2018年03月30日

感覚障害と苦痛に耐える許容量

昨日も人と会って、
ポジティブな方向(己の幸せ)に向かいたければ、
    
【「死の恐怖」に立ち向かうより手前に、
 「感じる感覚を高める方」が優先だ 】
  
という話をしました。
  
  
そうしたら、
  
「じゃあ、どうやって感じる感覚を高めれば良いですか?」
  
という質問を受けました。
  
  
もうそれが、「感じる」とういステップを飛ばして
「思考(方法)に逃げている」って事なのです。
  
  
まず、本当に自分が
【「感じる感覚」を高めたい 】と思っているのかどうか?
    
それを「感じる事」からがスタートです。
  
  
他人から、「耳を澄ましてごらん」と言われて、
   
「耳ってどうやって澄ましたら良いですかね?」
   
と、質問している様なモノです。
  
  
「感覚器官を鋭敏にする」という事は、
  
自分がそうしたいと思いさえすれば、
【 身体が自然に反応するモノ 】なのです。
  
  
だから、「耳を澄ましてごらん」と言われて、
  
「耳の澄まし方がわかりません!」という人は、
  
それは、【 小さな音を聞き取る意志が無い 】のです。
   
  
そもそも耳を澄ます意志が無いくせに、
「方法がわからないから、出来ないのも仕方無い…」
  
と、言い訳しようとているのです。
  
  
感覚器官を鋭敏にする為に必要なのは、意志だけです。
  
まぁ、多少は波動的アプローチで、
「感覚を高める為の補助」はできますが、
  
メインとなるのは自分の意志です。
  
  
本人の意志がなければ、補助も無意味なのです。
  
  
潜在意識下の「情熱・感情・意志」をすっ飛ばして、
思考を働かせようとする人は、
  
感情を感じる感覚が麻痺している、
【 感覚障害 】と言っても良いと思います。
  
  
例えば、「知的障害」になってしまうと、
カンタンな事もできなくなりますよね?
  
それと同じように、
  
「感覚障害」に陥ってしまっても、
カンタンな事すら出来なくなります。
  
  
海外に行く気も無いのに、
海外にはどうやって行ったら良いですか?
  
と、平気で方法を質問する訳ですから。
  
  
気持ちがないのに、方法だけ聞いても無駄でしょ?
  
    
「感覚障害」の人は、
「自分の気持ち」がまったくわからなくなっているのです。
  
  
判断基準のベースが、「自分の気持ち」ではなく、
「保身」と「延命」になってしまっているのです。
  
  
気持ちがないのに、方法ばかり追い求める。 
  
それには、生産性が全くありません。
  
  
生産性がないことを、なぜ続けるのか?
  
それは、他人の目を気にしているからです。
  
  
他人から嫌われないように、良く思ってもらえる様に、
  
「自分の気持ちと異なる振る舞い」を、
【 平気でやってしまう癖・習慣 】が身に付いているのです。
    
  
それは、自分の気持ちを蔑ろにする癖・習慣です。
  
自分の気持ちをまったく感じようとしていないから、
わからないのです。
  
  
「死の恐怖」を克服しようとする前に、
  
無意識的に「保身と延命が動機」の行動を取ってしまう、
その「癖・習慣」を徹底的に改める必要があります。
  
  
じゃあ、なぜ「自分の気持ち」を蔑ろにしてまで、
  
「保身と延命」を優先した行動を取るのか?
  
  
人と話していて、解明する事が出来ましたが、
  
それは、【 精神的苦痛 】を極度に怖れているからです。
  
  
自分の気持ちを積極的に感じたり、
  
他人の意向よりも
自分の気持ちを優先して行動しようとすると、
  
【 精神的苦痛 】を伴うことになるからです。
  
  
その精神的苦痛とは、例えば、
  
「潜在意識内に溜め込んだネガティブ感情」であったり、
「他人から激しく責められたりすること」です。
  
  
そういう「精神的苦痛」を避けるために、
  
「自分の気持ちを感じること」にフタをして、
  
さらには、「他人の心証を良くする様な行動」を、
無意識的に選択してしまうのです。
  
  
それこそが、【 保身が動機の行動 】です。
  
  
で、私はね…、
  
  
「精神的苦痛を最小限に抑える方法」は教えられますけど、
  
「精神的苦痛をゼロにする方法」は教えられません。
  
  
幸せになっていこうと思ったら、
絶対に、精神的苦痛は伴います。
   
幸せになる事を諦めても、
言わずもがな、精神的苦痛は伴います。
  
  
どちらにしても、精神的苦痛はあるのです。
  
  
しかし、平和ボケしている人は、
  
その幸せになっていく為に必要な、
「最低限の精神的苦痛」すら、避けようとしてしまうのです。
  
  
それじゃあ、幸せにはなれません。
  
  
で、そういう人はね。 
  
【 そもそもの基準がヌルイ 】んです。
  
  
例えば、格闘技の選手なんて、
本気で殴り合っている訳ですけど、
  
その痛みに耐えています。
  
  
でも、あんまり殴られた事が無い人は、
一発軽く殴られただけでも、
  
無理無理無理! 怖い怖い怖い!
  
と、なってしまうでしょう。
  
  
「激痛」を経験し、知っている人は、
「軽い痛み」ではパニックを起こしません。
  
  
私は、ありとあらゆる精神的苦痛に耐えてきましたから、 
  
ちょっとやそっとの精神的苦痛では、全く動じないのです。
  
  
だからと言って、
別に「死ぬほどの精神的苦痛を経験しろ!」
  
というつもりはありません。
  
  
ただ、自分で経験しなくても、
  
【 他人の苦痛をイメージする 】ぐらいのことは、
やって下さいと言うのです。 
  
  
「他人の抱える死にたくなるほどの苦痛」を知れば、
  
・自分がどれほど恵まれているかわかるし、
・精神的苦痛に耐えるキャパシティも、増えていきます。
   
  
例えば、好き嫌いが激しくて、
食べ物を粗末に扱う子供が居たとしましょう。
  
ピーマンやニンジンを、ゴミ箱に捨てるとか。
  
  
そういう子供には、
  
泥水をすすって、生きるためにハエを食べている様な子供が、
実際に存在している事を、理解させれば良いのです。
  
  
その子の苦痛に比べれば、  
自分の苦痛など、まるで大した事が無い。
  
  
そういう認識になったとき、
「苦痛に耐えるキャパシティ」が増えるのです。
  
  
例えば、金持ちのお嬢様やボンボンには、
吉野家の牛丼を食べたことがない人がいるでしょう。
  
そんな安いモノ食べて大丈夫?とか、
吉野家が何屋さんか知らないという人もいるかもしれません。
  
  
しかし、吉野家の牛丼を、
「たまにしか食べられないご馳走だ!」
  
と思う人も居るのです。
  
  
【 認識の基準 】によって、
  
・目の前にある恩恵が、どれだけ有り難いと感じれるか?
  
・目の前の苦痛が、どれだけ軽いと感じられるか?
  
  
が、変わってくるのです。
  
  
要は、
  
・どれだけ目の前の有り難みを感じるか?
・どれだけ目の前の苦痛を軽いと感じるか?  
  
は、【 本人の認識と基準の違い 】なのです。 
  
  
認識さえ変われば、
今まで当たり前だと思っていた事が、有り難く感じるし、
  
基準が変われば、
今まで逃げ回って避けてきた苦痛が、軽く感じるのです。
  
  
だから、「平和ボケしたヌルイ基準」を持つ人は、
  
どれだけの恩恵を手にしても、有り難みが沸かないし、
ちょっとした苦痛にすら、ギャーギャーと大騒ぎするのです。
  
  
比較しないと何もわからない…と言うことは、
  
以前の記事にも書きましたけどね。
  
  
平和ボケは、明らかに狂った感覚です。
  
狂った感覚だから、
人生でいろいろと問題を起こすのです。
  
  
まともな感覚を持つ人には、問題は起きません。
  
  
まともな感覚になる為には、
  
【 この世界(世間)の標準 】を知る必要があります。
  
  
「商売でお金を稼ぐ事の厳しさ」とかね…。 
  
  
この世界(世間)の標準と、
思いっきりズレた感覚を持っている人が、
  
世間知らずの平和ボケなのです。
  
  
世間には、
  
泥水をすする人もいれば、  
精神的苦痛で自殺する人もいる。
  
  
それを無視しているから、
「世間の標準」からズレていくのです。
  
  
「目の前の恩恵」を有り難く思い、
「目の前の苦痛」を軽く感じるには、
  
自分よりも遥かに恵まれていない、
苦痛に満ちた「他人の境遇」を知り、感情移入すれば良いのです。
    
  
自分でわざわざ経験しなくても、
    
【 他人に感情移入 】することで、
  
視野は広がり、世間を知れて、
苦痛に対するキャパシティも増えます。
  
  
幸せになる為に最低限必要な精神的苦痛すら、
重く感じて極度に怖れているから、
  
無意識的に、「保身の行動」に走ってしまうのです。
  
  
まずは、【 最低限の苦痛を背負い、感じていく覚悟 】が必要です。 
 
  
そうじゃないと、
「他人から嫌われるのが怖い!」っていうチンケな恐怖だけで、
  
もう、身動きが取れなくなってしまいます。
  
  
他人から嫌われた時の「精神的苦痛」を背負う覚悟があれば、
  
「自分の気持ち」を優先できます。
  
  
で、他人から嫌われたときの精神的苦痛って、重い? 軽い?
  
  
それって、毎日死にたくなるほど辛い事があって、
未来に絶望して自殺しようとしている人の精神的苦痛に比べて、
    
どれくらいのモンでしょう?
  
  
平和ボケしている人間は、「重い」と思うでしょうが、
  
自分より遥かに過酷な境遇に居る他人の苦痛を知れば、
「軽い」と思えるでしょう。
  
  
苦痛を「重い」と思うか、「軽い」と思うかは、
    
【 認識と基準の違い 】でしかないのです。
  
  
日本において、
嫌いな食べ物を、無理矢理食べさせられる苦痛もあれば、
  
アフリカで、  
不衛生な環境で、一切何も食べられない苦痛もあります。
  
  
「激しい苦痛」を知る事で、
目の前の苦痛が軽く感じられるのです。
  
  
アフリカで栄養失調になっている子供に感情移入すれば、
  
食べ物の味付けに文句を言って食べられない事が、
どれだけヌルイ苦痛で音を上げているのか?
  
と思いますよ。
  
  
幸せになるためには、
最低限背負わなければならない精神的苦痛が存在します。
  
例えば、潜在意識下のネガティブ感情を解放するときの苦痛などです。
  
  
私はその最低限の苦痛を、「非常に軽いモノ」だと思っています。
  
  
私は、自分でも「死ぬほどの精神的苦痛」を味わってきたし、
世界には、そういう人が腐るほど居る事を知っているからです。
  
  
それに比べたら、
  
私がこれ以上無いってくらいに、
精神的苦痛を最小限に抑える方法を教えている訳で、
  
その最低限すら「重い」と感じるって、 
  
「どんだけ温室育ちなの?」って思います。
  
  
世間知らずだから、
私が最小限に精神的苦痛を抑える方法を教えているのに、
  
その「価値」や「有り難み」もわからないのです。
  
  
だから、先日の記事でも、
  
【 もっと苦しんでいる他人を知った方が良い 】と書いたのです。
  
  
苦しんでいる他人を知らないから、
世間知らずで、感覚がズレていて、
  
現実もスムーズに行かないのです。
  
  
この世界は…、社会は…、
  
実際に【 苦痛だらけ 】なのです。 
  
  
【 苦痛に満ちている 】と言っても良い。
  
(だからこそ、苦痛以上の幸せを実現したい訳ですが) 
   
  
その「世間の標準」を知らないから、世間知らずなのです。
  
  
・自分が恵まれている事にも気づけず、
・ちょっとした苦痛で大きな悲鳴を上げて、
    
そんな、「甘々の態度」で生きている人間が、
この日本には多すぎます。
  
  
私は自分の子供に、
  
「地球で生きるって厳しいぞ! 
 生き方を間違ったら、死にたくなるぐらいの苦痛はあるぞ!」
  
って教えます。
  
  
それが真実だからです。
  
  
この「厳しい世界」で生きていけるように、
  
有り難い事を「有り難い」と思えるように、
ちょっとした苦痛でギャーギャー言わないように、
    
我が子が女児だろうが、男児だろうが、
愛を持って、強くたくましく鍛えます。
  
  
初めから、【 世界の標準、世間の標準 】を教えます。 
  
  
一回甘やかされてその基準に慣れ親しんで、
社会に出た時にいきなり厳しくされるから、
  
拒絶反応が出るのです。
  
  
最初から、世界標準に基づいて厳しくされていたら、 
  
何とも思いませんよ。  
  
  
「それぐらい厳しいのは当たり前だよね」って思います。
  
  
「感情を感じる感覚」を高めて、鋭敏にしていこうと思うと、
  
当然ながら、しばらくは
幸せに必要な「ネガティブ感情」を感じる機会も増えますから、
  
その「ネガティブ感情(精神的苦痛)」に耐えられるだけの、
「キャパシティ、タフさ」が必要となります。
  
  
その「キャパシティ、タフさ」を増やし、高めるには、 
   
世界標準、世間標準を持つ事です。 
  
  
世界中で苦しんでいる人々…、
世界中で死にたくなるほどの精神的苦痛を抱えている人々…、
   
そういう人に感情移入する事です。
  
  
どんな苦痛を抱えているのか? 
  
想像を膨らませ、詳細にイメージする事です。 
  
  
それが、【 世間を知る 】という事です。
  
  
そうすれば、
  
幸せになる為に最低限必要な精神的苦痛などは、
  
屁にしか思わなくなります。


mixiチェック

haxe501 at 04:02│clip!