2018年03月14日

恐怖の定義

ウィキペディアによる恐怖の解説。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%90%E6%80%96
  
  
百科事典の解説も、どこぞの心理学者の解説も、
まるで的を射ていない。
  
  
私が世界的に有名になったら、この項目が書き換わるだろう。
  
本来、恐怖のメカニズムや定義は、非常にシンプルなのだから。
  
  
人類は、「恐怖の正体」がわかっていないし、
正体がわからない対象だから、余計に怖いわけだ。
  
  
私は、「恐怖の正体」を知っているけど、
それはブログには書いてない。
  
弟子やお客さんにしか教えていない。
  
  
でも、弟子やお客さんでも、
あんまり理解できて無いかもしれませんが(笑)
  
  
「恐怖のメカニズム」はめっちゃシンプルなんだけど、
  
シンプルな事をわからなくさせるのが、
「恐怖という感情」の性質。
  
    
「自分のアホさに気づけないくらいのアホ」になっちゃうからね。  
  
めちゃくちゃ「論理的に破綻した矛盾した考え」をしているのに、
  
【「自分は理性的で賢い」と勘違いさせる 】くらいに、
極度のアホにしてしまうのが、恐怖心。
  
  
恐怖という感情には、
人を「極度のアホ」にしてしまう性質があるから、
  
アホな頭のままで、
恐怖を克服し、乗り越えるのは、我流では難しいかも。
    
    
プロに頼るのが一番。
  
まぁ、そんなプロ、私ぐらいしかいなさそうだけど。
   
  
ただ、「恐怖を解決したいと思わない人」も多い。
  
【 強い不快感と直面する事 】から逃げたいから。
  
  
あぁ、恐怖を乗り越えるには、不快感は避けて通れませんから、
  
それを先に言っとかないとね。
  
  
不快感を感じてでも、
根本解決がしたいという人だけ、解決できる。
   
  
【 不快感に耐え、乗り切る覚悟のある人間だけ 】が、
  
能動的に恐怖を克服できる。
  
  
「根性無し」には、ちょっと無理ですね。
  
  
覚悟が出来た人にだけ、その方法を教えます。


mixiチェック

haxe501 at 19:47│clip!