2018年03月18日

学校教育の害

私は、現代の学校教育はクソだと、
もう何回も書いています。 
  
その理由と根拠も書いています。
  
  
それでもまだ、
「現代の学校教育がどれほど害悪か?」
  
という事が、
よく理解できていない人が多いでしょう。
   
   
私は、日本が抱える社会問題のほとんどは、
「学校教育の弊害」によって起こっていると思っています。
   
その理解がないので、
  
「政治家や官僚の定めるルールやシステムが悪いから、
 政治家や官僚がシッカリすれば、社会問題は解決する」
  
などと、全く的外れな期待と発想をしてしまうのです。
  
  
例えば、日本が抱える代表的な問題に、
「労働問題」があると思います。
  
「過労自殺」や「働き方改革」などのテーマが、
ニュースになっています。
  
  
この根本的な問題は、
  
「過去の労働者に求められていた能力」と、
「現在の労働者に求められている能力」は、
  
まったく異なっている…という事にあります。
  
  
パソコンとインターネットの登場によって、
「価値を生み出す為のスキル」が大幅に変わってしまったのに、 
  
未だに、学校では暗記と計算ばかりさせています。
  
  
大量生産の時代が終わり、
「個性」や「カスタマイズ」が商品になる時代なのに、
  
【 あえて、個性を潰す教育 】をしているのです。
  
  
協調性が最優先で、他人と違う事をやったり、
違う発想をすると、怒られる訳だから。
  
  
  
例えば、体育で習う、
「気を付け! 前にならえ!」って、
  
大人になってから使います? 
  
  
私は、使ったことないです。 
  
  
仕事に微塵も役立たないのに、
  
なんであんな事をさせられていたのか? 非常に謎です。
  
  
むしろ、あれが役に立つ仕事を探す方が難しいでしょう(笑)
  
  
昔の工場で「流れ作業を行う労働者」には
必要な躾けだったかもしれませんけど、
    
現代の学校教育には、
「将来の仕事に役立つかどうか?」という視点が、
  
まるで抜け落ちています。
  
  
「教師に従順で無いと怒られる教育」を受けているので、
  
怒られないために、極力自分の脳みそで考えず、
目上の指示に従うようにしているのです。
  
  
さらに、現代の若い人は、
「新しい時代」に必要な「新しい感覚」を持っているのに、
  
年配の経営者や上司は、「古い感覚」を持ったままです。
  
  
若い人が新しい感覚を持ち込もうとすると、
「今までの常識と違う」と言って、潰されるのです。
  
  
人間自体が、
【 時代の差、世代の差 】に適応できていないのです。
  
  
人間の思想形成においては、
「幼少期の教育の影響」が、最も強くなります。
  
  
真っ白な布に、初めて何か色を染めようとすると、
カンタンに染まりますが、
  
その後で、違う色に染めようと思うと、
脱色するプロセスは、非常に骨が折れる事なのです。  
  
  
私は、ネガティブな考えをしている人に、
ポジティブな考えを提案している訳ですが、
  
「ポジティブな考え」の方が、
筋が通っていて、精神的にラクで、幸せになれるのです。
  
  
それなのに、
ネガティブな人は考えをなかなか変えられません。
  
親や学校などから、
「最初に染められた考え」を捨てるのには、苦労するからです。
    
  
ですから、【 幼少期の教育 】が、
人の人生を大きく左右しているのです。
  
  
で、その幼少期に施す現代の学校教育が、 
  
【 時代にまるで合っていない 】のです。
  
  
例えば、
  
「学校の勉強が将来何の役に立つの?」
  
という、子供からの質問があると思います。
  
  
その質問に対して、
  
大人は【 屁理屈 】をこねまくって正当化しようとします。
  
  
「無理矢理に屁理屈をこねなければ、答えられない…」
  
そんな教育を、子供に施しているのです。
  
  
本来は、屁理屈をこねなくても、堂々と、
  
「こういう事に役に立つぞ!」と、
  
自信満々で答えられる教育が必要なハズです。
  
  
それを、大人自身がわかっていないから、
  
誤魔化すために、
いちいち、屁理屈をこねなければならなくなるのです。
  
  
私が子供から、
  
「学校の勉強が何の役に立つの?」と聞かれたら、
   
正直に答えますよ。
  
   
【 何の役にも立たないどころか、むしろ害悪でしかない! 】とね。
  
  
それより、「心理・経済・健康の本質」を学んで、
  
自分の「才能」や「情熱」を開花させる事に集中し、
その為に必要な「勉強」と「経験」を積んで、他人の役に立てば、
  
【 幸せで経済的にゆとりのある、情熱的で充実した生活 】が手に入るぞ!
    
と、正直に答えます。
  
  
これこそ、私が子供たちに与える未来のヴィジョンです。
  
  
じゃあ、今の大人が、
子供に明るいヴィジョンを示せるのか?って。
  
  
大人自身も、未来に明るいヴィジョン持ってないでしょ?
  
子供に示せる訳が無い。
  
  
現代の大人は、
子供に対して無責任で、不誠実で、
  
自分たちの思惑通りに従わせるために、
屁理屈をこねているだけです。
  
  
まず、子供達に謝れって。
  
「未熟な大人達でごめんなさい」ってね。
  
   
子供に対して、大人が自分たちの非を認めろって。
  
  
今の年長者たちは、いつかみんな死んで、
  
現在の子供たちが、いずれ世界を動かすようになるのです。
  
  
地球の未来は、現在の子供達に掛かっているのです。
  
  
で、現代の大人達は、地球の未来に責任を背負っていない。
  
  
子供達の事より、地球や世界の未来より、
  
「自分たちの保身と延命」しか考えていない、
クソ野郎のチキン野郎。
  
  
まるで何も考えていない。 アタマを使っていない。
  
  
そりゃ、昔は優秀な目上の人間に従順に従っていれば、
全てが上手く回った…。 
  
そんな時代もあったでしょう。
  
  
でも、もう時代が違うんです。
  
  
「時代が違う」という事を、その本質を、
  
誰も深く理解していない。
  
  
昔は、「権威の導き」に従っていれば、
それなりに上手く行っていたかもしれません。
  
  
でも、現代の権威たちは、
もう自分の利権維持と保身しか考えていないクソ野郎なのです。
  
彼らを信頼するのは止めなければなりません。
  
  
私が、理路整然と因果関係を語っているのに、
  
私は世間的に権威でもないし、有名でもないから、
普通の人は、私を信頼できないのでしょう。
  
  
それも、
権威を盲信するように、学校教育で仕込まれてきたからです。
  
自分のアタマで考えないように、仕込まれてきたのです。
  
  
普通の人は、「権威がアテになる」と思っていたいのです。
  
国のやっている事が、アテになると思っていたい。
  
  
そう教えられ、そう思って生きてきたことを、
覆されたくない。
  
  
今更、覆されても、
これからどう生きれば良いのかわからなくなるから。
  
  
それそこ、権威の思うツボです。
  
  
自分のアタマで考えないアホたちを、

【 自分の保身に利用できるから 】です。
  
  
現代の大人達は、子供達に対して、
  
「こういう風に生きれば、
 幸せに、充実して、経済的にもゆとりある生活が送れるよ!」
  
っていうヴィジョンを示せないでしょう?
  
  
その時点で、現代の大人達は【 無能 】なのです。
   
  
「イヤな勉強して、イヤな仕事をして、
 それでも何とかお金を稼いで、死なない様に生きていくしかないんだ!」
  
って、そんな悲壮感が漂うヴィジョンしか示せないでしょ?
  
  
で、「自分の無知と無能さ」を認めたく無いから、
   
子供に対して、屁理屈をこねるのです。
  
  
まず、「自分たちの無能さ」を認めないと、
  
新しい知識を得ようとも思いません。
  
  
現代の大人達が、自分たちの無能さを認めたく無い。
  
  
現代の子供達は、
その大人達の「ショボイ見栄と虚栄」の犠牲になっているのです。
  
  
子供に何かを教える資格すら無い。
  
  
そもそも、いつの時代も、子供世代の方が、
優秀な人材が多く生まれるようになっているのです。
  
  
無能な大人達が、自分たちの権力維持の為に、
子供たちの未来を犠牲にしているのが、
  
今の日本社会の構図です。
  
  
私は、子供達に明るいヴィジョンを示せますよ。
  
  
でも、大人達にはまったく理解できないし、
私から教えを乞おうとも思わない。
  
  
大人達が無能だからです。
  
子供達に対して、無責任で不誠実だからです。
  
  
子供に対して、堂々と
  
「こういう風に生きれば良いぞ!」
  
と胸を張って言えますか?  
  
  
言えない時点で、
子供に対して偉そうに出来ないだろ。
  
  
私は子供たちの未来を真剣に考えています。
  
  
真剣に考えた結果、
  
・心理・経済・健康の本質を教える
  
・本人の情熱と才能を開花させる
  
  
そういう教育が必要だという結論に辿り着きました。
  
  
両方とも、「はこぶね倶楽部」でやっている事です。
  
  
人間は、幼少期における、
親と学校の教育の影響を大きく受けるのだから、
  
まず、親自身が学ばなければ、子供に教えられません。
  
  
現代の子供達に対して、本当に、
  
学校の教育をシッカリ受けていれば、
受験勉強を頑張って、就職活動を頑張れば、  
  
「明るい未来が待っているぞ!」と、胸を張って言えますか?
    
  
言えないのに、なんでさせてるの?
  
わからないのに、なんでさせてるの?
  
  
無責任だね。 不誠実だね。 無知だし、無能だね。
  
  
そんな無能な大人達に屁理屈をこねられ、洗脳される、
  
子供達が可哀想です。


mixiチェック

haxe501 at 16:36│clip!