2018年01月29日

「弱さ」は悪の元凶

人類の中で多くを占める愚かな人々は、
  
自分の事を、
「善良な人間」だと思っているんです。
  
  
でも、
  
・いざとなったら「保身」に走ったり…、
  
・自分よりも遥かに善良な人間を見ると、
 「嫉妬」したり、足を引っ張ったり…、
  
  
結局、自分がピンチになった瞬間、追い込まれた瞬間、
  
自分の個人的な「ネガティブ感情」に流されて、
「美学」や「信念」などカンタンに折れてしまうのです。
  
  
「自分が本当に善良な人間かどうか?」は、
自分がピンチになってみないとわかりません。
  
  
自分がピンチになったとき、
それでも個人的なネガティブ感情に流されず、
  
美学や信念に基づいて判断・行動できたとき、
ようやく、真に「善良な人間」になれるのです。
  
  
別に、宇宙に善悪はありませんから、
  
「保身に走る人間は悪だ!」というつもりはありません。
  
  
ただ、本当は、
  
「自分さえ助かれば、他人なんてどうでも良い」と、
クズみたいな思想をしているくせに、
  
自分自身がクズである事を認められず、
  
自分の事を過大評価して、
「自分を善良な人間だ」と思い込んでいる人が多い。  
  
  
その矛盾が、私には気持ち悪い。
  
  
普段は「人のために!」とか言っているくせに、
  
自分が追い込まれると、容易に前言撤回して、
カンタンに他人なんか見捨てて「自己保身最優先」になる。
  
言う事もやる事も、コロコロ変わる。
    
  
普段は、「イジメは良くないよね!」とか言っておきながら、
  
自分がイジメられそうになると、
カンタンにイジメる側に回る。
  
  
  
「私は自分さえ良ければ、他人なんかどうでも良いですよ! 
 何か問題ありますか!?」
  
って、開き直っている人の方が、よっぽど気持ちが良い。
  
  
矛盾無く、筋が通っているから。
  
  
   
結局、自分が理想とする善良な人間になりたきゃ、
「精神的な強さ」が必要。
  
  
自制や自律が出来ない「弱い人間」は、
  
平時は善人ぶっていても、有事になると
自己保身が動機で、カンタンに悪党の側に寝返る。
  
  
主張や所属政党がコロコロ変わる政治家と同じ。
  
  
強さを求めない「口先だけの人間」は、善良でも何でも無い。

まさに、「偽善者」と呼ぶに相応しい。


mixiチェック

haxe501 at 15:57│clip!