2018年03月08日

自分らしく生きる方法

今日も他人に対して、
  
最近のテーマである「死」について
ガッツリ語ったけれども、
    
「死の恐怖」を克服しない限り、  
  
「自分らしく生きる」なんて、
【 不可能 】なんですよね。
  
  
死を怖れているから、
自分の「人生」や「死に際」について真剣に考えられない。
  
  
自分の人生が永遠に続くかのように…、
時間が無限にあるかのように…、錯覚してしまう。
  
  
「命や時間が限られている事」を感じていないし、
「死に際に自分が後悔すること」もイメージできないから、
  
【 やりたい事を全力でやっておくべきだよ! 】
  
と他人から言われても、全然心に響かない。
  
  
「自分らしく生きる事」より、
「自分の保身と延命の方」が気になっちゃうから。
  
  
自分のやりたい事を真剣に探そうとするより、
  
自分の保身と延命に繋がる、
「お金」と「他人からの評価」ばかりが気になる。
  
  
  
で、自己啓発の講師や著者でも、
 
「自分の死」を怖れている時点で、
「自分らしく」…なんて生きていない訳。
  
  
「自分らしく生きよう!」なんて言っている人間が、
  
まるで自分らしく生きられていない訳(笑)
  
  
客が離れる事を怖れて、自分の本音すら言えない訳だし。
  
  
「死の恐怖」を克服している人間しか、
「自分らしく生きる事」は不可能だし、
  
  
「自分らしく生きる方法」を
教えられる人間がいたとしたら、
  
その人は、死の恐怖を克服できていないとオカシイ。
  
  
「自分らしく生きる方法が知りたい!」というなら、
  
「自分探しの旅」なんか行っても無意味。
  
  
実際、私は旅なんかしてないけど、
自分自身の事をよく理解しています(笑)
  
  
  
「死の恐怖」を乗り越えない限り、
「自分の人生」について真剣に考えることすら不可能だし、
  
死に際に後悔しないように、
自分のやりたい事を全力でやっておくべき理由も、
  
まったく理解できない。
  
  
  
私は、自分の人生を思い通りに生きる方法を伝えてきましたが、
  
「死の恐怖」を乗り越えていない人間は、
  
そもそも本気で自分の人生を、
思い通りに生きようと思っていない。
    
  
【 限られた時間を、悔いなく過ごす事 】よりも、
  
「自分の保身と延命」に繋がる、
「お金」と「他人の評価」ばかり気になるから。
  
  
私は、人生に対して「本気のスイッチ」を入れる方法を、
ずっと研究してきましたが、
   
この「死の恐怖」というテーマで、
最終地点かなと思っています。
  
  
私が語ってきたのは、
人生をより良く生きる方法ですが、
    
死を恐れている人は、
「人生をより良く生きる」より、
  
まず、「死の恐怖から逃れるため」に、
【 己の保身と延命 】が優先なのです。
    
  
自分の人生をより良く生きるより、
「必ず訪れる死の恐怖」から逃れ続ける事の方が優先…。
  
  
絶対に逃れられない死から、逃れ続ける為に、
無謀にも、無駄に時間とエネルギーを注ぎ続ける…。
  
  
恐怖で理性が吹っ飛んで、無駄な事ばっかりやっていて、
  
そりゃ、良い人生なんて生きられるハズが無い。
  
  
小学生には、
まず【 自分はいつか絶対に死ぬ 】っていう    
  
超絶当たり前の事を、
  
教えて、理解させなきゃいけませんね。
  
  
「死の恐怖」を克服してこそ、
  
ようやく、【 自分の人生がスタート 】するのです。
  
  
(※ そして、この世には自分の人生を生きないままに死ぬ人が多い。)


mixiチェック

haxe501 at 19:47│clip!