2018年03月21日

己の欲望を満たす為に生きる

私は、地球上で生きる人生って言うのは、
「辛くて、苦しくて、過酷なモノ」だと思っているんです。
  
  
別に、悲観して言っている訳じゃなくて、
「客観的な視点」から見て、そう思うのです。
  
  
生きている以上、メシを食べなきゃなりません。
  
  
でも、「農業」で食糧を生産してくれている人、
「牧畜、畜産」や「漁業」をしてくれている人がいて、
  
さらに、「加工食品」を製造したり、
「料理」をしてくれる人が居て、
  
ようやく、自分はメシにありつける訳です。 
  
  
他人にメシ食わせるために、
数多くの人が懸命に働いています。
  
  
で、メシを食っておいて、
自分だけ働かないっていうのは、不公平ですね。
  
  
別に、自分にメシを用意してくれる人は、
ボランティアじゃありませんから、
  
対価(お金)と引き換えに、
メシを作って、提供してくれています。
  
  
だから、メシを買いたければ、
  
自分も何かしらの仕事をして、
人の役に立って、お金を稼がなきゃならない。
  
  
これが、経済です。 非常にシンプルなことです。
  
  
でも、その「仕事」というのが、非常に大変です。
  
  
「人の役に立つ」って言っても、カンタンじゃなくて、
  
仕事をするって言うことは、遊びじゃありませんし、
【 責任を背負い、果たす必要がある 】のです。
  
  
責任を果たすためには、
プレッシャーもあるし、アタマも使います。
  
時には、体調が悪くても、
休まずに仕事をしなきゃいけない時だってあります。
  
  
それぐらいの責任感がなければ、「お金」って言うのは稼げない。
  
  
なぜか? 人がお金を払うときはシビアだからです。
  
誰も、役に立たない事にお金を払いませんし、
  
自分に最も役立つと思う優先順位が高い順番に、
お金を使っていきます。
  
  
他の商売人に負けてばかりなら、一銭も稼げないのです。
  
  
カンタンに人の役に立てるなら、
誰でも金持ちになれますが、
  
「人の役に立つ事自体」がかなり難しいから、
成功している経営者は少ないのです。
  
  
現代人は、そこそこ衣食住が満たされていますし、
数多くの商品やサービスを体験し、見る目も肥えています。
  
そんな消費者として成熟してきた現代人の
役に立っていく事は、かなり難しい事になっています。
  
  
それで、自分がただ生きているだけでも、
色々と他人の世話にならなきゃ生きていけないし、
  
その分だけ、
自分も働いて他人の世話をしなきゃいけません。
  
  
これがカンタンじゃなくて、非常に厳しいから、
  
【 生きる事自体が、大変な事だ 】と思うのです。
  
  
じゃあ、みなさんは何で生きてるんですか?
  
人生って大変なのに、何で生きてるんですか?
  
  
生きている事自体に、大きなメリットを感じていますか?
  
  
  
私は正直言うと、人生が辛いだけなら自殺します。
  
希望が完全に絶たれて、この先苦しい事しか待っていない…。
   
   
そんな人生に、わざわざ生きる価値を感じないので、
   
さっさと死んでラクになりたいと思います。
  
  
  
極端な例を出せば、
  
自分がドラム缶にコンクリート詰めされて、
海に沈められる…。
  
それでも死なずに生きていたら、最悪でしょ?
  
  
誰も助けてくれないのに、真っ暗で身動きできないのに、
何十年、何万年と、たった一人で意識のある状態を耐え続ける…。
  
そんなの、無理です。
  
  
そんな状況だとしたら、
死ねるなら、さっさと死にたいでしょう。
  
  
生きていても苦しいだけなら、「自ら命を絶つ」という事も、
特定のシチュエーションでは、妥当な判断になり得ると思います。
  
  
そして、私にとっては、
サラリーマンとして生きるという事が、
  
「死ぬほど苦しいだけで、全く希望のない人生」なのです。
  
  
まぁ、私はこういう風に自分を一切曲げない性格ですし、
人生で自由な時間を何よりも必要としていますから、
  
サラリーマンなんかできません。
  
  
社会不適合者と言われても、否定はしません。
  
  
そんな私が、サラリーマンとして何十年も生活する…。
  
それは、私にとっては牢獄のようなモノです。
  
  
別に、サラリーマン自体を否定している訳では無く、
  
私の個性が、極めて特殊なのです。
  
  
ですから、私は成功願望を持たずに、
サラリーマンを続けていたら、自殺していたかもしれません。
  
  
でも、私は20歳の時、成功願望を持ちました。
  
  
「経済的に成功すれば、地獄の生活が回避できるぞ!」
  
と思ったからです。
  
  
人生を生きることは、そもそも大変な事です。
  
  
現代の日本ならまだマシですが、
  
「戦国時代の日本」なら、
今とは比較にならない程に過酷でしょう。
  
  
快適に暮らせる家電製品はないし、
  
農作物の不作・飢饉が起これば、
「大量の餓死者」が出るくらいです。
  
さらに、いつ戦に巻き込まれたり、
落ち武者が襲ってきて殺されるかもしれません。
  
  
人類は、そんな過酷な状況で、
よく生き残ってきたなと思います。
  
  
私がこの地球で生きる事に希望を見いだすとしたら、
それは、「自分の欲を満たせる生き方」が出来るかどうかです。
  
  
私は、成功したら
「快適に暮らせるし、欲を満たせるぞ!」と思ったら、
    
成功願望を持ったのです。
  
  
もし、人生で欲を満たせないなら、
  
苦しみと楽しさを比べれば、苦しみの方が多くなるでしょう。
  
  
私は自分に優しく、「苦しみ」が大嫌いな人間なので、
  
「苦しみ」と「楽しさ」を比較して、
苦しみの方が大きい人生は、「生きる意味や価値」を感じません。
  
  
だから、死んだ方がマシだと思うのです。
  
  
でも、経済的に成功したら、
「苦しみより楽しさの方が上回る人生を送れるかも知れない!」
  
まぁ、死ぬのはいつでも出来るし、
「自分の限界まで、成功を目指してみるか!」
  
という判断をしたのです。
  
  
ですから、
私に成功の目がなければ、きっと自殺していたと思います。
  
私にとって、サラリーマンの牢獄人生は耐えられませんから。
  
  
私にとっては、「サクセス・オア・ダイ(成功か?死か?)」
  
という人生だったのです。
  
  
で、死ぬ気で目指したら、成功くらいできてしまうモノです。
  
  
で、私のように社会不適合者なのに、
サラリーマンが向いていないのに、
  
成功願望も持たず、
希望のない人生を生きている人がいます。
  
  
そういう人って、なんで生きてるんでしょうね?
  
  
まぁ、死ぬのが極度に怖いから、
  
大きな精神的苦痛や肉体的苦痛があったとしても、
「出来る限り死なないため」に生きているのでしょう。
  
  
私にとっては、そんな人生は辛すぎるので、
  
「死に対する恐怖」がない私は、きっと自殺します。
  
  
でも、私が死なずに成功願望を持つことができたのは、
  
【 満たしたい欲 】があったからです。
  
  
・お金の事を気にせず自由に買い物がしたい!とか、
・眠たいときに、できるだけ寝たい!とか、
・快適な家で暮らしたい!とか、
・美味しいモノが食べたい!とか、
・普通の人ができない体験をしてみたい!とか、
  
そういう欲がありました。
  
  
つまり、「欲望」こそ【 成功願望の源 】です。
  
  
で、成功願望を持っていない人って言うのは、
  
自分の「欲望」を自覚していないのです。
  
  
・そもそも欲望に対するイメージが悪かったり、
  
・欲望を持ってもどうせ叶わないだろう…と、悲観的になっていて、
 惨めな気持ちになるくらいなら…と、
 自分の欲望にフタをして、抑圧していたり、
  
  
とにかく、「己の欲望」というテーマに、
  
なにかしらネガティブな要素を抱えているのでしょう。
  
  
・人間の欲望を肯定し、
・自分の欲望を自覚し、
・自分の欲望を満たすために生きなければ、
  
人生なんて、きっと辛くて苦しい事の方が多いですよ。
  
  
で、辛くて苦しいだけの人生に、私は生きる意味を感じません。
  
これは個人的な価値観ですけどね。
  
  
「苦しいだけの人生でも、耐えて生きろ!」
なんて他人から言われても、
    
「絶対イヤだ!」と言って、私は抵抗しますね(笑)
  
  
私にとっては、「命」より「幸せ」の方が重いのです。
  
不幸に生きながらえるより、
短命でも、幸せな人生の方が、格段に良い。
  
  
80歳まで不幸な人生を歩むより、
10歳で死んでも、その10年間が幸せな方が良い。
  
  
誰でもいつか死ぬんです。 早いか遅いかだけの違いです。
  
長生きしたら、死んだ後に誰かから褒められるんですか?
  
  
どうせ、人生なんて「死ぬのが早いか遅いかだけの違い」だし、
  
「長生きした方が良い理由」なんて、私にはありません。
  
  
私が自分の人生に求めるモノは、
  
人生において「最低限生じる苦しみ」よりも、
【 それを遥かに上回る、楽しさ、喜び、やりがいを得たい! 】
  
という事だけです。
  
  
楽しさ、喜び、やりがい…
  
そういうポジティブな要素が自分の人生に存在するなら、
  
自分が生きる意味や価値もあるのかな…と思います。
  
  
もう一度言いますが、これは個人的な価値観です。 
  
  
苦しみの多い人生を生きる人に、
価値が無い、意味が無いという訳ではありません。
  
  
私なら、自分の個人的価値観において、
「苦しみの方が多い人生は選択しない」という事です。
  
  
私は、【 トータル(総合的)の損得勘定 】で、
  
判断を下しています。
  
  
1.人生を生きる事には、様々な「苦しみ」や大変さが伴う
  
2.私にとっては、命より「幸せ」の方が大事。
  
3.「苦しいだけの人生」なら死んだ方がマシだと思う。
  
4.苦しみより「楽しさ、喜びの方が多い人生」を送れるなら、
  その為に、【 全力で努力する価値 】を感じる
  
  
整理すると、非常ににシンプルな思考プロセスです。
  
  
サラリーマンとして生きていて、
収入も低いし、楽しい事も無いし、
  
そういう人生を送っている人もいるでしょうが、
  
「苦しいのに、死なない為に生きてる」って、
  
私から見れば辛すぎますし、拷問にも思えます。
  
  
私なら、死んでさっさとラクになろうと思うかもしれません。
  
  
でも、死ぬのはいつでもできますから、
  
【 自分の人生において、
  自分が「己の欲を満たしていける可能性」はないのか? 】
  
という事に、一度想いを巡らせてみて欲しいですね。
  
  
欲には、
  
「寝たい、食べたい」という
動物的な欲望もあれば、
  
「やりがい、達成感を感じたい」などの
人間的な高次の欲望もあります。
  
  
どちらにも共通していえる事ですが、
  
「欲を満たす」というプロセスが、
  
「楽しみ」や「喜び」などの【 ポジティブな感情 】を生むのです。
  
  
欲望を否定している人には、
  
人生においてポジティブな感情を感じる機会が
ほとんどありません。
  
  
だから、【 欲を肯定する 】という事は、
  
自分の人生を考える上で、「根幹的な要素」でもあるのです。  
  
  
よく、「過ぎた欲(強欲)は良くない」なんて言われますが、
  
私は、それを真っ向から否定します。
  
  
欲は悪く無いのです。
  
  
己の欲を満たす方法に、
  
ポジティブな方法(アプローチ)と、
ネガティブな方法(アプローチ)があるのです。
  
  
例えば、「勝負に勝ちたい」と言っても、
  
正々堂々と自己研鑽を重ねて勝とうとする人と、
姑息な手段を使って勝とうとする人がいます。
  
  
「性欲を満たしたい」と言っても、
  
他人に迷惑を掛ける手段を使う人と、
  
自己研鑽して、他人からモテるくらい、
まず自分自身が魅力的になろうとする人もいます。
  
  
という事で、【 ポジティブなアプローチ 】であれば、
  
いくらでも大きな欲を持って良いし、
いくらでも大きな欲を満たしても良いのです。
  
  
誰にも迷惑は掛からないし、
自分が欲望を満たす過程では、むしろ喜ばれることばかりでしょう。
  
  
私は、レストランでお金を払って、
美味しいモノを食べます。
  
自分の欲望を満たします。 
    
で、美味しい!美味しい!と、喜びを表現します。
  
すると、料理人の人が喜んでくれます。
  
お金が儲かって、経営者も喜びます。
  
  
自分の欲も満たせて、他人も喜ぶのです。
  
  
このプロセスに、悪い事は一切ありません。
  
  
「欲が悪い」と言っている人間は、
短絡的な脳みそしか持っていないだけです。
  
  
己の欲の満たし方に、
  
「他人も一緒に喜んでくれるポジティブな方法」と、
「他人に迷惑を掛けるネガティブな方法」がある。
  
  
これが、真実です。
  
  
私は、ポジティブな方法でしか、
己の欲を満たそうとしていないので、
  
誰にも迷惑を掛けないし、
むしろ己の欲望を満たす過程で、
  
他人にたくさん喜ばれていくでしょう。
  
  
だから、ポジティブな手段を使って欲を満たそうとする限り、
  
欲というのは、
【 自分と他人に喜びを与えてくれる根源 】となるのです。
  
  
だから、自分の欲にブレーキを掛けている人は、
  
一人残らず、勘違いをしているのです。
  
  
勘違いをしているから、人生が面白く無いのです。
  
人生に希望が持てないのです。
  
  
欲を肯定し、欲を満たそうとする過程で、
  
自分と他人が一緒に喜んで、
全体の幸せを増やせていけるのです。
  
  
私の言っている事が真実です。
  
  
この記事を読んで、
衝撃を受けたり、混乱した人は、 
  
【「常識の方が、真実とかけ離れて間違っていた」という事実 】を、
  
初めにシッカリと理解して頂きたいです。


mixiチェック

haxe501 at 00:52│clip!