2018年03月25日

悪人こそ、幸せになるべき

人間には、「無意識的な思い込み」が存在していて、
  
それを、「観念」や「信念」と呼びます。
  
  
私は、「観念」と呼ぶ方が好きなので、
「観念」と呼んでいます。
  
  
そして、その観念を大別すると、
  
「○○には価値が無い」というネガティブな観念と、
「○○にも価値が有る」というポジティブな観念がありあす。
  
  
しかし、高い視点から眺めてみると、
【 全てに何らかしらの価値を見いだすことが出来る 】ので、
  
「○○には価値が無い」というネガティブな観念は、
  
間違っていて、矛盾していて、非論理的な、
「勘違いの思い込み」なのです。
  
  
例えば、「人殺し」は悪い事だと思っている人もいますが、
  
戦争では、たくさんの敵を殺せば、
勲章がもらえたりしますし、死刑執行も殺人です。
  
無差別殺人鬼を犯行中に殺したら、
無実の人命を救ったとして、英雄扱いされるかもしれません。
  
  
あらゆる事は、シチュエーション次第で、
「全体に利するポジティブな要素」を含む可能性があります。
  
    
「過去を後悔する事」だって、無価値の様に見えて、
今後の生き方を改める為と思えば、非常に価値のある行為です。
   
  
ですから、
  
「○○には価値が無い」というネガティブな思い込み(観念)は、
非常に短絡的で、視野の狭い思い込みなのです。
  
  
それで、今回は、
  
【 人が絶対に幸せになる事ができないネガティブ観念 】を
2つ紹介したいと思います。  
  
  
一つ目は、「悪人」に対する観念
  
・悪人に価値は無い
・悪人は裁かれるべいだ
・悪人は幸せに相応しくない
・悪人は幸せになってはいけない
  
こういう観念を持っている人は、絶対に幸せになれません。
  
  
「悪人には価値が無い」という観念を持っている人で、
  
「自分は悪人だ」と思っている人は、
そもそも、自分が幸せになれると思っていないし、
  
  
「自分は悪人ではない」と思っている人でも、
  
・自分自身が悪人にならないように…と、
・自分自身の価値を下げないように…と、
  
常に怖れを抱き、緊張してしまっています。
  
  
  
悪人の定義は、人それぞれでしょうが、
  
代表的なのは、
  
ルールを破る人や、利己的な人、
他人に多大な負担や迷惑を掛ける人でしょうね。
  
  
私は逆に、
  
【 悪人こそ幸せになるべきだ 】と思います。 
  
  
だって、
「幸せじゃないから悪い事するんでしょ?」って思います。 
  
それが事実でしょう?
  
  
「自爆テロ」や「無差別殺人」を行う人は、
どう考えても不幸な人でしょう?
  
不幸だから、そういう事をするのでしょう?
  
「幸せの絶頂」に居る人が、
「自爆テロ」や「無差別殺人」すると思います?
  
  
まぁ、絶対に100%とは言い切れませんが、
  
不幸な人ほど、悪い事をする確率は増え、
幸せな人ほど、悪い事をする確率は減るはずです。
  
  
だから、悪人と呼ばれる人々が幸せになれば、
犯罪は減るはずです。
  
  
ですから、私は「悪人の幸せ」をも願います。
  
悪人こそ、幸せになるべきで、
それが世の中全体の為だと思うからです。
  
  
ただ、「幸せを願う」と言っても、
甘やかす訳ではありませんけどね。
  
  
例えば、世の中には私を攻撃する人も居るでしょう。
  
そんなとき、「相手を賢くすること」が、
私にとっての復讐なのです。
  
「極度にアホだから、私にケンカを売るんだろうな…」
と思いますから、
 
相手が賢くなりさえすれば、
自動的に、「自分の思考と行動の浅はかさ」に気付くでしょう。
  
  
そうなれば、私の気持ちも晴れる事になりますし、
  
相手も賢くなった分だけ、
  
今後は自分の幸せの為に、
もっと思考とエネルギーを注げるようになります。
  
  
私を攻撃してきた人間に対しては、
  
相手を賢くすること、相手を幸せにする事が、
私にとっての復讐なのです。
  
  
でも、バカだった人間が賢くなろうとすると、
  
一旦、「過去の自分のバカさ」を、
潔く認めなければなりません。
  
それには、不快感を伴うでしょう。
  
  
「後悔」やら、「惨めさ」やら、いろいろ感じるでしょう。
  
  
私は、他人に対して
その不快感を与える事に、容赦ありません。
    
  
相手が賢くなって、より幸せになっていくために、
【 必要不可欠な通過儀礼 】ですからね。
  
  
私にとって、他人に「必要な不快感」を与える事は、 
   
【 相手を幸せにしたいが為の、愛 】なのです。
   
   
その「改心する為に必要な不快感」を避け続ける人は、
  
ずっとバカで、ずっと不幸のままです。
  
  
まぁ、それはそれで構いませんが、
  
私としては、自分を攻撃してくる人間も含め、
  
【 全ての人間の「幸せ」と「知性の向上」】を願っています。
  
  
実際にそうなれば、悪人も改心して、悪い事を止めますからね。
  
  
一方、「悪人は幸せになっちゃいけない!」
  
なんて思っていると、
  
悪人はずっと不幸だから、
不幸だからこそ、また悪事を積み重ねる事になるのです。
  
  
悪人が悪事を積み重ねる事は、
  
当人の為にもなりませんし、
無実の他人だって、迷惑を被る事になります。
  
  
だから、自分と全体の事を思えば、
  
【 悪人こそ、真っ先に幸せになるべきだ! 】
  
という結論に辿り着くのです。
  
  
  
で、2つ目の「絶対に幸せになれない観念」ですが、
  
それは、【 不幸な人間には価値が無い 】です。
  
  
「自分には価値が無い」と感じたときに、
人は不幸な気持ちになるのです。
  
  
「不幸な気持ちをしている人間に価値が無い」と思っていれば、
  
【 不幸だから無価値 → 無価値だから不幸 → 不幸だから無価値 】
   
という、無限ループにハマってしまいます。
  
  
私は、「不幸な人間に価値が無い」と思いませんし、
   
むしろ、自分は不幸な気持ちに陥っているのに、
そんな時まで他人の幸せを願える人間は、 
   
【 スーパーウルトラ価値のある人間 】だと思います。
  
  
そして、それは私の事です(笑)
  
  
私は、自分が苦しいときにも、他人の事を考えていました。
  
だから、「自分ってスゲェ良いヤツだな」と思えます。
  
  
とにかく、
  
【 幸せになる為には、条件が必要だ 】
  
という観念は、非常にネガティブです。
  
  
実際は、幸せに条件など必要なく、
誰でもすぐ幸せになれるなら、今すぐなった方が良い。
  
それが、自分の為だけでなく、【 他人の為 】でもあるからです。
  
  
まぁ、自分の快楽の為に、
他人を犠牲にするのは良くありませんが、
  
とにかく、
  
【 自分も他人も、限り無く幸せになっても良い 】
  
と思わないと、自分は不幸なままだし、
  
不幸だからこそ、また他人に迷惑を掛けてしまうのです。
  
  
・不幸
  ↓
・他人に迷惑をかける
  ↓
・他人に迷惑をかけたら幸せになっちゃいけない
  ↓
・不幸
  ↓
・他人に迷惑を掛ける
  
  
という、これまた「無限ループ」です。 
  
  
【 不幸な人間にも価値があるし、
  悪人こそ、真っ先に幸せになるべき 】
  
  
私は、昔からそう思っていました。(たぶん、幼少期の頃からです。)
  
だから、23歳の時からこのブログを書き始めたのです。
  
  
【 誰でも、幸せになれば良い 】と思っていたからです。
  
  
「誰でも幸せになれば良い」と思ってるヤツが、
一番幸せになって、
    
「こういうヤツは幸せになっちゃいけない」と思ってるヤツは、
いつまでも幸せになれないのです。
  
  
自分が幸せになるのは、他人の為です。
  
自分が不幸のままで留まる事は、他人に負担を掛ける事です。
  
  
だから、
【 他人の為にも、さっさと幸せになりやがれ 】って事です。
    
   
まぁ、それを選択しないのも、個人の自由ですが。
  
  
それぞれの本人がどうしたいかは置いておいて、
   
私個人的には、
【 全人類の「幸せ」と「知性の向上」】を願っています。


mixiチェック

haxe501 at 15:13│clip!