとんどは、
毎日忙しく活動しているでしょう。 
  
  
でも、私は時間的に余裕がある。 何故でしょう?
  
  
それは、一言で言うと、
  
【「無駄な活動・費用対効果の低い活動」を一切していないから… 】 
  
です。
  
  
私が成功を目指し始めた時、
  
私は「斎藤一人さん」に衝撃を受けました。
  
  
社長が旅行に行っているのに、
社員がバリバリ働いて、お金も儲かっている。
  
ここまで「時間」と「お金」と「人間関係」
を両立している人は、いないだろうなと。
  
  
じゃあ、何でそのようなことが可能なのか?
  
  
私なりに分析してみると、 
  
「徹底的に無駄を省いて、
 見栄の為なんかに、一切お金を使わない」
  
「自分は頭脳労働に特化して、
 ルーチンワークは他人にやってもらう」
  
「確固たるブランド(信頼)があり、ファンがいる」
  
そういう所だな…と。
  
  
じゃあ、どうすれば無駄を省けるのか?
  
って事を、私は考え始めました。
  
  
ひとつは、
  
【 結果に繋がらない活動には手を出さない 】
  
【 その活動が望む結果に繋がるかどうか、慎重に見定める 】
  
という事です。 
  
  
で、結果を出すために、
  
【「無駄な事」と「重要な事」を見極める 】には、 
  
それだけの「視野の広さ」が必要となるのです。
  
  
逆に言うと、
  
「視野が狭い」って事はその分だけ、
  
【「無駄な努力・無駄な活動」している可能性と割合 】
が増えていきます。
  
  
例えば、「受験生」や「就活生」の方が、 
  
私なんかよりも、よっぽどたくさん「活動」して、
「努力」もしていると思います。
  
  
じゃあ、受験生や就活生は、
  
私よりも多く「努力」しているから、
私より「優れた結果」を生み出せるでしょうか?
  
  
そんな事は無いですよね?
  
  
【 自分が「情熱を持てる仕事」に就いて、
  その仕事で「経済力」を身に付ける… 】
  
それを目的とするならば、
  
受験勉強も、就職活動も、【 完全に無駄な努力 】です。
  
  
「公務員」や「大企業のサラリーマン」になりたいなら、
「受験」と「就活」を頑張って頂きたいですけどね。 
  
それが必要でしょうから。 
  
  
でも、「受験と就活における努力・活動」というのは、
  
【 ライフワークの自営業 】を目指す上では、
  
一切の関係も必要もありません。 
  
  
自分のやっている努力が、
「自分の望む結果」に結びつかないとすれば、
   
それは【 完全に無駄な努力 】です。
  
  
つまり、「頑張る事」の前に、「賢いこと」の方が大事なのです。
  
【 賢くないままにどれだけ頑張っても、望む結果は出ない 】のです。 
  
  
これも、現実のシビアさです。 
  
  
「石の上にも三年、とにかく続けなさい」と言って、
  
無駄な努力を続けても、何の成果も生まれません。
  
  
努力を始める前に、
「それが有益な努力・活動か? 無駄な努力・活動か?」
  
それを見定める【 知性・視野の広さ 】の方が、
  
「圧倒的に重要」なのです。 
   
  
  
以前にも書きましたが、ゲームで勝つ事と同じです。 
   
【 ルールを理解する前に、ゲームをプレイするな 】という事です。
  
  
麻雀のルールを覚える前に、
賭け麻雀をやっても、負けてお金を失うに決まってます。
  
【 負けるとわかっているゲームをプレイするな 】という事です。
  
  
【 有益か無駄かも「判別が付かない活動」には、手を出すな 】 
という事です。 
  
  
【「無駄に負ける」と決まっている 】のだから。 
  
  
人生を生きるほとんどの人が、
  
「人生がどういうゲームか? どういうルールか?」
それがわからないままに、
    
人生ゲームをプレイしているのです。 
  
  
だから、
「どれだけ努力しても結果が伴わない人」が多いのです。 
  
「自分がどう生きていけば良いのか?」
それが分からずに、混乱している人が多いのです。
  
  
私は、
  
負けるゲームはしたくないし、
勝てるゲームしかしたくありません。
  
  
だから、本当に勝ちたければ、
まず最初にルールを完全に把握するのです。
  
  
もし、本当に、
人生における「地獄と破滅の苦しみ」を避けたいなら、
    
【「人生のルール(概要)」を把握する必要 】があります。 
  
  
「視野が狭い、概要やルールを理解していない」
   
それだけで、もう「無駄な活動、無駄な努力」をしています。
  
  
で、私は視野を広げるための、視点を増やすための記事を書いています。 
  
  
ただ、私の記事を流し読みしても、
理解した事にはならないし、視野は広がっていません。
  
  
「視野が広がる、理解する」って事は、言い換えるなら、
  
【 頭の中のモヤモヤが晴れて、スッキリした感覚になる 】
  
って事です。
  
  
私の記事を読み終わって、
  
・頭の中がモヤモヤしている
・何かが引っかかっている
 
それは、まだ理解できていないって事です。 
 
  
私は、頭の中の「モヤモヤ」や「引っかかり」が大嫌いです。 
 
だから、それを消すために、何事も完全に理解しようとします。 
  
  
頭の中のモヤモヤが晴れて、スッキリした分だけ、 
視野は広がっているのです。
  
「判断力」は高まっているのです。 
  
無駄な努力と、有益な努力が
見定められる様になっているのです。
   
   
「頭の中のモヤモヤを解決せずに放置している」という事は、
何も理解できていない、視野は広がっていない、
  
それは、これからも
【 人生で無駄な努力、無駄な活動を続ける 】という事です。 
   
   
当然、自分の望む結果は出ないし、望まない結果が出るでしょう。 
  
  
【 頭のモヤモヤを晴らした分だけ、人間は成長する 】のです。
    
  
「頭の中のモヤモヤが晴れたこと」を、【 理解できた 】というのです。 
   
  
頭の中のモヤモヤが晴れて、理解ができたら、
  
【 もう、無駄な努力をしなくて済む 】という事です。 
  
  
理解が、無駄な努力を減らすのです。
  
理解が、モチベーションを高めるのです。
  
理解が、結果を出すまでの道筋を示すのです。
  
  
そして、理解とは、
  
【 頭の中のモヤモヤを晴らし、スッキリさせる事 】です。
  
  
それが、成長です。
  
  
私のメッセージが理解できたら、
  
・モチベーションは上がるし、
・無駄な努力は減るし、
・結果を出すまでの道筋も見えてくるし、
   
理解しただけで、自己実現に向かえるのです。 
 
  
逆に言うと、理解できていないのに、
何をやっても「無駄な努力、無駄な活動」です。
  
  
理解が、全てを解決するのです。
  
理解が、成長なのです。
  
  
理解とは、
「モヤモヤを晴らすこと、視野を広げる事」とイコールです。
  
  
理解とは、【 頭の中の「矛盾」や「疑問」を解決する事 】です。
  
  
理解が深まらなければ、何も成長していないのです。 
  
  
じゃあ、今までどれだけの量の情報を得てきて、 
  
それを、どれだけ理解してきたのでしょう? 
   
   
それが、「自分がどれだけ成長できたか?」を示すのです。
  
  
「理解」を重視しない人、
「理解」にフォーカスを当てていない人は、 
 
どれだけ大量の情報を得ても、
中身はまったく成長していないのです。
  
  
延々と、
「結果に繋がらない無駄な努力、無駄な活動」を続けるだけです。
  
  
貴重な「時間」と「お金」と「労力(エネルギー)」を、
  
無駄な事に垂れ流し続けるだけです。


mixiチェック

haxe501 at 15:29│clip!