2018年03月11日

個人的な夢・目標

そろそろ、今までほとんど誰にも口外した事の無かった、
私の「真の目標」を、公表したいと思います。
  
  
基本的に、私は夢や理想を思い描くときに、
「二段構え」にしています。
  
  
一段目は、
実際に叶えられるだろうと予測できる具体的な目標…
  
二段目は、
叶えられるかどうかもわからない、
荒唐無稽にも思えるくらいの漠然とした夢…
   
です。
  
  
以前の記事で、    
  
「目標や夢っていうのは、
 自分のやる気を引き出すためのニンジン(エサ)だ」
  
という事は解説しました。
  
  
・人生のやる気を支える理由
http://growheart.livedoor.biz/archives/52045152.html
  
  
と言う事で、
  
所詮、夢や目標というのは、   
「己のやる気・モチベーションを引き出すこと」が目的なのです。
  
  
それで、一段目だけの目標だけでは、私は面白く無いんです。
  
「実際に叶えられる」とわかっている様な目標だけだと、
先が見えていて面白く無い。
  
  
映画に例えるなら、
「先の展開が見えてしまっている映画」です。
  
  
私は、先の展開が読めず、良い意味で
視聴者の予測を裏切ってくれる映画が好きです。
  
  
私は賢いので、先を読むのが好きだし、
普通の人より、よほど先が読めてしまうのですが、
  
「先の展開が読めている人生」は、つまらないのです。  
  
  
ですから、
私は一段目の「目標」の先に、二段目の「夢」を用意するのです。
  
  
私にとって「二段目の夢」は、
自分でも叶えられるかどうかわからないぐらいのレベルです。
  
  
まぁ、私の場合、「一段目の目標」すら、
口外したら「他人から非現実的だと思われるくらい」なので、
  
私にとっての「二段目の夢」というのは、
口外したら、【 アタマがオカシイ人間 】だと思われるでしょう(笑)
  
  
そう思われる事が解っているから、
私は「二段目の夢」は安易に口外しないのです。
   
   
ただ、一段目の目標が、
「ほぼ叶えられそうだな…」という機運になってくると、
  
私は、一段目の目標には興味を失います。
  
  
「実現がほぼ確定路線」になると、
その目標は、努力して追い掛けるに値しません。
  
  
「頑張れば実現できる…」っていうレベル(高さ)だから、
わざわざ【 目標として設定する意味 】があるのです。 
  
    
別に全力で頑張らなくても叶うなら、
目標として設定する意味がありません。 
  
  
ですから、まだ実現していなくても、
一段目の目標の実現がほぼ確定路線になった段階で、
  
私の「夢・目標」は更新されます。
  
  
それまで荒唐無稽だと思われていた「二段階目の夢」が、
「一段階目の目標」に降りてくるのです。
   
そして、「二段階目の夢」は、【 新たに描く 】のです。
  
  
みなさんは、「夢や目標」について語られるとき、
「叶うかどうか…?」と言う事が気になるでしょうが、
  
私にとっては、どうでも良いことです。
  
  
だって、本来の目的は
【 自分のやる気を出すためのエサ 】なんだから。
  
夢や目標が叶う前に、人間はいつ死ぬかわかんないし。
  
  
ですから私にとって、夢・目標というのは、
「叶うことが大事」なのではなく、
  
【 たった今、やる気が湧いてくれば良い 】のです。
  
  
で、私は「実現可能だと思える目標」だけだと、
先の展開が読めるので面白くない。
   
だから、自分でも実現できるか怪しいくらいの、
「夢」を描くのです。
  
  
単純に、
  
実現が予測できる「目標」だけでなく、
実現できるか怪しいくらいの「夢」を描いた方が、
  
やる気が湧くからです。
  
  
で、私のこれまでの「第一段の目標」は、
  
ブログにも書いてありますが、
【 心理学者やその他の専門家として、名実共に世界一になる】
  
という事です。
  
  
まぁ、実力においてはとうに世界一ですが、
地位や知名度においては、まだまだだったので、
  
「実力に相応しい地位や知名度」を手に入れるのが、
私の目標でした。
  
  
でも、その第一段の目標が、
「ほぼ叶うことが確定路線だ」と思えるようになりました。
  
  
昨年の12月下旬から、2月下旬にかけて、
私は人類の集合意識の波動調整を行っていましたが、
  
その間、パラレルリアリティの分化が、
激しく行われていました。
  
  
・ネガティブに向かう地球
・だらだらと、何とか現状維持を続ける地球
・ポジティブに向かう地球
  
いろんな路線(可能性)があったのです。
  
  
で、3月に入って、それが落ち着いた感があります。
  
要は、今後地球が歩むであろう命運が、
ほぼ決まったと言う事です。
   
   
で、今後の地球が歩む道筋においては、
私が「世界一の地位や名誉」を手に入れる事は、
  
決まっています。
  
  
そこに確信が持てるようになりました。
  
だらだらと現状維持を続ける地球に行ってしまえば、
私は無名のままでしょうけどね(笑)
  
  
でも、ようやく地球のポジティブ路線が確定したので、
  
私の「一段目の目標」の実現も、ほぼ確定と言えるのです。
  
  
で、ほぼ確定しちゃったら、
私は「一段目の目標」に興味を失います。
  
  
だから、今まで二段目だった「夢」が、
一段目の「目標」として降りてきます。
  
  
で、これまで口外してこなかった、
  
これまでの「夢」であり、
これからの「目標」というのは、
  
【 地球を政治的に統一し、そのトップに立つ事 】
  
です。
  
  
実は、このインスピレーションは、2011年ごろからありました。
  
2011年の自分にとっての「荒唐無稽な夢」が、
2018年の自分にとっての「具体的な目標」に降りてきたのです。  
   
   
そもそも、バシャールの言うように、
「地球文明」が「宇宙の数々の文明」と交流する為には、
  
地球としての意志をひとつにまとめる必要があります。
  
  
江戸時代の日本に、黒船が来航しましたが、
  
朝廷と幕府…、
    
日本には二種のトップが存在していて、
外国はどちらと交渉して良いのか手間取ったらしいです。
  
  
外国と交渉するには、
日本の代表を決める必要がありました。
  
そういった経緯で、大政奉還が行われたのです。
  
  
それと同じように、
地球文明が宇宙文明としてデビューするには、
  
地球の政治を統一しなければなりません。
  
  
世界平和の為にも、そうしなければなりません。
  
  
で、私は統一された政治機構のトップに立つのです。
  
それが、今後の私の「目標」です。
  
  
その地位が、大統領と呼ばれるのか、
  
または、議長、理事長、総長…、  
なんと呼ばれるのかわかりませんが、
  
私のイメージするニュアンスとしては、
「王様」って感じです。
  
  
様々な利害が存在する中で、
話し合いでゴチャゴチャ決めていては、
  
地球統一は難しいですし、
    
時には、強引とも呼べるほどの、独裁者に思われるくらいの、
「強烈なリーダーシップ」が必要になるでしょう。
  
  
で、私は地球の統一王になるのです。
  
でも、王様と言っても
別に世襲制じゃありませんし、一代限りです。
  
  
地球を統一して、それが軌道に乗れば、
  
あとは民主的に選挙でもして、
いろいろ決めたら良いと思います。
  
  
でも、統一するまでは、
選挙なんかでは何も決められないでしょう。
  
  
ですから、私は一代限りの王様。  
  
まぁ、私くらい、
「意志」と「知性」と「徳」において突出した人間が、
  
この先、地球に産まれてくるとも思えませんしね。
  
  
私のやりたい事は、
  
強烈なリーダーシップで地球を統一して、
  
その中で「民主的な意志決定プロセス」を確立し、
「宇宙文明としての基盤」を整えて、
  
後は、バトンタッチ。
  
  
それが、私のやりたい事です。
  
  
少し前までは、
  
インスピレーションを受けている自分でも、
「このご時世に王様って…」って感じでしたが、
  
人類の超絶なアホさを深く理解してくると、
「王様ぐらいが丁度良いかもな…」って気がしてきました。
  
  
  
で、これが一段目の目標です。
  
まぁ、今でもだいぶ荒唐無稽で、
気が狂ってると思われそうですがね(笑)
  
  
じゃあ、今後の二段目の「夢」は何でしょう?
  
ここまで来たら、もうこれも口外しても良いかもしれませんが、
  
  
それは、地球が宇宙文明としてデビューする前後。
  
  
チャネリング本によると、この天の川銀河には、
  
数々の宇宙文明で組織された、
「宇宙連合」や「銀河連盟」という組織がある様ですが、
  
そう言った「銀河規模」や「宇宙文明組織」の中で、
自分はどういう影響を与えられるのか?
  
そういう事を模索したいと思っています。
  
  
ま、何度も言っていますが、叶うかどうかはどうでも良いです。
  
  
ただ、私はそういうビッグな目標や夢を思い描いているとき、
  
超絶にワクワクしてきます。
  
  
「やる気」も「モチベーション」も、際限なく湧いてきます。
  
  
だから、叶うかどうかは置いておいて、
  
どれだけ他人から非現実的で荒唐無稽と思われようと、  
  
私には、この「目標と夢の設定」が、
自分には合っているし、正解なのです。
  
  
  
あと、こういうことを書くと、
  
普通の人は「ドン引き」するでしょうし、
  
また、人をバカにしたくてたまらない
「荒らし」みたいなのが現れそうなモノです。
  
  
それでも何故書けるか?というと、
私は【 日本人には期待していないから 】です。
  
  
私は、日本よりも先に海外で有名になるでしょう。
  
日本人には、私の価値を見抜くセンスがありません。
  
  
だから、私は日本人に期待しないし、
  
いくらでも日本人が不快に思う事を書けるのです。
  
  
まぁ、クソ日本人たちは、
   
海外で活躍する私の姿を見て、
  
「自分たちの見る目の無さ」や
「チキンっぷり」を省みてろって事です。


mixiチェック

haxe501 at 07:59│clip!