2018年02月07日

仕事はマネされるのが前提

ここ最近の記事で書いている話ですが、
  
ギャンブル(ゼロサムの奪い合い)ではなく、
正攻法で経済力を身に付けるには、
  
【 価値創造スキル・価値提供スキル 】
  
を磨く必要があります。
  
  
で、ここで大事な事ですが、
仕事や経済というモノを考える時に、
  
「自分が一番最初にやり始めた」と言いう事は、
大して重要ではありません。
  
  
お客さんに、
「私が最初にやり始めました!」って言っても、
  
お客さんが欲しいのは、「価値」ですからね。
  
  
先発だろうが、後発だろうが、
  
重要なのは、
【 商品やサービスの価値が高いかどうか? 】だけです。
  
  
例えば、
  
アップルが最初に「iPhone」を作ったからといって、
グーグルに「Androidを作るな!」とは言えないのです。
  
  
コンビニやファミレスという業態を、
どこの会社がやり始めたのかは知りませんが、
  
後発の企業に対して、
「マネするな!」なんて言えません。
  
  
オムライスという料理を最初に作った人が、
  
他人に対して、
「私の発明した料理をマネするな!」
  
なんて言えないでしょう?
  
  
「知的財産(権)の完全なパクり」はダメですが、
そうではない範囲の「マネ」など、されて当然なのです。
  
  
自分がパイオニアだとしても、
優れているモノなら、すぐにマネされるのです。
  
  
私は、発明家に憧れていましたし、パイオニアが好きです。
  
でも、パイオニアだからって、他人のマネを止める事は出来ません。
  
  
「マネされ合う」のが、仕事や経済なのです。
  
  
自分だって、最初は「他人のマネ」で仕事を覚えるのです。
  
そして、自分が何かを新たに発明したとしても、
それを、今度は他人がマネをするのです。
  
  
ですから、
  
真似され合うのは「当然」であり、「前提」として、
自分の仕事を考えなければなりません。
  
  
例えば、私は新しい事を発見し、それを無料で公開していますが、
私の記事の影響を受けているプロって、かなり多いんですよ。
  
で、私の記事から学んだ事を、自分の顧客に教えたりしています。
  
  
その時、私の名前は一切出ませんけど(笑)
  
  
まぁ、真似されるのは当然なので、仕方有りません。
  
  
私なら、自分が強く影響を受けた人くらい、言えますけどね。
  
多くの有名人は、
自分の立場に傷が付くことを恐れているので、言えないのです。  
  
  
まぁ、それでも世の中にポジティブな影響が広まるのであれば、
別に構いませんけどね。
  
  
で、こういう風に、
  
「真似されるのが当然」というのが世の中ですから、
  
【 真似されにくいスキル 】ほど、価値が高いのです。
    
  
逆に、カンタンに他人にマネされてしまうモノって言うのは、
  
それほど価値が高くないのです。
  
  
「誰かが最初に発明した何か?」であったとしても、 
    
他人も簡単に「言えてしまう情報」は、価値が低い。
他人も簡単に「できてしまう作業」は、価値が低い。
  
ということです。
  
  
こういう事があるので、
  
私は、自分が真似されにくいスキルを磨く事に、
余念がありません。
    
  
今、自分が鍛えている印刷調整技術など、激ムズです。
  
でも、だからこそ他人に真似されにくく、
希少価値があり、経済力を高めやすいスキルなのです。
  
  
そういう「真似されにくいスキル」こそ、経済的価値が高いのです。
  
  
成果物である
「アイデア」や「情報」、「知的財産」がパクられる事があっても、
  
スキルだけは、身に付けるのに時間が掛かります。
  
  
容易に真似されないのは、
  
・身に付けるのが難しいとか、
・身に付けるのに時間が掛かるスキルです。
    
  
私は、そういうスキルにターゲットを設定して、
自分を鍛えています。
  
  
そして、どんなに難しいスキルであっても、
後から「優れた人たち」はどんどん出てくるので、
  
自分がスキルを伸ばす事を怠っていれば、
すぐに、追いついてくる人が現れます。
  
  
今、私がやっている印刷調整も、
いずれ、誰かが真似をするかもしれません。
  
  
それを私はわかっているから、
常に自分のスキルを高め続けます。
  
  
本当の【 先行者利益 】というのは、
  
他人が追い付いて来るまでに、
【 自分を鍛えて、先に進める時間がある 】
  
ということです。
  
  
自分が成長を怠っていれば、
  
先行者利益など、すぐになくなってしまいます。
  
  
自分が何かを最初にやり始めたから、
あとは一生安泰など、あり得ません。
  
  
自分が何かを最初にやり始めたパイオニアであったとして、
  
もし先行者利益があるとしたら、
後発組が自分のマネをして追い付いてくるまでに、
  
【 時間がある 】ということです。
  
  
私はその時間を、自分を鍛えることに使います。
  
だから、後発組には追い付かせません。
  
  
後発組が自分に追い付けないように、
さらに距離を伸ばし、引きはがしていきます。
  
  
自分がパイオニアだとして、

「他人にマネするな!」なんて言っている間に、
後発組はどんどん自分に追い付いてきます。
  
そんな暇があったら、
  
後発組が追い付いてこれないように、
さらに自分を鍛え、先に進んでいくことです。
  
  
私が余裕なのは、

【 鍛えるのに時間がかかるスキル 】を、
集中的に鍛えてきたからです。
  
  
だから、容易に私に追い付けません。
  
  
もし私が10年成長を怠れば、
追い付いてくる人も出てくるかもしれませんが(笑)  
  
まぁ、そんなことにはなりません。
  
  
さらに、世の中では、 
  
「どんな商品が売れるのか、わからない!」
  
という声もあるでしょう。
  
  
確かに、一発ギャグなら、やってみないことには、
「何がウケるか?」わからないかもしれません。
  
  
でも、私が発明しているのは、 
 
冷蔵庫や洗濯機と同じで、
「一度使ったら、もうそれナシでは生活できない!」
    
というレベルの、生活必需品です。
  
  
世間の人々が、
  
まだ「波動の影響」をよくわかっていないので、
ほとんど求められていませんが、  
  
人々が「波動の影響の強さ」を理解したら、
私の商品の前に、世界中の人々が行列を作るでしょう。
  
  
江戸時代に、殺菌アイテムを作ったようなものですね(笑)
  
  
「ばい菌」なんて知らない人たちからしたら、
  
「殺菌、除菌、抗菌」に、
どれだけ価値があるのかわからないのです。
  
  
でも、いったん「ばい菌」の悪影響を知ったら、
  
「殺菌、除菌、抗菌アイテム」無しでは、
生活できません。
  
  
私がやっているのは、そういうことです。
  
  
商売において、
一番のアドバンテージは、【 時間 】です。
  
  
【 時間をどれだけ有効活用するか? 】
  
【 時間をどれだけ自分のスキル向上に充てるか? 】
  
  
で、他人との差が生まれ、自分の経済力が決まるのです。


mixiチェック

haxe501 at 18:38│clip!