2018年03月29日

行動は有罪、気持ちは無罪

前回は、「感じる事」について書きました。
  
  
【 人間の潜在意識には、
  
 ポジティブな勢力とネガティブな勢力があり、
 相反する想い、矛盾した想いを抱えている。
  
 だから、葛藤や迷いが生まれ、エネルギーを浪費している。
  
 無意識内をポジティブな勢力に統一する事で、
 無意識内に平和・平穏が生まれる。 】
  
   
これは、先日の記事で説明した通りです。
  
  
で、自分の潜在意識の中で、
「ポジティブな勢力」を強めて行こうと思ったら、
  
  
まず、自分無意識内の、
ポジティブ勢力の想いも、ネガティブ勢力の想いも、
  
どちらも等しく感じて、認めなければなりません。
  
  
例えば、殺人がテーマであれば、
  
自分の無意識内に、
  
「人を殺したい!」という気持ちもあるし、
「人を殺したくない!」という気持ちもあります。
  
その両方の気持ちを感じて、
  
自分が「その気持ち」を持っている事を、
認めてあげなければなりません。
  
  
でも、この世には、
  
【「ネガティブな気持ち」自体を裁いている 】が、
  
多くいます。
  
  
「ネガティブな気持ちなんて、持っちゃいけない!」
  
という風に。
  
  
そして、自分の中に存在している
「ネガティブな気持ち」にフタをして、無視しようとします。
  
それこそ、自分の潜在意識に対して「不誠実な行為」です。
  
  
私は、自分の中に湧いた、どんなネガティブな気持ちも、
ちゃんとその存在を認め、感じます。
  
一度湧いてしまった想いは、
「無かった事」にはできませんからね。
   
   
で、ここで重要な事を言いますけど、
   
「ネガティブな行動」を犯してしまったら罪になりますが、
「ネガティブな想い」を持っている事自体は、罪じゃないのです。
  
  
「殺したいわ〜!」という
殺意、殺人衝動だけでは、罪になりません。
  
実際に「人殺し」をするから、罪になるのです。
  
  
ネガティブな想い自体では、罪になりませんから、
  
だからこそ、
自分の中のネガティブな想いを、いくらでも認めて良いのです。
  
  
ポジティブな意味でも、ネガティブな意味でも、
   
「気持ちだけ」と「実際に行動する」には、
  
【 天地ほどの差 】があります。
  
  
「あの人、できれば助けてあげたいな〜」という気持ちだけと、
「実際に助けるために行動に移す」のとでは、天地の差がある。
  
それと同じように、
  
「人を裏切りたいわ〜」「投げ出したいわ〜」という気持ちだけと、
実際にそうするのとでは、天地の差があるのです。
  
  
ポジティブな意味でも、ネガティブな意味でも、
  
【 気持ちだけ、思っているだけ 】というのは、
大した事は無いのです。
  
  
人間は、「気持ち」が湧いた後に、実際に「行動」するかどうか?
  
「それについて考える」というクッションが存在しています。
    
    
感情のままに行動するのではなく、
  
【 感情 → 思考 → 行動 】
  
というステップになっています。
  
    
感情のままに行動するなら、それこそ動物ですが、
  
人間は、考える事が出来ます。
  
  
だからこそ、「思いとどまる」という選択もあるのです。
  
  
自分の中に存在する「ネガティブな気持ち」自体を裁いていると、
  
自分の本心を感じないようにして、建前で生きるようになります。
  
  
しかし、「ネガティブな気持ち」は、まったく裁くに値しません。
  
  
むしろ、潜在意識内のポジティブな勢力を強めて行こうと思ったら、
  
自分が抱える「ネガティブな気持ち」を積極的に認めなければならないのです。
  
  
「ネガティブな気持ち」だけでは、罪にならないのに、
  
「気持ち自体」を裁いているから、
逆に、潜在意識内のネガティブな勢力が強まるのです。
  
 
・全てを投げ出したい
・全てから逃げ出したい
・他人に責任をなすりつけたい
・ラクして稼ぎたい
・働きたくない
・他人に養ってもらいたい
・責任を取りたくない 
・お世話になった人を裏切りたい
・舐めた態度の人間にブチ切れたい
・暴力を振るいたい
・他人に苦痛を与えたい
・ワガママに自己中心的に振る舞いたい
  
そんなネガティブな気持ちは、
全て認めなければなりません。
  
  
まず認めなければ、次の【「考える」というステップ 】に進めません。
  
  
【 感じる → 考える 】 というステップです。
  
  
感じなければ、それについて冷静に考えられないのです。
  
  
「感じる」というステップを飛ばして
考えようとしている人は、
  
考えているようで、全く考えられていません。
  
  
やる気が全く無いのに、
  
「どうやったら良いですか?」という、
  
方法を聞きたがったりします。
  
  
それは、
  
「アメリカに行く気が無いのに、
 アメリカにはどうやって行ったら良いですか?」
  
と聞いているのと同じです。
  
  
そんな事をしてしまっている状態が、パニックなのです。
  
  
まったく「やる気が無い」のに、
「方法」だけ考えても無意味な事ぐらいも、
  
わからなくなっているのです。
  
  
人間は、感じてすぐに行動に移るわけではありません。
  
  
「他人を裏切りたい」という気持ちが湧くことと、
「実際に他人を裏切る事」は、全く違う事です。
  
  
もうちょっと、
自分の「自制心」に自信を持った方が良い(笑)
  
  
普通の人は、道端で可愛い人を見かけても、
いきなり抱きついたりしないでしょ?(笑)
  
  
感情的に抱きつきたい気持ちが湧いても、
思考で自制しているからです。
  
  
ネガティブな気持ちが湧いてしまったら、認めてしまったら、
  
「自分が実際にそのような行動をしてしまうんじゃないか?」
  
という不安を感じているのかも知れません。
  
  
でも、そんな事はありません。
  
  
まず気持ちを認めるからこそ、抑圧が無くなり、
  
「ネガティブな衝動」が収まっていくのです。
  
  
自分の「ネガティブな気持ち」を認める事で、
  
【 ネガティブな衝動的な行動 】は減るのです。
  
  
気持ちだけなら罪に問われないのだから、
  
まずは、ネガティブな気持ちを徹底的に認めなければなりません。
  
  
こんなネガティブな気持ちを持っているなんて、
  
自分は本当にクソ野郎だ、クズ野郎だ!って思うかもしれません。
  
  
でも、そんな事はありません。
  
  
気持ちだけなら、誰にでも沸くモノです。
  
  
ネガティブな想いを認めずに逃げたり、
ネガティブな想いを、行動に移したりしていると、
  
実際にクソ野郎、クズ野郎に近づいていくかもしれませんけどね。
  
  
どんな気持ちであっても、【 気持ちは無罪 】なのです。
  
  
行動が、有罪になるのです。
  
  
まず、「気持ちは無罪」って事を分からなければなりません。
  
  
そうしてこそ、
  
【「潜在意識の声」を積極的に感じる事 】が出来ます。
  
  
行動のみならず、気持ちすらも有罪だと思っている人は、
  
自分の潜在意識の声を感じる事が怖くなります。
  
  
だから、感じる感覚を閉ざし、パニックに陥るのです。
  
  
ネガティブな気持ちを、認めれば良い。 
  
感じれば良い、叫べば良い。
  
  
「全部投げ出した〜〜〜〜〜〜い!!!」
  
って、叫べば良いのです。
  
  
それが、ネガティブな気持ちの解放であり、抑圧の解除です。
  
  
叫んでも、実際にそうするのとは別の話ですから。
  
  
気持ちを感じるだけでは、行動しないのです。
  
  
それとも、自分の自制心に自信が無いのでしょうか?
  
  
じゃあ、【 自制心に自信の無い自分 】も、認める必要があります。
  
  
  
結局、人間というのは、
  
自分の事を、【 クズ野郎のクソ野郎だ 】と思いたくないのです。
  
  
そんな人間は、
「生きる価値が無い、幸せになる価値が無い」
    
そんな風に想っているからです。
  
  
自分自身がクズ野郎のクソ野郎なら、
「死ぬべきだ、不幸になるべきだ、苦しむべきだ」と思っているのです。
  
  
それこそ、【 壮大なる勘違い 】です。
  
  
先日も書きましたが、
  
【 悪人こそ、他人の為にも率先して幸せになるべき 】です。
  
  
それに、気持ちだけなら、
クズ野郎でも、クソ野郎でも、何でもありません。
  
完全に無罪です。
  
  
気持ちに罪は無いのです。
  
  
逆に言うと、「あの人を助けたい!」と思っても、
  
実際に助けようとしなければ、
それは全く「人助け」ではありません。
    
  
「感情、思考、行動」というのは、
  
それぞれ、別で独立しているプロセスなのです。
  
  
人間は、ネガティブな想いも、すぐに行動に移す訳でも無いし、
  
ポジティブな想いも、すぐに行動に移す訳ではありません。
  
  
ネガティブな想いも、ポジティブな想いも、
  
「想いだけで行動に移さない人」の方が、【 圧倒的多数 】です。
  
  
ポジティブな意味でも、ネガティブな意味でも、
 
「想いだけ、気持ちだけ」って、大した事が無いのです。
  
  
そして、まずは潜在意識内の、
  
ポジティブな想いも、ネガティブな想いも、
全てを感じ尽くさなければ、
    
次の、【 思考 】というプロセスに入れないのです。
  
  
感じる事を通さずに、考えようとしても、
  
それは、【 的外れ 】でしかないのです。
  
  
感じる事から逃げて、考えようとしても、
  
それは、【 逃避でしか無い 】のです。
  
   
まず、自分の潜在意識下の、
  
ポジティブな想いも、ネガティブな想いも、
全てを感じ尽くす事です。
  
  
そうしてこそ、
次に【 冷静になって考える事が出来る 】のです。
  
  
「自分の感じている事」は、【 全てが本物 】です。
  
  
「他人の幸せを願う自分」も本物だし、
「他人の幸せを叩き壊したいと思う自分」も本物です。
  
  
ポジティブな勢力も、ネガティブな勢力も、
  
そのどちらもが、自分自身なのです。
  
  
その二つの勢力が戦っているから、
  
迷いと葛藤が生まれ、エネルギーを浪費し、
自分の幸せにエネルギーを使えないのです。
  
  
幸せになりたければ、
「ポジティブな勢力」を強めていく必要があります。
  
  
でも、まず初めに、
【 両方の勢力の事を、ちゃんと知る必要 】があります。
  
  
どちらの勢力にも、【 相手と戦う理由 】があるのです。
  
その理由を汲み取ってあげなければなりません。
  
  
で、その理由を知って、考えて、その上で、
  
【 どちらの勢力にチカラを貸すのか? 】
  
という事を、決断する必要があるのです。
  
  
自分の潜在意識の事を、正確に把握していかなければ、
    
【 自分好みの自分 】になって行く事は出来ません。
  
  
前回の記事に続いて同じ結論ですが、
  
とにもかくにも、「感じる事」が必要です。
  
  
どんな気持ちも、罪にはならないのだから、
ちゃんと感じる事です。
  
  
感じる為には、勇気が必要かも知れませんが、
ちゃんと感じる事です。    
  
  
そうしないと、ポジティブな方向には進めません。


mixiチェック

haxe501 at 15:36│clip!