2018年02月11日

無意識が変わらなければ、意味が無い

仕事や人生、お金、人間関係、恋愛に至るまで、
自分の人生を良くするために勉強をして、
  
「自分の考えや行動を変えよう」としている人は、
多いと思います。
  
  
でも、どれだけ学んだところで、
どれだけ行動を変えようとしたところで、
  
「実際のところ、変化をほとんど感じない…」
  
という人もまた、非常に多いでしょう。 
  
  
それは何故か?っていうと、
  
【「無意識」が変わっていないから 】です。
  
  
  
いくら、
  
・今日から日記をつけるぞ! 
・今日から運動するぞ!
  
と、思い立っても続かないのは、
  
「無意識がやりたくないから」です。
  
  
「人間の行動」に与える影響力は、
  
表層意識、顕在意識よりも、
  
【 無意識(潜在意識)の方が、圧倒的に大きい 】のです。
  
  
ですから、
  
・どれだけ勉強しても、
・どれだけメモしても、
・どれだけ行動しても、
・どれだけチャレンジしても、
   
無意識が変わっていなければ、
  
実際には何も変わっていないのと一緒だし、
結果も改善するハズがありません。
  
  
でも、人間の意識の仕組み上、
「自分の無意識の状態」って、ものすごく把握しにくいのです。
  
  
【「無意識の影響力」が圧倒的に強い 】にもかかわらず、
  
その無意識の状態がどうなっているのか?
  
自分では非常にわかりにくい。
  
  
無意識内の「観念(思い込み)」と「感情」が、
表面の意識では非常にわかりずらい。
    
  
ここら辺が、人間がなかなか
人生の問題を解決しにくい理由になっています。
  
  
私はこれまでも、
  
「自分の無意識の状態を知る方法」から、
「自分の無意識を変える方法」まで教えてきました。
  
  
観念から感情は作られますから、
  
「自分の無意識の観念がどうなっているのか?」を知るには、
「自分が生み出した感情」からさかのぼるしかありません。
  
  
カンタンに言うと、
  
「ネガティブ感情を感じる」という事は、
自分が「ネガティブ観念を抱えている」という事です。
  
  
ですから、
  
「ネガティブ感情」を感じた瞬間に、
感情から逆算して「ネガティブ観念」を特定し、
  
それを、
  
「集中的なアファメーション」によって書き換える…、
  
  
それが、これまでにオススメしてきた方法でした。
  
  
でも、今となっては絵の方が良いですね。
  
圧倒的に、
  
「アファメーション」よりも
「絵(波動アート)」の方が、
  
無意識に対して強い影響を与える事が出来ます。
  
  
なぜなら、
人間の精神状態を一番大きく左右するものは、波動だからです。
  
  
ですから、
  
私の遠隔ヒーリングや遠隔エネルギーサポートの影響力も、
人間の無意識に多大な影響を及ぼしますし、威力が絶大なのです。
  
  
  
そして、波動アートは、誰にでも可能な方法です。
  
波動アートの威力は本当に絶大ですが、誰でも出来る。
  
  
それって、
  
人類が「自分で火をおこせる」ことを発見したのと
非常に似ていると思います。
  
  
本当かどうか知りませんが、
  
自分たちで火をおこせなかった原始人は、
山火事などの時に、火事から火を取ってきたらしいです。
  
  
でもあるとき、人類は自力で火をおこせることを知った。
  
  
今では、人類の生活になくてはならない「火」ですが、
  
火が非常に便利だとしても、
自分が火を使ったからと言って、
  
誰かに「火の使用料」を払ったりはしませんよね?(笑)
  
  
それと、「波動アート」は似ていると思います。
  
  
便利ですごいんだけど、
やろうと思えば誰にでも出来るから、
  
「それでお金はなかなか稼げない」って事です。
  
  
今、波動アートを売っている人には申し訳ありませんが、
  
波動アートを生み出すことには、特殊な才能など必要なく、
それは誰にでも出来る事なのです。
  
  
だって、はこぶね倶楽部のメンバーがチャレンジしたら、
すぐにできちゃうんだから。
  
  
iPhoneやiPadなどのタブレット端末のお絵かきアプリで、
チャネリングしながら絵を描いたら、誰でも波動が宿ります。
  
  
素人がチャレンジして、すぐに出来る事には、
どれだけ生活を変えるほどの威力があったとしても、
  
経済的価値はありません。
  
  
それは、火をおこそうと思ったら、
誰でも火をおこせるのに、
  
「火の使用料を請求する様なモノ」です。
  
  
もし、私が火のおこし方を最初に発見したからと言って、
他人に「火の使用料」は請求できませんね(笑)
  
  
経済的価値って言うのは、
【 他人になかなか出来ない事をやってナンボ 】ですから。 
  
  
「火の使用料」は請求できなくても、
  
「効率の良い火のおこし方講座」とかなら、
お金は取れますけどね。
  
  
他にも、私がやっている「印刷調整」は難しいから
容易に他人に真似ができないので、その分はお金がもらえます。
  
  
  
何が言いたいのかというと、
  
波動アートは誰にでもできるのだから、
自分の無意識の観念を書き換えるには、
  
【 アファメーションの代わりに、
  自分の無意識を書き換える為の絵を描いた方が良い 】
  
という事です。
  
  
そっちの方が、効率が良い。
  
  
最初に言ったように、
人生や生活、現実を変えたければ、
  
「無意識」を変えなければ意味がありません。
  
  
で、効率良く人間の無意識を変えていくには、
波動アートが極めて有効です。
  
  
私は昨年のクリスマス以降、この二ヶ月半で、
  
めちゃくちゃ人類全体の集合的無意識を、
書き換えまくってきましたから。
  
  
私が人類70億人にアプローチ出来るなら、
みなさんが自分一人の無意識を変えることも出来るでしょう。
  
  
で、これまでの話で、
  
【 無意識を変えなければ意味が無い 】と言う事もわかったし、
  
【 無意識を効率的に変えていく手段 】も手に入った訳です。
  
  
ただ、もうひとつ残っている問題があります。
  
  
それは、
  
「自分の無意識がどれだけ変わったのか?」という事を、
  
【 検証し、確かめる必要がある! 】という事です。
  
  
先ほども言いましたが、
  
表面の意識では、
無意識の状態がわかりにくくなっているので、
  
【 自分の行ったアプローチで、
  自分の無意識がどれだけ変わったのか? 】
  
という事は、非常にわかりにくくなっています。
  
  
でも、最終的に確認をしなければ、
これまた意味がありません。
  
  
【「やったつもり、出来たつもり」で終わっていても、
  実際にはまったく出来てない… 】
  
なんて事になりますから。
  
  
「無意識」を変えなければならない事はわかりましたが、 
 
最終的に、「どれだけ無意識が変わったのか?」がわからないと、
自分が空振りしていても、まったく気付けません。
  
  
無意識が変わっていない人というのは、
  
・問題を見つけても、見逃している
・もし問題に取り組んでも、解決したかどうかを検証しない
  
という習慣なのです。
  
  
私は逆です。
  
  
問題を見つけたら、解決するまで取り組みますし、
ちゃんと解決できたのかどうか?
  
キチっと検証します。
  
  
つまり、
  
ネガティブ感情を感じた瞬間に、
ネガティブ観念をポジティブに書き換える事に取り組みますし、 
   
ちゃんと書き換わったのか、シビアにチェックする…、
  
という事です。
  
  
私は、「絵(波動アート)」という手段を手に入れる前から、
それを自分でやってきたのです。
  
  
ネガティブ感情を感じても、
観念を書き換えずに放置するっていうのは、
  
家の中でゴキブリを見つけても、
見逃すっていうのと同じです。
  
  
見なくなったとしても、
ゴキブリは消えたわけではなく、
  
家の中にまだ隠れているのです。
  
   
そして、退治するまで絶対に消えないのです。
  
  
ネガティブ観念や、人生で起こる問題も同じです。
  
  
問題を見つけても、放置するってことは、 
  
ゴミを家の外に捨てるのではなく、
押し入れに詰め込んでいるのと同じです。
  
  
ですから、部屋がまったくキレイになりません。
  
  
問題を発見しても、「見逃す習慣」なのか?
  
問題を見つけた瞬間に、「それが解決するまで取り組む習慣」なのか?
  
  
その二つの習慣の差は、非常に大きな違いを生みます。
  
  
一方はゴミ屋敷になって、一方はキレイな部屋になります。
  
目の前のゴミを、
「捨てるか? 溜めるのか?」っていう習慣が、
  
それぐらいの大きな違いを生むのです。
  
  
【 チリも積もれば山となる 】って言うでしょ?
  
  
目の前に問題がやってきたときは、解決するチャンスです。
  
でも、放置したら、また延々と同じ問題が起こるだけです。
  
  
一生、鬱陶しい問題と仲良く暮らしていくつもりなのでしょうか?
  
  
問題が一時的に見えなくなったからと言って、
それで「良し」とする人の気持ちがわかりません。
  
  
ゴキブリが目の前から居なくなって
見えなくなったからと言って、
  
「家の中から消えた」と思っているのでしょうか?
  
  
ゴキブリじゃなくて、ムカデでもいいですが。
   
  
私は、ちゃんと退治するか、
家の外に追い出さないと、安心できませんよ。
  
  
みなさんの無意識の中は、
   
見つけても放置してきた
「虫だらけ、ゴミだらけ」でしょうか?
    
もしくは、「見つけた瞬間」に家の外に追い出して、
どんどんキレイになっているでしょうか?
  
  
それは、問題(ネガティブな観念・感情)を見つけたときの
  
自分の【 リアクション、習慣 】で決まっています。
  
  
自分の無意識(ネガティブ観念)が変わったかどうか?は、
  
自分の感情が教えてくれます。
  
  
ですから、私は昔からですが、
日頃から自分の感情をよく観察しています。
  
  
そうしないと、
【 無意識の観念の状態 】がわからないからです。
  
  
感情がクリアになれば、観念も変わったという事です。
  
  
その検証と確認が終わらない限り、
  
自分が行ったアプローチで、
無意識がどれだけ変わったのかは、サッパリわかりません。
  
  
無意識が変わらないと意味が無いのに、
もし自分のアプローチで変わってなかったら、無意味だし、
  
それで、「出来た気」にでもなっていたら、もっとヤバイです。
  
  
今度は、自分の無意識をチェックするのに役立つ絵でも、
描こうかと思います。


mixiチェック

haxe501 at 00:14│clip!